膀胱癌の治療方法ってどんな方法なの??手術以外にも方法があるの???

膀胱癌の治療方法にはいったいどんな方法があるの???
手術をする以外にも方法はあるの???

view118

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱癌って一体どんな病気なの???

  • 膀胱癌とは???

     

    膀胱癌って聞いたことあるけど実際はどんな病気なの???

  • 膀胱は尿をためる袋状の臓器で、移行上皮という粘膜で裏打ちされています。
    膀胱癌とはこの粘膜より発生する癌です。
    発生する癌の種類としては移行上皮癌が最も多くみられます。男性は女性の3倍、喫煙者は非喫煙者の2~3倍の発生率といわれています。歴史的には染料を扱う職業に多く発症したことが知られています。
    出典 :膀胱がん|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • どんな症状が出てくるの??

     

    血尿などが出た時は要注意です!!!

  • ある日突然、おしっこをすると便器が真っ赤!
    真っ青になって様子を見ていると、次からのおしっこは無色透明!
    ”まあ痛くも痒くもないし、一回だけやし、ちょっと無理したのかな? 大丈夫やろ!”
    本当に大丈夫でしょうか?答えは”ノー”です! もしかしたら、大変な病気のサインかもしれません。
    その病気は”膀胱がん”
    出典 :症状のない血尿は大丈夫? : 宇都宮医院の日記
  • 尿が近くなる(頻尿)や排尿後の不快感、尿の我慢がきかない、といった膀胱炎を思わせる症状を訴えることもあります
    出典 :症状のない血尿は大丈夫? : 宇都宮医院の日記
     

    抗生物質での治療を行っても効果が無い時などは膀胱がんの可能性もあります!!!
    注意しましょう!!!

  • 膀胱癌の診断はどうやって行うの???

  • 尿検査などを行います!!!

     

    尿検査や内視鏡などの検査を行って診断を行います!!!

  • 尿検査  血尿や尿中癌細胞の有無を調べます。
    内視鏡検査  尿道よりカメラを挿入する検査です。肉眼的に腫瘍の有無を確認でき、生検と呼ばれる組織検査をすることもできます。
    超音波(エコー)検査 腫瘍の有無を確認することに優れた侵襲性がない検査です。
    レントゲン検査  造影剤を静脈内に注入し、尿路を造影します(排泄性尿路造影)。
    膀胱癌の部位や腎盂尿管癌の併発を確認できます。
    出典 :膀胱がん|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • 膀胱癌の治療法って一体どんな方法があるの??

  • 膀胱癌の治療方法には色々な種類があります!!!

     

    手術以外にも様々な治療法があるのです!!!

  • 放射線療法
    放射線を膀胱癌に照射し治療します。体力的に手術が厳しい場合や膀胱を温存したい際行われます。
    出典 :膀胱がん|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • 化学療法(抗癌剤治療)
    転移がある場合やその可能性が高い際抗癌剤を投与します。
    膀胱の温存治療として膀胱腫瘍の動脈内に抗癌剤を注入する動脈注入療法が行われることもあります。
    出典 :膀胱がん|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • 膀胱内注入療法(抗癌剤、BCG)
    内視鏡手術のあと癌の膀胱内再発を防ぐために行われます。
    抗癌剤よりBCGの方が有効といわれていますが、激しい膀胱炎症状を伴う場合もあります。
    出典 :膀胱がん|癌(がん)|東京女子医大泌尿器科
  • 手術にはいくつかの種類があります!!!

     

    どんな方法で手術を行うのでしょうか???

  • 電気メスによる経尿道的切除術(TUR):
    膀胱鏡(細くライトのついたチューブ)を尿道から膀胱内に挿入します。そのあと先端に小さな輪のついた器具でがんを切除したり、高エネルギーの電気を通して腫瘍を焼き除きます。これは高周波療法としても知られています。
    出典 :膀胱がん|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)
  • 根治的膀胱全摘術:
    膀胱およびがんを含むすべてのリンパ節、隣接器官を摘出する手術です。この手術は膀胱がんが筋肉壁に浸潤している場合、または表在性がんが膀胱の大部分に浸潤している場合に行われることがあります。男性では、摘出される隣接器官は前立腺と精嚢であり、女性では、子宮、卵巣および腟の一部が摘出されます
    出典 :膀胱がん|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)
  • 膀胱部分切除術:
    膀胱の一部を摘出する手術です。この手術は、膀胱壁まで浸潤しているものの膀胱の1つの領域のみに限局している低悪性度腫瘍を有する症例に対して行われることがあります。膀胱のほとんどが無傷で残ることから、この手術から回復後、普通に排尿することが可能です。
    出典 :膀胱がん|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)
     

    普通に排尿が出来るのは嬉しいですよね!!!