妊娠しやすいセックスがあるって本当??気になる妊娠とセックスに関する情報まとめ!!!

妊娠したいと思ってる人におすすめの妊娠とセックスの関係についての情報をまとめてみました!!
妊娠しやすいセックスって???回数は多いほうが良いの??

view2461

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠しやすいセックスにまつわる情報まとめ☆☆

  • セックスの回数が多いほど妊娠しやすいって本当???

     

    多いほうが良いと言われたり逆にし過ぎは良くないと言われたり・・・。
    一体どれが本当なの??

  • アメリカの統計で一回の生理周期あたりの自然妊娠率が、毎日セックスした場合で37%、一日おきで33%、週一回で15%…というものがあります。
    またセックスの回数を増やすと新しい精子が放出されやすくなるため、精子の質が高まり妊娠率もUPすると言われています。
    妊娠を望む場合セックスの回数を増やしてみるのも一つの方法です。
    出典 :回数?気持ちよさ?妊娠しやすいセックスとは | ラルーン
     

    妊娠希望で回数が少ない人は増やしてみるのもおすすめです!!!

  • 定期的なセックスは妊娠率が上がる!!!

     

    子作りのためだけでなく定期的にセックスをした方が妊娠率が上がるようです!!!
    普段から夫婦仲良しが良いようです!!!

  • 排卵日付近のみセックスをするのではなく、愛情表現やコミュニケーションの一貫として定期的にセックスをすることは妊娠に結びつく大きな効果があります。
    というのも定期的なセックスは生理周期や排卵を整える働きがあるから。普段から夫婦の時間を楽しむ
    ことがオススメです。
    出典 :回数?気持ちよさ?妊娠しやすいセックスとは | ラルーン
     

    夫婦のコミュニケーションとしても夫婦生活を楽しむことが良いのではないでしょうか???

  • 気持ちのよいセックスで妊娠率が上がる!!!

     

    セックスで気持ち良いと感じることで妊娠する可能性も高くなる傾向にあるようです!!!
    楽しくて気持ちの良いセックスで妊娠しちゃいましょう!!!

  • セックスで快感と感じると、脳の一部である視床下部や下垂体から女性ホルモンが沢山分泌されます。
    女性ホルモンは卵子の発育や排卵、着床にも大きく関わっているので、気持ちのよいセックスは妊娠率を上げると言えるでしょう。
    普段からセックスで脳を活性化させることで、生殖機能を高める結果につながります。
    出典 :回数?気持ちよさ?妊娠しやすいセックスとは | ラルーン
  • バルーン現象で妊娠率もアップ???

     

    女性がオルガズムを感じると精子を吸い上げるといわれているようです!!!

  • 迷信に・・「女性がイクと精子を子宮に吸い上げてくれる」というのがあります。オーガズムの瞬間に子宮収縮や膣内が痙攣するので、確かに何かしら影響があるかもしれません。
    このオーガズムの瞬間に、膣口が広がり精子を子宮に送り込もうとする現象をバルーン現象と言います。しかし実際に医学的根拠になるかは微妙なところです。
    出典 :妊娠しやすいセックス
  • 排卵日のセックスが妊娠しやすい!!!

     

    排卵日は子宮頚管粘液が出やすくなるので妊娠しやすいようです!!!

  • す。 さらに「気持ちよく濡れる」ことで、男性の挿入を深くする事を可能にして、射精を膣の奥にすることができます。

    またこの頚管粘液は精子の行動を助ける重要な働きをしています。 アルカリ性の頚管粘液が多量に分泌されることで、酸性状態が苦手な精子が自由に動けるようになるのです
    出典 :妊娠しやすいセックス
  • 排卵日付近のセックス

    一般的なのは排卵日前の4~5日は禁欲する。 そして排卵日に狙いを付けて「1日おき」とか「2日連続」と、タイミングを取る人が多いようです。
    出典 :妊娠しやすいセックス
     

    回数が少なすぎても妊娠しにくいようです!!!

  • 女性が妊娠の可能性があるのは、1周期のうちに6日間ほどあります。そのうち最も妊娠の可能性が高いのは排卵の2日前、次が排卵の前日です。その次が排卵当日で、排卵前よりも妊娠の確率は低くなっています。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】正しく知る セックス
     

    1番の狙い目は排卵日の2日前!!!
    是非トライしてみてください!!!

  • 自然な盛り上がりを大切にする

     

    タイミング指導は、セックスの回数が減るだけでなく、セックスを義務化させてしまうこともあります。そして、「この日」と言われた男性がプレッシャーを感じて、勃起や射精ができなくなるケースも少なくありません。いわば、タイミングを合わせようとすることの副作用です。

  • タイミングをはからなくても、自然な欲求の盛り上がりを大切にすると、"結果として"タイミングが合うのです。なぜなら、女性の性欲は、妊娠しやすい時期に高まることがわかっているからです。実際にアメリカで実施された試験で、68人の女性に3カ月間セックスの記録を付けてもらったところ、「妊娠しやすい排卵時期にセックスの頻度が24%高かった」との報告があります
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】妊娠力をUPする 妊娠の可能性を最大にする性生活
     

    普段から夫婦で愛を感じることが大切です!!!
    愛のあるセックスをしましょう!!!