着床出血と生理の違いについてまとめてみました

着床出血は生理と間違いやすく、妊娠していることを見逃しやすいです。着床出血と生理の違いを知っていることで、より早く妊娠に気づくことができるでしょう。判断が難しいかもしれませんが、妊娠ではない出血も合わせてまとめましたので参考にして下さい。

view817

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 着床出血と生理の違い

  • 妊娠の兆候が出ているのに、生理と勘違いしてしまう、着床出血というものがあります。妊娠したい!と思う方にとって、妊娠の兆候には敏感になってしまうもの。
    出典 :妊娠の兆候?生理と間違えやすい着床出血: 妊娠の兆候は?生理前はどうなの?
  • 名前のとおり、出血するものです。生理も出血するものですから、間違えてしまうのは、仕方のないことですよね。ですから、妊娠の兆候を見逃してしまう方もおられます。
    出典 :妊娠の兆候?生理と間違えやすい着床出血: 妊娠の兆候は?生理前はどうなの?
  • 着床出血は生理と比べるとはるかに量が少ないです。生理かと思ったのにもう終わったのかな?どこか体の具合が悪いんだろうか?というレベル。
    出典 :生理と着床出血の違いについて - 恋愛相談 - 教えて!goo
  • 着床出血の症状が現れたあと、しばらく様子を見て妊娠検査薬を使えば、一目瞭然で、妊娠か、生理かわかるわけです。
    出典 :着床出血の時期・量と症状
     

    着床出血の時期や量、痛みなどの症状があるんです。「婦人科に行くのはちょっと」と言う方はまずこれで確認しましょう

  • 出血の色についても、生理の出血は鮮血のほうがよいといわれていますが、着床出血の場合は少し茶色がかった出血の場合が多いようなので、そういった点でも判断できるようになっています。
    出典 :着床出血と生理の違い
  •  

    人によってまちまちですが、何らかの形で違いを感じられるので、妊娠の可能性がある方は少し変わった出血があった場合には、おめでたが期待できそうです。

  • また着床出血は、生理予定日から始まるという方もいらっしゃいますが、どちらかというと生理予定日の数日前に発生する、という方が多いのも生理との違いといえます。
    出典 :着床出血と生理の違い
     

    「早めの生理かな?」と思ったら妊娠していた、あの時の出血は着床出血だったのかもしれない、と後から気づく方もいらっしゃいます。

  • 出血する期間は3日、長くて5日くらいです。生理よりは短いのが特徴です。また、着床出血は生理痛のように痛みは伴わないのが通常です。
    出典 :着床出血の量・症状・時期
  •  

    原因などはまったく違いますが、膣から出血があるという点では同じなので、どちらなのか判断できないという方も多いようです。

  • 着床出血以外の出血の可能性

  • 子宮上部ではなく卵管や卵巣、腹腔内に受精卵が根を生やしてしまった場合を子宮外妊娠といいます。
    出典 :着床出血の量・症状・時期
     

    この場合の出血は明らかに着床出血とは異なり、量も多く、激痛を伴います。すぐに病院で手術が必要になります。

  • 妊娠初期から妊娠期間中すべてにおいて、出血や腹痛、お腹の張り、つわりが急に軽くなる、 基礎体温が下がるなどの症状がみられると流産・死産の危険があると言われています。
    出典 :妊娠中の出血,腹痛,腰痛【マンガ流産のベイビーライオン】
     

    また全くそういった兆候がないまま流産している場合も多々あるようです。

  • 着床出血と感じた方も今までの自分の体調や不正出血の状態からという方が多く、自分の体をじっくり観察していないと違いがわからないのがこの2種類なのです。
    出典 :着床出血?不正出血?生理?? - Aimeeの妊娠出産育児研究室
  • 流産は22週未満(欧米では24週未満)に起きる妊娠ロスで、およそ10~15%の妊娠に見られます。流産の多くは胎児染色体異常によるため、母体年齢が高くなればなるほど流産の確率が上昇します。
    出典 :☆妊娠初期の出血は大丈夫?|松林 秀彦 (生殖医療専門医)のブログ