閉経後に注意!?「子宮体がん検診」をしっかり受けておこう!

子宮体がん検診はしっかり受けよう!閉経後に多いがんで不正出血は見逃すな!

view134

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮体がんは

  • 婦人科のがんで最も多いのは、子宮がんです。子宮がんは子宮頸がんと子宮体がん(子宮内膜がん)に分けられます。子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある、子宮内膜から発生するがんです。
    出典 :子宮体がん (子宮内膜がん)  基礎知識:[がん情報サービス]
  • 一方、子宮頸部や頸管の上皮から発生したがんが、子宮頸がんです。まれに子宮の筋肉の層から子宮肉腫が発生しますが、これは、子宮体がんとはまったく違う病気です。
    出典 :子宮体がん (子宮内膜がん)  基礎知識:[がん情報サービス]
  • リスク要因は

  • 40歳代以降に卵巣の働きに不調が起こり始めると、厚くなった子宮内膜がうまくはがれにくくなり、がん発生の素地となる子宮内膜増殖症が起こりやすくなります。特に閉経年齢が遅い、妊娠・出産経験がない、肥満、エストロゲン依存性の乳がんを経験した、などにあてはまる人では子宮体がんのリスクが高いといえます。
    出典 :子宮体がんの検診と検査 - goo ヘルスケア
     

    これだけのリスクがあるので注意したいですね。

  • 乳がんの

     

    乳がんのホルモン療法でタモキシフェン製剤を使っていた場合や、糖尿病、高血圧、乳がん・大腸がんの家族歴との関連も指摘されています。一般的な健診を定期的に受ける必要があるのはこれらが関連しているからなのです。

  • 子宮体がん検診は

  • 子宮体がんは、子宮の内側を覆う内膜から発生するがんで、40代から増えてきます。子宮体がん検診は、細胞診(さいぼうしん)と経腟(けいちつ)超音波検査を組み合わせて行う検診が有効です。
    出典 :子宮体がん検診 | よくわかる健康診断|+Wellness プラスウェルネス
     

    若い世代もしておくと便利ですよ。疑うに越した事はありません。

  • 子宮体がんと子宮頸(けい)がんは発生する場所が違うので、子宮頸がん検診では子宮体がんの異常を見つけることはできません。自治体などで行う子宮がん検診は、おもに子宮頸がん検診です。リスクが高まる40歳後半からは、子宮頸がん検診といっしょに子宮体がんもチェックしてもらいましょう。
    出典 :子宮体がん検診 | よくわかる健康診断|+Wellness プラスウェルネス
  • 種類として

  • 1)子宮内膜細胞診検査
     子宮内に器具(ブラシ)を挿入してその部の細胞を採取し、顕微鏡で検査して癌細胞の有無を調べます。結果がでるまで1週間位かかります。
    出典 :子宮体がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • 2)子宮内膜組織検査
     子宮内膜から組織を一部採取し顕微鏡で検査します。子宮体癌の場合、細胞診だけでは確定診断できない場合があるので、正常な子宮内膜か、良性腫瘍(子宮内膜増殖症)か、子宮体癌か、鑑別するために最も重要な検査です。結果がでるまで1週間位はかかります。
    出典 :子宮体がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • 3)子宮内膜全面掻爬・子宮鏡
     子宮内膜を一部検査する子宮内膜組織検査では、病巣が確認できない場合に行います。子宮内膜全面掻爬は子宮内膜を全部採取し顕微鏡で検査します。子宮鏡は内視鏡で子宮内をみて病巣を確認し検査します。
    出典 :子宮体がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
     

    結果が出るまで1週間かかる事もあります

  • 画像診断
     診察・検査で癌がある可能性が高い場合に、超音波・CT・MRI等の画像診断で癌がどのくらいの大きさがあるか調べます。また子宮筋層にどのくらい広がっているかある程度わかります。1cm以下の小さな癌はわからない場合があります。検査をしてから1週間以内には結果が解ります。
    出典 :子宮体がん | がんの知識 | 愛知県がんセンター中央病院
  • 早期発見の為に

  • どのがんにも言えますが

     

    しっかりと検診を受けるようにしましょう。乳がん検診もあれば子宮体がん検診もあります。子宮頸がんの検診もありますね。どの検診も大切なので受けておくことをおすすめします。