気になる!?「心サルコイドーシス診断」の方法とは!

心サルコイドーシス診断はどのようにして下されるのでしょうか!?気になる事を集めてみました

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • サルコイドーシスの定義

  • サルコイドーシスは原因不明の他臓器疾患である。若年(20~30代)と中年40~50代)に好発し、両側肺門リンパ節、肺、 眼、皮膚の罹患頻度が高いが、神経、筋、心臓、腎、骨、消化器などの臓器も罹患する。特に治療上注意すべき臓器は眼、肺、心、神経、腎などquality of life や予後に関係する臓器の障害は十分な管理が必要である。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
     

    心臓にできるのが心サルコイドーシスというわけですね。

  • 発症率には地域差があり北に多く南に少ない。我が国の推定有病率は人口10万対7.5~9.3で、罹患率は平均0.7である。
    出典 :難病情報センター | サルコイドーシス(公費対象)
     

    罹患率はそれほど高くない数字に見えますね。

  • 心臓のサルコイドーシスは危ない

  • 稀ですが、生命の危険を伴うものとして心サルコイドーシスがあります症状は不整脈です。特に致死的不整脈とされる心室性不整脈での頻脈には注意が必要です。
    出典 :サルコイドーシス/医学小知識
  • 確定診断には心臓カテーテルにより心筋の一部を採ってくる心筋生検が必要ですが、侵襲の少ない核医学心筋シンチなどの画像診断や他の部位での生検診断、心電図や24時間心電図の解析などから総合的に診断して治療をすることもできます。
    出典 :サルコイドーシス/医学小知識
  • サルコイドーシス

     

    ドイツでは5%に心サルコイドーシスの所見があったそうです。他に神経や筋肉などにも障害をきたすことがあります。また肝臓には高頻度に病変が存在すると言われていますが、症状を起こすことは稀です。

  • サルコイドーシス診断とは

  • この病気にかかっているほとんどの患者さんで、心電図検査の異常がみられます。心サルコイドーシスが疑われる場合、胸部単純X線検査やCTで「両側肺門リンパ節腫脹(しゅちょう)」や「縦隔(じゅうかく)リンパ節腫脹」という肺サルコイドーシスに特徴的な所見の有無が診断の手掛かりになることがあります。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 心エコー検査でみられる「心室中隔基部(しんしつちゅうかくきぶ)の菲薄化(ひはくか)(薄くなること)」という所見は、この病気に特異的な異常所見です。  ガリウムシンチグラフィなどのラジオアイソトープ検査もこの病気の診断に有用ですし、必要のある場合はカテーテルを用いた心筋生検が行われます。
    出典 :心サルコイドーシスの症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    不整脈の有無を調べるための24時間心電図検査も重要な検査だそです。

  • 基準は沢山ある

  • 1 胸郭内病変 (a) 胸部X 線・CT 所見(両側肺門リンパ節腫脹BHL ,びまん性陰影,血管・胸膜の変化など) (b) 肺機能所見(%VC ・DLco ・PaO2の低下) (c) 気管支鏡所見(粘膜下血管のnetwork formation,結節など) (d) 気管支肺胞洗浄液所見※1 (総細胞数・リンパ球の増加,CD4 /8上昇) (e) 胸腔鏡所見(結節,肥厚,胸水など)
    出典 :サルコイドーシスの診断基準
  • 2 胸郭外病変 (a) 眼病変※2 (前部ぶどう膜炎,隅角結節,網膜血管周囲炎など) (b) 皮膚病変(結節,局面,びまん性浸潤,皮下結節,瘢痕浸潤) (c) 表在リンパ節病変(無痛性腫脹) (d) 心病変※3(伝導障害,期外収縮,心筋障害など) (e) 唾液腺病変(耳下腺腫脹,角結膜乾燥,涙腺病変など) (f) 神経系病変(脳神経,中枢神経障害など)
    出典 :サルコイドーシスの診断基準
  • (g) 肝病変(黄疸,肝機能上昇,結節など) (h) 骨病変(手足短骨の骨梁脱落など) (i) 脾病変(腫脹など) (j) 筋病変(腫瘤,筋肉低下,萎縮など) (k) 腎病変(持続性蛋白尿,高カルシウム血症,結石など) (l) 胃病変(胃壁肥厚,ポリープなど)
    出典 :サルコイドーシスの診断基準
  • 3 検査所見 (a) ツベルクリン反応陰性 (b) γ グロブリン上昇 (c) 血清ACE 上昇 (d) 血清リゾチーム上昇 (e) 67Ga 集積像陽性(リンパ節,肺など) (f) 気管支肺胞洗浄液の総細胞数・リンパ球増加,CD4/8上昇
    出典 :サルコイドーシスの診断基準
  • サルコイドーシスの

     

    治療はステロイドを用いる事になります。もしそうなったときの事もしっかり頭にいれて副作用についても知っておくと良いでしょう。診断基準はまだまだあるので、リンクに置いておきます。