驚きのパワーで血管を若返らせ動脈硬化やがんまで予防!?『くるみ健康法』のまとめ

脂肪分が多くカロリーの高いくるみですが、実は健康に必須と言われるオメガ3脂肪酸が豊富で、摂り続けると血管年齢を若くする効果も!がんまで予防するというデータもあり、期待できる『くるみ健康法』ですが、偏った食事になっては意味がないので、あくまで補助的に摂取するようにしましょう

view1020

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • くるみを食べると血管が若返るってホント?

  • くるみは、健康に良いと今注目を浴びているオメガ3脂肪酸がナッツ類で最も多く含まれています。動脈硬化を防ぎ、コレステロール値、中性脂肪値を下げ、心臓病、がん、脳溢血・脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満など、いわゆる生活習慣病予防に効果を発揮すると報告されています。
    出典 :カリフォルニア くるみ協会 :: くるみの栄養と健康
     

    くるみを7個、1ヶ月摂取すると、悪玉コレステロールが10%減るというデータもあるようです

  • くるみには、「血液をサラサラ」にするだけでなく、血管の弾力性を増し、血球などを血管に付着させにくくすることがわかり、三つの側面から動脈硬化を防ぐ可能性があると明らかになった。
    出典 :くるみを毎日食べると、1カ月で血管の弾力性が改善、動脈硬化を防ぐ:MedWave Back Number
     

    心臓疾病を伴わない血中のコレステロール値が高い21人の高脂血症の男女対象の実験で、1日8~13個の「くるみ食」を1カ月、通常の地中海食を1カ月摂取
    くるみ食を食べているときは、地中海食のときより血管が柔らかくなり、血球などが血管に付着しにくくなり、総コレステロール、LDLコレステロールも低くなるという結果になったとのことです

  • TV家庭の医学でくるみによる血管年齢の若さが実証された

     

    くるみ歴40年のエリカ・アンギャルさん(44歳)
    (ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタント)

    1日5個分、40年くるみを食べ続けているエリカさんの血管年齢は、なんと20歳相当だったとのこと!

    このほか、女優の奈美悦子さん、和泉雅子さんもくるみを常日頃から摂られていて、血管年齢は5~10歳も若かったとか

  • オメガ3脂肪酸の効能

  • ω(オメガ)-3の健康効果
    ◎血流を改善する効果
    ◎生活習慣病を予防する効果
    ◎脳や神経に対する効果
    出典 :ω(オメガ)-3 | 成分情報 | わかさの秘密
     

    オメガ3脂肪酸というと、青魚のイメージですが、クルミにも豊富に含まれるようです

  • オメガ3脂肪酸は、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、そしてαリノレン酸の総称。DHAやEPAがサバやイワシなどの青魚に多く含まれていることは有名ですが、3つめのαリノレン酸は植物由来。これを豊富に含んでいるのが、くるみなのです。
    出典 :受験、ブレインフード(健脳食)、カリフォルニアくるみ…くるみが脳を活性化させるってホント?
     

    クルミ1個分のαリノレン酸=ほうれん草22.5株(約2把(わ)とちょっと)=胡麻約360gなのだそう
    圧倒的に効率よくαリノレン酸が摂取できるというわけです

  • 脳にも良いと言われるくるみ

     

    オメガ3脂肪酸は、脳情報伝達にかかわっている神経細胞の膜に含まれる大事なリン脂質のひとつなのだそう
    神経細胞のオメガ3脂肪酸が少なくなると、学習・記憶や認知・思考の能力が低下することから、オメガ3脂肪酸を多く含むくるみを食べて補うことは、脳によいということです

  • クルミには、オメガ3の不飽和脂肪酸α-リノレン酸の含有量が、ナッツ類の中でも唯一豊富に含まれています。このα-リノレン酸は、人間には必要な脂なのに体内で作ることが出来ないため、必須脂肪酸と呼ばれています。
    出典 :とくまる|TBSテレビ:はなまるマーケット
  • どのくらい食べれば効果があるの?

  • 健康な男女40人が毎日一定量のくるみを一ヶ月食べた結果、動脈硬化につながる要因のひとつである悪玉コレステロール値が約10%下がったといいます。そのくるみの量とは、1日に約7個(約42g)。
    出典 :血管若返りが期待できる 奥薗流くるみ料理 7品|みんなの家庭の医学
     

    7個とは結構な量ですが、それだけを食べるのではなく、主菜や副菜に混ぜるなどして効率よく摂取すればカロリー摂り過ぎにもならずに効果が得られるようです

  • くるみオススメレシピ『根菜のくるみあんかけ』(1人分)

     

    大根(80g)は2cm厚さのいちょう切りにし、人参(20g)、れんこん(20g)は1cm厚さの半月切りか、いちょう切りにする。
    鍋に1.、昆布(1.5cm)、水を入れて火にかけ、15分茹でる。
    くるみは湯で5~6分茹でる。
    だし(100g)、みりん(9g)、塩(0.5g)、しょうゆ(6g)をあたため、2.の茹でた野菜、くるみ(20g)を入れて柔らかくなるまで煮る。
    さやいんげん(10g)は茹でて斜めに切る。
    器に根菜を盛り、煮汁を煮立てて5.を加え、水溶き片栗粉でとろみをつけ、生姜汁を加えて根菜にかける。

  • おやつや蕎麦にも『くるみだれ』

     

    ≪材料≫
    クルミ 200g・砂糖 大8・みりん 180cc・みそ 160g・ハチミツ 大8
    ≪作り方≫
    1.クルミは表面に少しこげ目が付くくらい3、4分中火で炒り、その後ザルに入れ、混ぜることで皮をふるい落とす。
    2.クルミをすり鉢で少し形が残る程度に潰す。
    3.2.の中に砂糖を加えさっくり混ぜたら、みりん、みそを加え混る、最後にハチミツを加え混ぜたら完成。
    ※冷蔵庫で2~3か月の保存可

  • クルミはがん予防にも効果的

  • スペインでの調査によると、 週に3回 28g程度のナッツ類を食べた人は食べなかった人と比較してがんや心血管疾患やがんなどによる死亡リスクが39%減少することが確認された。特にクルミは、がんの予防について関連性が高く、クルミを中心に食べたグループでがんのリスク減少が顕著だった。
    出典 :がん克服の体験談と新薬情報: クルミ,ナッツにがん予防効果
     

    7,000人以上(年齢55~90歳)の心血管疾患のリスクが高い被験者を対象に、約5年間の追跡調査が行われた結果だそうなので、かなり信憑性を帯びていると思われます