薬の知識を「膀胱炎でクラビット」副作用は大丈夫?

膀胱炎でクラビットが処方されますが、副作用などはないのでしょうか?

view4012

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱炎でクラビット

  • 膀胱炎だった。 緊急時用に1錠持っていた抗生物質を飲んだところ昼前には頻尿は改善したが、 空腹のまま服用したのが悪かったのか二日酔いのような吐き気に苦しみ、 午前中は手元の紙に「きもちわるい」と書いて、消して、また書いて、など、意味の無い作業(仕事のふり)に費やしてしまった…。
    出典 :膀胱炎とクラビット錠の副作用 - コアラのリウマチ日記
  • そういえば、以前は1日に3回薬を飲んだ気がするが、 最近もらったのは1日1回の薬だということを思い出し、 調べてみたところ、薬(クラビット錠)は同じだが、 数年前から用法・容量が変わっていることがわかった。
    出典 :膀胱炎とクラビット錠の副作用 - コアラのリウマチ日記
     

    薬を残しておいて飲むのはだめですけどね

  • 病院などで多く使われる

  • 市販薬に頼るのではなくてきちんと専門医に診てもらうことをおすすめしたいとおもいます。抗菌薬抗生剤「クラビット」についてですが、この薬は決して安いものではありません。そのためだと思いますが、病院などで多く使われている薬のようです。
    出典 :膀胱炎の抗菌薬抗生剤「クラビット」 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • クラビットは

     

    細菌感染を引き起こした際に使われる抗生物質です。膀胱炎でクラビットが処方され効果を出すには細菌感染が原因の膀胱炎でなければいけないのですよ

  • クラビットの服用の禁止

  • 抗菌薬抗生剤「クラビット」について服用が禁止されている場合は次の通りになります。まずはクラビットの成分、もしくはオフロキサシンに対するアレルギーの前歴があるという場合です。そして妊婦、もしくは妊娠の可能性のある場合や小児が当てはまります。
    出典 :膀胱炎の抗菌薬抗生剤「クラビット」 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • (商品名:クラビット錠250mg、同錠500mg、同細粒10%)が製造承認を取得した。承認された用法・用量は「1回500mg、1日1回経口投与」である。レボフロキサシン製剤は、既に1993年から「クラビット錠」「クラビット細粒」が販売されているが、これらの常用量は「1回100mg、1日3回経口投与」であり、新しい製剤とは用法・用量が異なっている
    出典 :膀胱炎とクラビット錠の副作用 - コアラのリウマチ日記
  • 医師の処方でない場合

  • 仕事や家事が忙しい、家族に要介護者が居て容易に外出できない…など、病院に行く時間が無い人は、医師の処方箋不要で購入できる海外医薬品の個人輸入がお勧めです。ネットで購入できて商品は宅配してくれますので大変便利です。 商品は、医薬品取り扱いライセンスを所持したサプライヤーによる安心正規品100%保証です
    出典 :膀胱炎の薬.com | 送料無料
     

    安全性はライセンスで判断という事ですね

  • 正規の処方の場合は

  • このような

     

    お薬が処方されると思います。このクラビットなのですが、やはり飲んではいけないと言われている部分があるようですね

  • 高度の腎機能障害であること、てんかんなどのけいれん性疾患、あるいはこれらの前歴があること、キノロン系抗菌薬に対するアレルギーの前歴があること、高齢者であることなどです。そして授乳婦については、回避・授乳中止とされていることもわかっています。
    出典 :膀胱炎の抗菌薬抗生剤「クラビット」 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
  • 1日1回の服用で良いのは忘れにくいので便利だし、 効き目良く、耐性菌の出現を抑えることができるのは良いけれど、 副作用の可能性が増えるのは困る。 「クラビット 吐き気」等で検索しても、同じような経験をした人はいるようだ。
    出典 :膀胱炎とクラビット錠の副作用 - コアラのリウマチ日記
     

    吐き気を感じる人も少なくはないので、注意してくださいね