育児で気になる事・・・おやつはどうしてる?

育児でおやつを使う人はどのようにしているのか
おやつのポイントつきまとめ☆

view230

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おやつ

  • 乳幼児は身体が小さいため、一度にたくさんの量を食べて栄養を摂ることができません。そのため3回の食事では間に合わないので、午後3時のおやつも大切な栄養摂取の機会になってきます。このとき注意したいのは、いわゆる“おやつ”をイメージして、市販の甘いお菓子やスナック菓子を与えっぱなしにしないこと
    出典 :おやつ [チビタスキーワード] All About
  • 油分や糖類を控え、栄養面を考えた「おやつ」をあげたいものです。飲み物をあげるときも甘いジュースなどは避けるようにして、牛乳や果物など自然の食品をあげるとより栄養価が高まります。
    出典 :おやつ [チビタスキーワード] All About
     

    栄養価も考えるのが真のまま!

  • おやつは良いの?

  • 離乳食前の赤ちゃんは、母乳やミルクで成長に必要な栄養のすべてをとっています。離乳食が進んでくると、栄養の主体が母乳やミルクから離乳食に移っていきます。けれども、 まだ消化吸収能力が未発達なので、赤ちゃんは一度にいっぱい食べられません。3回の食事でとれなかった栄養を補うため、おやつが必要なのです。
    出典 :赤ちゃんのおやつ事情|ベビータウン
  • おやつは赤ちゃんの運動機能発達のお手伝いにも!おやつならつかみ食べでもOK! おやつは赤ちゃんが自分でにぎったり、つまんだりしてものを口に運ぶという運動能力の発達のお手伝いになります。
    出典 :赤ちゃんのおやつ事情|ベビータウン
  • そもそもおやつとは? おやつは漢字で「お八つ」と書くって知ってましたか? 昔の時刻で「八つ時」に食べる間食のことを指していたのです。八つ時は現在の午後2時。今は「三時のおやつ」が一般的ですが、昔は違っていたんですね。
    出典 :赤ちゃんのおやつ事情|ベビータウン
     

    こんなのは豆知識として覚えておいてね

  • 歯に良いおやつと悪いおやつ

  •  

    口の中をサッと通り、長い間口の中に留まらない食べ物や
    むし歯菌がむし歯のもととなる「酸」をつくれない食べ物
    だったりむし歯になりにくい、歯にやさしい飲み物を
    選ぶのもとっても良いかも!

  • キャラメル ヌガー
    チョコレート 砂糖入りガム
    ジュース イオン飲料 乳酸飲料
    ※ これらを頻繁に飲むと
    むし歯になりやすくなる。
    出典 :歯に良いおやつと悪いおやつをおぼえよう。【赤ちゃん・子供の歯磨き情報 118kids】ベネッセ子育てインフォ
     

    こちらは歯に悪いおやつですね!

  • どれくらい必要か

  • 一般的に、おやつを与える目安は1日に必要なカロリーの1割程度と言われています。12カ月頃で100kcalぐらいが目安です。赤ちゃん専用のお菓子にはカロリー表示されていることが多くわかりやすいですね。
    出典 :赤ちゃんのおやつ事情|ベビータウン
  • こんな事も留意する事

  • 時間も大事

     

    食事に影響しない時間に決めて
    あくまで食事の補助ですから
    食事と食事の中間の時間がベスト
    お昼が12時、夕食が午後6時や7時の過程なら
    やっぱり3時がちょうどよさそう
    食事の時間は家庭によってそれぞれだと思うので
    事情に合わせてタイミングを決めてみましょう

  • ほしがらなかったら無理にあげなくてOK 食事がきちんと食べられることが基本です。必要だからと言っても赤ちゃんがほしがらなければ無理に与えることはありません。
    出典 :赤ちゃんのおやつ事情|ベビータウン