妊娠後期に股が痛くて困っている妊婦さんへのまとめ

妊娠後期に股が痛くて困っていませんか?妊娠後期の股の痛みは生理的な痛みなので、我慢をしている人が多いと思いますが、その股の痛みについてまとめてみました。どうぞ妊娠中に股が痛い方は参考になさって下さいね。

view92463

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠後期に股が痛い!

  • おなかが大きくなり、胃や心臓、肺が圧迫され、胸やけや胃もたれをするようになり、食欲が落ちるかたもいます。
    また、妊娠後期特有の症状で、頻尿や尿もれなどの症状が増えることもあります。
    出典 :妊娠9ヶ月(妊娠32週,33週,34週,35週)の過し方-赤ちゃんの部屋
  • その他にも足のつけ根が痛んだり、膣に痛みを感じることもありますが、これは、おなかの赤ちゃんの頭が骨盤の中に下ることで骨盤が圧迫され、子宮を支えるじんたいが引っ張られる事で感じる生理的な痛みなので心配はいりません。
    出典 :妊娠9ヶ月(妊娠32週,33週,34週,35週)の過し方-赤ちゃんの部屋
  •  

    妊娠中は無闇な投薬はできないため、痛みを我慢して生活している妊婦さんも多いはず。妊婦さんが薬を飲むのは、急を迫られたときだけです。きっと腰が痛いときは全身がピリピリして辛いことでしょう。

    妊娠の後半になるにつれてお腹も大きくなり、出産のために骨盤が開いてくるので体の変化に戸惑うかもしれません。骨がずれたり、歪んで行くということは、かなり痛いと思いますが、血行を良くして、軽いストレッチを行いましょう。少しでも和らぐと思いますよ。

  • 妊娠中に股関節痛(足の付け根の痛み)を訴える患者さんはとても多いです。痛みがひどく、産婦人科の先生に相談したり、整形外科へ行くと、 「妊娠すると、出産に備えて骨盤が緩くなるので、痛みが出るのはしょうがないこと。出産すれば治るから、しばらく我慢して。」と言われ、痛み止めなどの薬も処方してくれないことがほとんどです。
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
  • 何で妊娠後期に股が痛くなるの?

  • 妊娠すると体の中で出産に備えて準備を始め、骨盤が開くように、リラキシンというホルモンの分泌が増えてきます。
    リラキシンには骨盤の周りの筋肉を緩める働きがあるのです。
    出典 :妊娠中の股関節の痛み | 足が痛い-足の痛みの原因と症状!
  • 妊娠の後期頃になってこれらの場所が痛むようになるのは、妊娠中に出るホルモンの影響。
    そのホルモンは、骨盤などの関節のつなぎめの部分を少〜し緩めるんです。
    出典 :妊婦の健康シリーズ15:股関節や恥骨部が痛い : ナースやすこの健康プラス
  •  

    リラキシンは女性ホルモンの一種です。
    妊娠後期に多くなり、関節を強く支えている靱帯を緩める効果があるようです。

  • •歩いているとだんだん痛くなる。
    •たまに、激痛が走る。
    •立ったり座ったりすると痛い。
    •寝返りを打つと痛い。
    •股関節だけでなく、恥骨や腰も痛い。
    出典 :妊婦さんの股関節痛、産後の股関節痛
  •  

    症状の程度は人によって違いますが、重い人では歩くときに激痛が走り満足に歩けなくなったり、産後まで痛みが続いたりもするそうです。

  • それと、恥骨の部分はもともと結合が弱いので、ひどい場合はここがぐい〜と広がっちゃうことがあります。その場合は、ホントに痛くて歩けなくなっちゃいます。
    歩くのが大変なほど痛い場合は、早めに産科の主治医に相談してくださいね。
    出典 :妊婦の健康シリーズ15:股関節や恥骨部が痛い : ナースやすこの健康プラス
  • 股の痛みの対処法

