知って安心!授乳中ママは食事に気をつけよう!

授乳中のママにとって、食事は自分だけのためではありません。ベビーに与える影響を考えて、食生活を考えましょう!

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ママの努力がおいしい母乳を作る

  • ひとくちに“母乳”と言っても、赤ちゃんにとって「おいしい母乳」と「まずい母乳」があるそうです。
       「ママが食べたものがそのまま出る」といっても過言でないほど、母乳の味はママの食事に左右されます。
    出典 :ママの食事について
  • 大切な赤ちゃんには、おいしい母乳を飲ませたいですね!

  • おいしい母乳

     

    赤ちゃんにはおいしい母乳を飲んでほしいですね!そのためにはママの努力が必要です。アルコールやカフェインが含まれる飲み物もできるだけ控えましょう。

  • 脂肪分の多い食事・糖分の多い食事などをすると、すぐにおっぱいがべとー(普通はさらー)となって詰まりやすくなります。また、刺激物などもおっぱいに出てしまうので、まずいおっぱいになり、赤ちゃんが飲むのを嫌がるようになります。特に、中華料理やイタリア料理などは気をつけた方がいいそうです。
    出典 :おでびびはうすへようこそ! 母乳育児(授乳中の食事に関する注意事項)
  • 和食が理想的だそうです。

  • 授乳中の食事

  • 食事は、和食を食べるのが一番よく、さらに旬の食材を食べることで、栄養価の高い食生活を送ることができるでしょう。
    このようなバランスの良い食事からおいしい母乳が作られます。
    出典 :母乳で赤ちゃんを育てる場合の注意点
  • 特にタンパク質、カルシウム、鉄、ビタミン類などの栄養素を取ることが母乳育児では必要です。
    出典 :母乳とママの食事
  • 授乳期栄養所要量は2500キロカロリー、たんぱく質80g、鉄20mgが記されています。これはアスリート並の食事と同じなのです。育児労働と授乳はまさに運動選手並という事になります。
    出典 :助産師が推奨する母乳育児に良い食事・食べ物・食べ方
  • 授乳中はたくさん食べよう

     

    母乳によい食品を選んで、たくさん食べましょう。

  • 授乳中の食事で気をつけたいこと

  • 乳製品については、全般的にできるだけ摂取しないほうが良いといわれています。カルシウム補給の為に積極的な摂取をすすめられますが、あまり摂りすぎているとおっぱいが詰まり気味になってしまうのです。これは母乳の出を悪くする原因の一つにもなっています。また、アレルギーを誘発することにもなりますので注意が必要です。
    出典 :母乳育児にダメな食べ物|完全母乳育児
  • そしてお菓子や油分の多い食生活を送っていると、乳管が詰まってしまう可能性がありますので気をつけましょう。
    乳管が詰まると、乳腺炎を引き起こす可能性があります。
    出典 :母乳で赤ちゃんを育てる場合の注意点
  • 油っこい食事やお菓子が好きな人は、食事制限が大変かもしれません。しかし、赤ちゃんのためにも授乳期は、母乳によい食生活を心がけてみてはいかがでしょうか。