不妊に効果的な運動とは?

健康は赤ちゃんを授かる一番大事な条件です。適度な運動は健康な体を得るためには欠かせません。今回は、不妊に効果的な運動をまとめてみました。

  • lotta 更新日:2014/03/25

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 運動で、卵子や卵巣のアンチエイジング

  • ついつい肩に力が入りやすい“過緊張タイプの頑張り屋さん”、じっとして過すことの多い“不活発な冷え症さん”はいませんか?
    出典 :妊娠したいを応援♪ VEAUTY 〜基礎体温管理と排卵日予測〜
     

    コンピューター仕事、アイロンがけ、食器洗いなどの動作は、どれも“前かがみの同じ姿勢”をとることになります。これらを長時間行うと、筋肉が硬くなります。この状態を放っておくと体の緊張がほぐれず、体内のストレス刺激を増やしてしまいます。

  •  

    “栄養バランスの悪い食事、運動不足、過度のストレス”などの生活習慣があると、それが原因で卵巣の機能が低下する心配があります。

  • 卵巣機能を低下させるもので注目すべきは、成長ホルモンやDHEA、メラトニンの減少。そして、酸化ストレスや終末糖化産物が増加することです。
    出典 :不妊症と鍼灸治療 5 〜運動しましょう!〜 (1) - 二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記
     

    これらにより卵巣刺激への反応や卵子の質が低下し、卵巣機能が低下することで、採卵数や受精率、妊娠率が低くなることが分かっているそうです。

  • ≪運動≫15分程度のダンベル体操は成長ホルモンの分泌を促します。
    出典 :不妊症と鍼灸治療 5 〜運動しましょう!〜 (1) - 二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記
     

    成長ホルモンの働きは、子どもの成長だけでなく、卵巣機能にも密接に関連しています。

  • ダンベルなどを利用しながらの有酸素運動が効果的

     

    筋肉をつけて健康的な体になったことでホルモンのバランスなどがベストの状態に

  • ≪運動≫筋力トレーニングや有酸素運動でDHEAの分泌量が増えます。
    出典 :不妊症と鍼灸治療 5 〜運動しましょう!〜 (1) - 二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記
     

    副腎から分泌され女性ホルモンや男性ホルモンになります。DHEAのサプリメントを摂取することで。40歳以上の卵巣の反応低下を改善することがあると報告されています。

  • ストレッチングを中心とした軽い運動習慣

  • 忙しい方が“ながら運動”を続けるコツは、最初から生真面目に考えすぎないことです。
    出典 :妊娠したいを応援♪ VEAUTY 〜基礎体温管理と排卵日予測〜
     

    例えば、疲れている日、気が乗らない日、急な飲み会がはいった日などは、根性で無理に行うのではなく、“いつもの半分量だけ行う”“どれか1つだけ行う”又は“時にお休みする”などの勇気も必要です。そうすれば、怪我や風邪を予防できるので、コンディションが安定し、3ヶ月、半年、1年と続けやすくなると思います。

  • レッグカール

     

    1 姿勢を真っ直ぐにして、両膝をつっぱらないで少し緩め、足は肩幅くらいに立ちます。
    2 足の膝から下を後方へ蹴り上げて下ろしたら、すぐに左足も同様に上げて下ろします。
    3 交互に一連の動きを続けます。

    長時間のデスクワークで硬くなりやすい“太ももの裏側の筋肉”の柔軟性を高めます。下半身の筋温を高め、“冷え”を防ぎます。

  • アンクルターン

     

    1 浴槽に膝を軽く曲げて自然に座ります。
    2 右足を底から少し持ち上げ、綺麗な円を描くように、左右にゆっくり足首を回します。
    3 左足首も同様に行います。


    ヒールや靴の中でカチコチになって疲れている足先の血流を改善します。

  • サイド・ヒップレイズ

     

    1 床に横寝になり、両膝を前方に90度に曲げた姿勢をつくります。
    2 上の脚を90度に曲げたまま上に5~10cmだけ挙げ1~2秒とめ、元に戻します。
    3 反対側も同様に行います。


    骨盤周辺の筋肉を強化して、骨盤の歪みを予防します。

  • スローモーション体操

  • 生理が終わった日に月に一度だけやる体操です~!

     

    1足を腸骨の幅に開いて立ちます。
    2開いたら足先を一杯に外側に向けます。手はダラッとさげたままで意識しない。
    3そのまま徐々にしゃがんでゆきます。だいたい41秒かけるのが理想です。それからゆっくり元へ戻してゆきます。それも41秒かけて行ないます。
    4今度は足先を一杯に内側に向けて、そのまましゃがんでゆきます。41秒。又、元へ戻します。41秒。
    5体の他の部分は力まないで、弛めたまましゃがみ、それから立ち上がればよいのです。

  • 何回もやって慣れてしまってやり易くなると、骨盤は動かなくなります。
    だから一回だけ、苦心してやるのがいいのです。
    出典 :運動編 | 不妊に悩む女性の方へ
     

    不妊症体操としてやる場合には、月経の終わった日に一度だけやる。毎日やっては駄目です

  • 運動習慣のなかった40代の女性が運動を始めたら…

  • 筋力トレーニングでは成長ホルモンが17%、DHEAが30%増加し、ウォーキングでも成長ホルモンが17%、DHEAが20%増加したことが確かめられています。
    出典 :不妊症と鍼灸治療 5 〜運動しましょう!〜 (1) - 二葉鍼灸療院 院長のドタバタ活動日記
     

    それまで運動習慣のなかった40歳の女性が40分の筋力トレーニングかウォーキングを週3回、2ヶ月間続けた後に成長ホルモンとDHEAを測定

  •  

    要は、どのような運動でも継続して、定期的に行えば、必ず身体にいい反応がみられるということです。そして、卵巣や卵子をより老化させるような上記のような因子に、余分な老化を進めないようなアンチエイジングを促す効果があるということです。