妊娠したい(or避妊したい)なら知っておくべきは「排卵日」。今更聞けない!排卵日とは?

生理や妊娠、避妊と関連してよく耳にするのが「排卵日」という言葉。知っているようで知らない、「排卵日とは?」、その考え方、計算方法などをご紹介します。

view298

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠したいなら何はともあれ「排卵日」を知ることが大切。でも排卵日とはいったい何?

  • 「排卵日」=「排卵がある日」ということとですが、具体的には「排卵」とは、「排卵日」とはどんなこものなのでしょう?

  •  

    排卵日前後の性交渉が妊娠の可能性が高いのは周知のとおり。

  • 排卵(はいらん)とは、成熟した卵胞が裂けて卵子(正確には卵母細胞)を放出する月経周期の過程であり、生殖に関与している
    出典 :排卵 - Wikipedia
     

    ちなみに発情周期をもつ動物にも排卵があるのだそう

  • 「排卵日」=「妊娠しやすい日」と考えるのは正解なの?

  • 通常、女性の排卵期に卵子と精子が結びつくことで妊娠に至りますので、排卵日の前後が最も妊娠しやすい時期だと言えます。排卵日は体調などにより若干の違いが生じますが、生理開始から14日目前後のことを言います。
    出典 :危険日とは 避妊方法ナビ かしこく学ぶ
     

    生理周期が正確な人ほど排卵日も正確

  • 「排卵日」を知る方法を知りたい!

  • ●基礎体温を付けて、自分の体温の変化から排卵日を知る

  •  

    基礎体温計、は女子なら持っておきたいもの

  • 排卵前には、体温が通常よりも下がる傾向にありますので、日頃より基礎体温計を活用することで低温から高温に基礎体温が変わったら排卵が起こったというサインでもあります。
    出典 :危険日とは 避妊方法ナビ かしこく学ぶ
     

    基礎体温はつけはじめて習慣化が難しいですが毎日こつこつと。

  •  

    生理不順の人の場合、綺麗なグラフにならないことも

  • ●オギノ式排卵日計算を用いて算出する

  • ●排卵日チェッカーに数値を入力して自動計算!

  • 排卵日になるとあらわれる身体のサインはあるの?

  • おりもの(子宮頚管粘液)が変化する。28日周期の場合を例にとりますと、おりものは生理開始日から数えて8日から10日ごろから増え始めます。そして下着にぺとぺとする感じやかたまりのおりものがつくことがあります。排卵日が近づくと膣内の水分が多くなり卵白のようになるまで増え続けます。おりものがこのような状態になるのは酸性の膣の中を精子が卵管までスムーズに進めるようにするためです。たいてい2~3日はこういった状態が続きますが、その最終日をを過ぎると少量の乳白色おりものが1日、2日出てきます。
    出典 :排卵日と生理
     

    おりものの変化に気を配ることは健康管理の上でも大事

  • 排卵日の症状としてはおりものの粘性が高まります。指につけて伸ばすと10センチちかく伸びる場合もあります。また別の排卵日の症状としては、おりものの色が卵白のような状態から透明になっていきます。少し面倒ですが面白い特徴としては、非排卵期のおりものを指につけてお水の入ったコップにいれると溶けますが、妊娠を助ける排卵前のおりものはかたまりのまま水に溶けません。これも排卵日を特定する上で分かりやすい症状でしょう。
    出典 :排卵日と生理
     

    おりものの実験・・・こっそりしてみては?