妊娠後期に起きる数々の苦しい症状について

いよいよ出産を間近に控えた妊娠後期は、様々な苦しい症状もでてきます
正しい知識を身に付けて適切な対応をとれるようにしておきましょう

view979

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最後まで気を抜かない!妊娠後期の過ごし方

  • 妊娠8か月くらいの妊娠後期は胎児の成長が早く、母体への負担が大きくなります。そのため、吐き気や食欲不振を招きやすくなります。
    出典 :妊娠後期(8〜10ヵ月)の過ごし方 77記事 | nanapi [ナナピ]
     

    妊娠後期は負担も多く苦しい思いをする回数が増えてきますね。頑張って!

  • 分娩に備えて、心穏やかに過ごすためにも、妊娠後期についての知識を知っておきましょう。
    出典 :妊娠後期(8〜10ヵ月)の過ごし方 77記事 | nanapi [ナナピ]
     

    正しい知識をもって臨めば苦しみは軽減できるでしょう!

  • 正しい知識をもって妊娠後期の苦しい時期を乗り切りましょう

     

    もちろん家族の理解や協力は不可欠です!

  • 妊娠後期の症状について

  • 妊娠を控えた妊娠後期(妊娠8ヶ月~)はとても大切な時期。お腹も大きくなり、少し動くだけでも疲れてしまう時期でもあります。眠気も強く、便秘や体重増加に悩まされお腹の張りも強くなってくる頃です。
    出典 :出産間近!妊娠後期の過ごし方 | nanapi [ナナピ]
  • 妊娠10ヶ月は妊娠後期とも呼ばれ、便秘による腹痛や吐き気、痛みがなくなり、いよいよ出産にむけた準備が必要になる時です。
    出典 :妊娠10ヶ月、マタニティママが気をつけること | nanapi [ナナピ]
  • 妊娠中動悸を感じることはありますか?

  • 妊娠後期では子宮が大きくなるにつれて肺が圧迫されて呼吸が苦しくなったり、赤ちゃんが大きくなるに
    つれて母体の心臓の負担が大きくなり動悸を感じるようになります。
    出典 :妊娠中動悸を感じることはありますか?
  • それでは動悸をおさえるにはどうしたらいいでしょうか?まず全体的にゆっくりした行動をとること。
    なるべくゆっくり目に歩いたり、階段を上がる時、降りる時など動作をゆっくりすることに心がける。
    また、半身浴や足湯は動悸や息切れ予防に効果的です。
    出典 :妊娠中動悸を感じることはありますか?
     

    動機や息切れには半身浴や足湯が効果的です

  • ママが気をつけること:体重管理

  • この頃は、お腹がとてもすくので、たくさん食べたくなります。しかし体重が増えすぎると出産にも影響するそうです。検診で間食を禁止されたり、適度な運動をすすめられたりしますが、日頃から、カロリーを気にして食事や間食をするように心掛けると、それほど辛くありません。
    出典 :妊娠10ヶ月、マタニティママが気をつけること | nanapi [ナナピ]
     

    体重の増えすぎは出産時の負担を大きくしてしまいます

  • 筆者は、急に体重が増えてしまった時期に間食をやめるように先生に言われましたが、ある程度体重が安定してきてからは、カロリーを必ずチェックして軽めのお菓子をつまむことも気分転換になっていました。また、小腹がすいたらおにぎりを食べることで、お菓子を減らすようにしていました。
    出典 :妊娠10ヶ月、マタニティママが気をつけること | nanapi [ナナピ]
     

    お菓子よりは普通の食事を食べる事を心がけたほうが良いです

  • 体重管理をきちんとすることで、出産時の苦しみをおさえてくれることになると思います!

  • 妊娠後期の危険信号

  • ■ 周期的な下腹部の痛み
    周期的に下腹部が痛くなったら早産の疑いがあります。早産とは妊娠予定日より早く出産をすることをいいます。
    出典 :妊娠後期の危険信号
     

    下腹部の痛みは早産の可能性があります

  • 早産は、赤ちゃんが早く生まれすぎるだけで出産であることには変わりがないので、正常の出産と同じような兆候があらわれます。お腹が周期的に痛む、出血をみる、破水する、などの症状があらわれたりします。
    出典 :妊娠後期の危険信号
  • ■強い痛みを感じる
    強い痛みは胎盤早期はく離の危険性があります。急に下腹部が痛くなり、冷や汗が出て顔面蒼白になった場合は、胎盤早期はく離の疑いがあります。ひどい場合はショック状態になり、出血を伴う場合もあります。
    出典 :妊娠後期の危険信号
  • 正常のお産は、まず赤ちゃんが生まれ、しばらくしてから胎盤がでてきます。
    ところが、まれに赤ちゃんより先に、胎盤がはがれ出てしまうことがあります。これが胎盤早期はく離です。
    出典 :妊娠後期の危険信号
     

    強い痛みを感じた時は胎盤はく離の可能性があります

  • けいれんが起きたとき

  • 重症の妊娠中毒が原因です。意識がなくなり、全身がけいれんします。
    一度で治まり、そのまま落ち着く軽症のケースもありますし、何度もけいれんを繰り返し、昏睡(こんすい)状態に陥る重症の場合もあります。
    出典 :妊娠後期の危険信号
  • 重症の場合は、すぐに救急車で病院に運び、処置を受けましょう。
    軽症の場合も、すぐに医師に連絡し、診察、または入院などについて指示に従いましょう。
    出典 :妊娠後期の危険信号