  • 股関節の痛みの症状としては、歩くと股関節に違和感を感じたり、つるように痛かったり、激痛が走ったり、寝がえりを打つと痛い、などがあります。
    足の付け根の痛みがある場合は、コルセットを付けたり、軽いマッサージを行ったりして痛みを和らげている方が多いようです。
    出典 :妊娠中の股関節の痛み | 足が痛い-足の痛みの原因と症状!
  •  

    すごく痛くてどうしょうもないときは専門のマッサージやカイロプラクティックのお店に行きましょう。専門の人にいろいろ相談をして痛くならないためにはどうしたらいいかなど色々と聞いてくださいね。プロの方に色々とアドバイスしてもらえると思います。
    骨盤や体の歪みを治すことで痛みが和らぐこともあるそうなので、整体でズレをなおしてもらうのもいいかもしれません。

  • 対処方法としては、ものを持ち上げたり長時間立ったりなど、負担のかかる運動を避けるということがあります。
    また、頻繁に快適な姿勢で休んだり、膝を曲げた姿勢で横になったりするのもいいでしょう。
    出典 :妊婦がなりやすい腰痛のタイプと対処方法 | iGotit
  • 股を開く動作を避けることも大切です。
    車の乗り降りの際にも、膝をくっつけて行い、ベッドに横になったり起き上がったりするときにも足を開かないようにしましょう。
    出典 :妊婦がなりやすい腰痛のタイプと対処方法 | iGotit
  •  

    歩くことに問題があるときは早くお医者さんに相談するようにしましょう。とてもひどい場合は、支えてもらう事も必要です。無理をして歩くと体を傷つけてしまうばかりか、赤ちゃんにとっても良くない影響が出るかもしれませんね。
    股に痛みを感じるときは、股を開きすぎないように注意して行動すると痛みを和らげることができます。また、痛い時の対処方法として、軽いマッサージをしてほぐしてあげてください。

  • 子宮の圧迫がかからない姿勢をとるようにする、急に動かないようにするなどの工夫をしてみてください。骨盤ベルトが有効な場合もあります。
    出典 :6/7 妊娠中の体の疑問・悩み [妊娠の基礎知識] All About
  •  

    帯やバンドなどを巻くときは、赤ちゃんを圧迫しないように十分注意しましょう。

  • どうしても痛い場合はセラバンド(エクササイズ用のゴムバンド)や、浴衣の帯などで、大転子(太ももの外側の付け根の出っ張り)を縛って、恥骨を左右から圧迫させるイメージで(→← というイメージ)関節の緩みを圧迫してあげると良いでしょう。
    出典 :妊娠後期に起こる、足の付け根の痛み : 妊娠・出産・育児 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  •  

    話題のとこちゃんベルトは、骨盤の開きを抑える効果があります。
    自分でバンドを巻くのが大変だという方は、市販のベルトなどを試してみてはいかがでしょうか?コルセットで腰をしっかりと支えると、とてもいいですよね。格段にあるきやすくなると思います。
    べルトで支えたり整えたりして、色々と挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

  • 妊娠中に股が痛いときがありますよね。足の付け根の部分がズキズキ痛んだりしびれたりすることはよくあるようです。しかし妊娠中は痛み止めを飲むことができないため我慢なさっている方も多いのではないのでしょうか?
    そもそもなぜ妊娠後には足の付け根が痛くなるのでしょうか。その事も知っておきましょう。
    妊娠後期には出産に備えて骨盤が開くようにと筋肉を緩めるホルモンがでてきます。筋肉が緩まってしまうことで間接に影響がでているのです。ただでさえ妊娠でお腹が重いのに筋肉まで緩んでしまうと、大変なストレスなのかもしれませんね。
    痛いときや無理をせずに横になったりしてください。決して無理に歩いたりしてはいけません。

    書かせていただいたことを復習すると、歩いているとどんどん痛くなってしまったり激痛が走ったりするそうです。また、立ったり座ったりの動作にも痛みが伴う時があるそうです。厄介なことにねている時の寝返りでさえ、足の付け根に響くことがあるそうです。

  • 妊娠している方は仕事から重いもの持ったり激しい運動をしないように心がけていましょう。骨盤が開いてしまうため,ちょっとした油断も大敵です。