辛いのはいつまで…?つわりの上手な乗り切り方!つわりでも食べやすい食べ物とは

view400

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 喜びでいっぱいになったのもつかの間…妊娠初期からやってくる「つわり」の症状。早い人では妊娠が発覚する前につわりの症状が出る人もいます。ほとんどの妊婦に訪れる、辛いつわりの症状ですが…どんな症状があるのでしょうか?つわりを上手に乗り切る対処法やいつまで続くのか調べてみました。

  • つわりって、いつからいつまで?

     
     

    幸せな妊娠がわかり、喜びもつかの間…辛いつわりの症状が出るというのがほとんどの妊婦さんではないでしょうか?
    上手につわりを乗り切って、楽しいマタニティライフを送りたいですね❤

  • つわりはいつから…?

  •  
     

    早い人は、妊娠発覚前につわりの症状が出て、病院に行く人もいます。
    少ない割合で、つわりの全くない妊婦さんもいるようです。
    羨ましいですね!

  • つわりのピークって?

  •  
     

    大体、12週ごろにはおさまってくる人が多いようです。
    完全にスッキリ、とまではいかなくても…16週までには症状が良くなっている人が多いので、気持ちを強く持って乗り切りましょう!

  • つわりの原因は

     
     

    では、辛いつわりの原因は何なのでしょうか?
    まだまだ謎が多く解明されていない「つわり」の原因ですが、幾つかある説をご紹介します。

  •  
     

    これがホルモンによってつわりが引き起こされるという説ですが…まだつわりの原因に関しては謎が多く解明されていません。

  •  
     

    実際に果物を多く摂っているとつわりが軽いとか、酵素が多く体内にある若い人の方がつわりが楽だ、という意見もありますが…若くても、果物が大好きでもつわりがひどい人もいますよね…
    まだまだわからないことが多いのですが、急な妊娠による体質の変化で起こるとしている説の一つです。

  • つわりを緩和するために

     
     

    つわりの症状を軽くするための方法、つわりを緩和する漢方をご紹介していきます。

  • ビタミンB6の効果!!

  •  
     

    ビタミンB6を摂取することで、何も食べられない妊婦さんが少しだけ食べられた、という話も良く聞きます。上手につわりの時期にビタミンB6を摂って、上手く乗り切りたいですね!

  • ビタミンB6を摂ろう

     
     

    妊婦さんが飲める、サプリメントや栄養ドリンクでも悪くはないですが…食べ物で摂取できたら一番良いですよね!

  • 白米ではなく、玄米を食べよう

  •  
     

    つわりの時は無理は禁物です。食べられる物を食べられるだけ、が基本ですね❤
    でも、栄養も気になるし…という方には玄米がおススメです。

  •  
     

    そのほか、バナナもおススメの食材のようです。
    食べつわりの人にはバナナや玄米が理想的ですね!
    でも、やはりバランスの良い食事が一番です。
    自分で食べられるものを、日替わりで探しながら無理のない妊娠生活を過ごしましょう。

  • つわりに効果のあるツボ

     
     

    内関(ないかん)というツボが吐き気を緩和することで知られています。

  •  
     

    よく紹介されている、内関(ないかん)という代表的なツボです。押し方は自分で押してみて気持ちいいと思える力加減でいいそうです。是非やってみてください。

  • つわりを緩和するツボ

     

    ツボの位置が分かりにくい人は、動画も参考にしてみてください。