【妊娠しやすい体作り】授かり食材

授かり食材を紹介します。妊娠しやすい体作りのお役立てください。

view180

お気に入り お気に入り5

お気に入りに追加

  • 妊娠したいと思ったら、日々の体作りも大事です。
    出典 :妊娠したいと思ったら始めること、妊娠率を高める方法
  • 妊娠しやすい体作りをするためには、食生活に気をつけなければなりません。
    1日3回規則正しく食べるようにしましょう。
    栄養バランスのとれた食事をとり、食べ物で妊娠しやすい体を作りましょう。
    出典 :妊娠しやすい体作り、妊娠力をアップする
  • 授かり食材①温め効果アリ

  • しょうが、にんにくなど

     

    しょうがやにんにく、ねぎ、青じそなどの香味野菜は、体をあたためるさようがあります。いため物や汁物など、どんな料理に対してもアレンジしやすく使いやすい食材。冷えは妊活の大敵です。香味野菜をじょうずにとり入れて、あたため体質になりましょう。

  • 冷え性にはしょうがやとうがらし、にんにくなど、代謝を促す食材が有効です。
    出典 :妊娠しやすい食べ物
  • 授かり食材②葉酸たっぷり入っている食材

  • ほうれんそう、アボガド、ブロッコリーなど

     

    ビタミンB群の一つである水溶性ビタミンの葉酸。葉酸には細胞分裂やDNAに深くかかわり、胎児の健やかな形成にぶ澀不可欠な栄菱素です。葉酸を多く含む野菜(葉物野菜や緑色の濃い野菜)を意識的に摂取!

  • 抗酸化作用があるため、からだの老化防止や、卵子の若返りにも役立ちます。血流やホルモンバランスをよくする働きもあります。
    出典 :妊娠しやすい食べ物
  • 授かり食材③ホルモン力アップ

  • 黒ごま、ひじき、わかめなど

     

    生殖や妊娠、ホルモンンバランスにかかわりがある腎。東洋医学では、腎には「黒い食材がいい」と,いわれています。黒ごまやひじきなどの黒い食材に含まれるミネラルは,卵子の力を元気にする働きがあります。

  • 生理不順にはブラックなお食事がおすすめ
    出典 :生理不順
  • 授かり食材④腸内環境がととのう!

  • 納豆、ヨーグルトなど

     

    納豆やヨーグルト、みそなどの発酵食品は、脳内環境を改善する食材で有名です、腸内環境と妊活は一見無閏係のようですが、腸内に悪いものをためない(便秘解消)→きれいな血洫をキ一プ→内蔵の働きがよくなる→免疫力が上がる……と、妊活中にはうれしい作用が!

  • 授かり食材⑤植物性タンパク質は欠かせない

  • 大豆、アーモンドなど

     

    体をつくるための土台となる栄養素がタンパク質、ある調査では動勧性より植物性夕ンパク質の量をふやすと、排卵障書が原因の不妊症のリスクか減るというデータも出ているほど、妊活中には欠かせない食材です。手軽にとりやすい豆類やナッツ類をじょうずに活用

  • ビタミンEを摂取すると運動精子数が増加するといわれますので、女性だけでなく男性も同時に摂取すると良いでしょう。さらに、精子の数が増加するともいわれていて、受精の確率を高めることが期待できます。
    出典 :不妊に効く「ビタミンE」。 別名、生殖ビタミン!積極的にとりたい栄養素。