農薬中毒に注意!ガーデニングはほどほどに

ガーデニングをしている人や他の事で農薬の散布をしている
人が気をつけてほしいのが農薬中毒なのです

view195

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 春から増える

  • 庭を彩るバラ、クレマチス、ゼラニウム、ペチュニア。高温多湿の日本では外国産の園芸品種は病気や害に侵されやすい。どうしても農薬に頼らざるを得ないが、使い方を誤ると健康被害を招くことになる。これからガーデニングに絶好の季節だが、使用時は注意事項をきちんと守り、マスクなどをして散布することが大切だ。
    出典 :農薬中毒ご用心
     

    ガーデニングも危険があるのですね

  • 春から増える患者 「毎年春から夏にかけてガーデニングによる農薬中毒とみられる患者が急増する」。青山内科小児科医院(前橋市)の青山美子院長はこう話す。この季節はアブラムシなど様々な外注が発生するだけでなく、バラなどは黒点病やウドンコ病などの病気にかかる。家庭でも大量の殺虫剤や殺菌剤、除草剤などを散布する。
    出典 :農薬中毒ご用心
  • もし具合が悪くなったら

  • •作業中に具合が悪くなった時は、直ちに医師の手当てを受けてください。•散布作業中や作業後に体の異常を感じたら、すぐに休憩をとり、回復しない場合は直ちに医師の診察を受けるようにしてください。•眼に入った場合には大量の水で洗い流して、直ちに医師の手当てを受けてください。
    出典 :中毒予防策および中毒発生時の対応|農薬をご使用になる方へ|農薬工業会
  • •医師の診察や手当てを受ける時は、使用していた農薬の名前や取り扱った量及び時刻等を医師に正確に伝えると処置に役立ちます。また農薬の容器や空袋(ラベルだけでも)を一緒に病院に持って行く事も役立ちます
    出典 :中毒予防策および中毒発生時の対応|農薬をご使用になる方へ|農薬工業会
  • 解りきっている事ですが

     

    しっかり受診してください
    農薬は劇薬の場合が多くあり
    中毒になると大変なのです
    普段使っているからという安心が、事故を招く結果にすらなりかねません。注意して使用するのもとっても大切な事になるのではないでしょうか

  • 使う前から予防しよう

  • 農薬用マスク 口から吸い込んだり、飲み込んだりを防ぎます手袋 皮膚への接触を防ぎますメガネ 眼への刺激を防ぎます防除衣体 全体への接触を防ぎます
    出典 :中毒・治療法 - 農薬でんわ相談 - 公益社団法人 緑の安全推進協会
  • 医師に伝えると良い事

  • 1.異常時の状況は……体の何処が?、どんな具合?、何時から?2.使った農薬は?……名称は?、取扱量は?、取扱時間は?3.農薬の現物あるいはラベルを持ってゆきましょう
    出典 :中毒・治療法 - 農薬でんわ相談 - 公益社団法人 緑の安全推進協会
  • こんな症状がでる

  • ①急性中毒(軽い場合)  有機リン剤に同じ。ただし、有機リン剤より症状が早く現われる。②急性中毒(重い場合)  有機リン剤に同じ。③慢性中毒  有機リン剤に同じ。
    出典 :ルーラル電子図書館:防除:農薬中毒の知識
  • ①急性中毒(軽い場合)  全身倦怠感、脱力感、頭痛、頭が重い、めまい、吐き気、嘔吐。②急性中毒(重い場合)  不安、興奮状態、部分的な筋けいれん、知覚異常(舌、口唇、顔面)、てんかん様けいれん。③慢性中毒  めまい、全身倦怠感、吐き気、嘔吐、手のふるえ、てんかん様けいれん、肝臓・腎臓の障害。
    出典 :ルーラル電子図書館:防除:農薬中毒の知識
  • これらの

     

    症状に気づいたら早めの受診をする事をお勧めします。気をつけましょうね。めまいなどの症状はとてもつらい生活を送る事になります。中毒によっては死に至る危険性もあるというのがお分かり頂けたなら幸いです