社会不安障害の症状ってこんな感じ!

view110

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • もしかして社会不安障害?と思ったらチェックしてみて下さいね。社会不安障害の症状にはこんなものがあります。

  • 社会不安障害の症状って?

  • 人前に出るとひどく緊張して、汗が出てきたり震えたり、動機が激しくなってきたります。誰だって緊張はしますが、社会不安障害の人はより強く身体症状が出てしまいます。

  • 顔が赤くほてる

     
     

    緊張がピークになってくると、顔が赤くなってしまいます。一度気になると人前に出るだけで顔が赤くなります。

  • 脈が速くなる

     
     

    緊張するとドキドキと脈が速くなります。

  • 息苦しくなる

     
     

    息が苦しくなります。人によっては過呼吸になってしまうことも。

  • 汗をかく

     
     

    緊張すると汗をかきやすくなります。人によっては手のひらに大量の汗をかく人も。

  • 手足の震え

     
     

    手足が震えてきます。

  • 吐き気がする

     
     

    あまりにも緊張してしまい吐き気がすることも。

  • めまいがする

     
     

    緊張しすぎてめまいを起こす人もいます。

  • パニック発作

     
     

    人前に出るとパニックを起こし、何をしてよいのかも分からなくなってしまいます。

  •  
  • 声がでない

     
     

    緊張のあまり声が出ないという症状も。

  •  
  • 社会不安障害の原因とは?

  • 一度不安になる状況に置かれると、それがまた起こるのではないかという不安が身体症状を引き起こします。

  •  
     

    社会生活に影響を及ぼしやすい。

  •  
     

    強い不安によって自律神経が乱れてしまうわけですね。