知っているようで知らない七五三のやり方とは?

七五三は昔から続いている祝いの行事ですが、やり方はちゃんとご存知ですか?

view105

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 七五三とは?

  • 七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事。天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力である。
    出典 :七五三 - Wikipedia
     

    江戸時代から続いているのですね。もっと前から行われていると思っていました。

  •  

    主役はあくまでもお子さんですので、それを忘れないようにしましょう。

  • いつやるの?

  • 11月15日にお参りをする理由としては諸説ありますが、昨今ではこの日付にはこだわらず、早くは10月から遅くても12月くらいにかけておこなわれています。また、混雑を避けて時期を外される方も少なくありませんし、寒冷地では早めに済ませるのが通例の様です。
    出典 :七五三|いつ?|とは?|着物や衣装は?|お参りはどこに?
     

    基本は11月15日のようですが、現在はそれにこだわる必要は無いみたいです。

  • 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ち、お祝いするしきたりです。
    出典 :七五三|意味や由来、豆知識|プリモードキッズ
     

    男の子と女の子では祝う歳が異なるのですね。

  • 3歳・・・男女とも髪を伸ばし始める ”髪置(かみおき)”

    5歳・・・男の衣服である袴を着る  ”袴着(はかまぎ)”

    7歳・・・女の子の着物帯の装い始め”帯解(おびとき)”
    出典 :七五三|意味や由来、豆知識|プリモードキッズ
     

    それぞれ意味があるのですね。

  • なお、年齢の数え方は数え年・満年齢のどちらでも構いません。
    出典 :七五三|いつ?|とは?|着物や衣装は?|お参りはどこに?
     

    意外と大雑把なんですね。もっとキチッと決まっていると思ってました。

  • どこでやるの?

  • お参りの先としては、お子さまが生まれた土地の守護神でおられる、氏神さまがまつられている神社にお参りするのがよいとされていますが、その地域の有名な神社にお参りされる方もおられます。
    出典 :七五三|いつ?|とは?|着物や衣装は?|お参りはどこに?
     

    近くの大きな神社でやるのが通常です。

  • 神社でのお参りの仕方

    通常のお参りと同じく、御手洗(みたらい)と呼ばれる水場で手や口を清めた後、拝殿の鈴を鳴らしお賽銭を入れ、二礼二拍一礼(二度おじきした後に二回拍手(かしわで)を打ち、さらにもう一度おじぎする)いたします。
    出典 :七五三|いつ?|とは?|着物や衣装は?|お参りはどこに?
     

    基本変わったことはしません。

  • 必要なものは?

  • 正式な服装は、3歳の女子は肩揚げをした着物に、帯を結ばず「被布」〔 ひふ〕という朱赤のベストのようなものを羽織ります。3歳、5歳の男子は紋つき羽織に仙台平〔せんだいひら〕の袴、7歳の女子は揚げをした本裁ちの着物にかかえ帯です。
    出典 :七五三|日本文化いろは事典
     

    以前はこのような正式な服装が多かったですね。

  • ただ現在では子供が晴れ晴れとした気分でいられるよう、疲れない服装、無理のないスケジュールで祝うことが多くの本で推奨されています。
    出典 :七五三|日本文化いろは事典
     

    今は形式にとらわれない格好をさせる親御さんが多いですね。ただし神社へ行くのですから奇抜すぎるのは目立つので止めた方が無難です。

  • 子供に持たせる千歳飴には、子供が元気によく成長するよう、また長生きするように、という願いがこめられています。
    出典 :七五三|日本文化いろは事典
     

    七五三の定番千歳飴にもちゃんとした意味があるのです。

  •  

    縁起ものですので、できれば用意したいところです。

  • 注意点

  • トイレについてです。これは着付けの直前に済ますようにしましょう。着物を着た状態でトイレに行くと、着崩れしてしまいます。
    出典 :当日の注意点 七五三事情
     

    着崩れると直すのが大変ですからね。

  • それから、飲み物を用意するのもいいのですが、その際には着物をなるべく汚してしまわないように、ストローの付いた水筒などを用意してあげるといいです。飲みやすいですし、服を汚してしまうことも少なくなります。
    出典 :当日の注意点 七五三事情
     

    ストロー付きだと汚れないし、子供もたくさん飲んでくれます。

  •  

    ストロー付きの水筒はかなり重宝します。