生理にまつわる女性の体の悩みの解決方法まとめ☆☆辛い時期の乗り越え方を学びましょう!!

生理周期などが関係して起こる女性の体の悩み!!!
男性には理解してもらえず苦しんでいる女性も多いのではないでしょうか???
気になる女性の体の悩み&解決方法についてまとめてみました!!!

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の体の悩みで1番多いのは生理にまつわる悩み!!!

  • 生理痛

     

    辛い生理痛で悩んでる女性も多いはずです!!!
    是非悩みを解決して生理期も楽しく過ごしましょう!!!

  • 生理痛が酷い人に質問なのですが…
    私は生理痛がかなり酷いです。
    痛みのあまり一睡もできない。無意識のうちにうめき声、うなり声をあげてしまう。のたうち回る。嘔づく。
    出典 :生理痛が酷い人に質問なのですが… 私は生理痛がかなり酷いです。 毎月耐えてきた... - Yahoo!知恵袋
     

    あまりにも酷い生理痛の場合は婦人科系の病気も考えられますので病院を受診してみましょう!!!

  • 日常生活で出来る工夫が沢山あります!!!

     

    女性にとって冷えは大敵。冷えがあると、生理痛が増す原因にもなります。そのため、体を温めたり、運動をして、冷えを予防しましょう。

  • 日常生活でさまざまな工夫をしていてもつらい生理痛に悩まされているという方は、子宮内膜症や子宮筋腫など、婦人科系の別の病気が隠れている可能性もあります。
    早めに専門医に相談に行きましょう。
    出典 :生理痛情報ナビ - 日常生活でできる工夫
     

    気になるときは早目に病院を受診するようにしましょう!!

  • 生理前の不快な症状で悩んでる女性も多いようです!!!

  • 月経前症候群

     

    この辛い症状で悩んでる女性も多いのではないでしょうか???

  • 月経前症候群とは

     月経前、3~10日の高温期(黄体期)の間、続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。
    出典 :月経前症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 原因はなんですか?

     原因として、卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランス異常説、脳内のホルモンや活性物質の異常、ビタミンB6低下、精神的葛藤説、社会的不安説などが考えられています。最近では、黄体後期における卵胞ホルモンと黄体ホルモンの急激な低下が、脳内のホルモンや活性物質の異常を引き起こしていると考えられています。しかし、月経前症候群は一つの原因からではなく多くの要因から起こるといわれています。
    出典 :月経前症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • これってもしかして月経前症候群??気になるチェックリスト!!!

     

    生理前1~2週間くらいになると、こんな症状がありませんか?
    □生理前になると、「うつ」っぽくなり落ち込む。
    □イライラする。(怒りっぽくなる、攻撃的になる。)または、不安になる。
    □情緒不安定になる。(悲しくなったり、泣きたくなる。)
    □ひきこもりになる。
    □自分をコントロールできない。
    □判断力・集中力が低下して、仕事でミスをしてしまう。
    □カラダが重い・だるくなる。
    □異常に、眠くなる。
    □食欲が増して、とくに甘い物とかをたくさん食べる。
    □下腹部が痛い・重い・張る。
    □乳房が張る・痛い。
    □頭が痛い、重い。
    □手足や顔が、浮腫む。

  • これらで、1つでも当てはまる項目がありますか?思い当たる項目があれば、あなたも「PMS(月経前症候群)」かもしれません。
    PMSには「身体的な症状」や「精神的な症状」など、150以上の症状があると言われていて、排卵後~月経開始くらいまでの期間に限定して起こります。
    閉経前の女性の8割に何らかの症状を感じたことがあると言われ、欧米では裁判の減軽理由の1つになっているほど、一般的な病気なんです。
    出典 :PMS治療でつらい症状改善ナビ
  • 生活習慣を改善して月経前症候群を予防しましょう!!!

     

    実は日々の「食事・生活習慣」が結び付いているのだそうです!!!
    まずは生活習慣の見直しから始めましょう!!!

  • 1、脂肪の多い食材を減らす
    乳製品、赤身の肉、ピーナッツ製品、マフィン、ピザなどといったトランス脂肪の高い食品を摂り過ぎないようにしましょう。魚、大豆、鶏肉、七面鳥、卵、アーモンド、オリーブなどの健康的な油分の含まれた食材を中心に摂取して下さい。脂肪ではなく良質的なタンパク質をメインに。
    出典 :月経前症候群を改善するために心がけたい5つの生活習慣 | Pouch[ポーチ]
  • 2、抗炎症サプリメントを摂る
    EPA/ DHAのサプリメントがオススメです。またウコンにも抗炎症効果があります。寝る前または食前30分前か食後2時間後に摂ると良いでしょう。理想的なのは1日にサプリメントを1~3錠、ウコンを1000~1500mg摂取すること。良質な魚のオイルを摂ることが重要です。
    出典 :月経前症候群を改善するために心がけたい5つの生活習慣 | Pouch[ポーチ]
  • 3、食物繊維を多く摂る
    腸の機能を改善するために食物繊維をしっかり摂りましょう。レンズ豆、ひよこ豆、野菜や果物を意識して摂取したいもの。もし食物繊維の含まれたサプリメントを摂るなら、オオバコの使われていないものが良いでしょう。抗生物質と同じく、消化管に良くない影響を与えることがあるためです。
    出典 :月経前症候群を改善するために心がけたい5つの生活習慣 | Pouch[ポーチ]
  • 4、整腸作用のあるものを摂る
    乳酸菌やビフィズス菌などの整腸作用のあるサプリメントを摂りましょう。適量のビタミンを摂取し、免疫力をキープするためには不可欠な物質です。1錠あたり15億個の乳酸菌が入っているタイプのものがオススメです。空腹時に2錠飲むようにして下さい。
    出典 :月経前症候群を改善するために心がけたい5つの生活習慣 | Pouch[ポーチ]
  • 5、ストレスを減らす
    ストレス管理はかなり重要です。慢性的なストレスが続くと女性ホルモンの一種であるプロゲステロンが減少し、月経前緊張や痛みが引き起こされます。プロゲステロン分泌量の低下とともに卵巣機能も低下します。チェストベリーというハーブはプロゲステロンの分泌を助けるのでオススメです。
    出典 :月経前症候群を改善するために心がけたい5つの生活習慣 | Pouch[ポーチ]