低糖質ダイエットが効果抜群と話題!

低糖質ダイエットが効果抜群だって話題になっています。今、この波に乗る時では!?

view165

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 低糖質ダイエット、知ってる?

  • 食生活の習慣を変えて太りにくくなろう、というダイエット方法です。一気に糖質(炭水化物)の摂取量を減らし、代わりに炭水化物や脂質を摂ることで血糖値の急上昇を抑えます。ダイエット後も体重維持のため低糖質の食事を続けます。
    出典 :みるみる痩せると評判!低糖質ダイエット | スキンケア大学
  • 炭水化物は太るの?

  • 炭水化物って、なにかとダイエットの敵にされていますよね。でも、じつは炭水化物=悪者ではありません。

  • 炭水化物を全く食べないと、一時的に痩せられても、健康を損ねたり太りやすい体質になって逆効果に・・・炭水化物は3大栄養素の一つで、身体にとって絶対に必要なもの。
    出典 :美食女子は知っておいて損はない!太りやすい炭水化物ランキング | 美容ブログ [女性の美学]
     

    炭水化物は、分解吸収される時に糖になります。これは脳や体を動かすためのエネルギー。つまり、炭水化物は私たちが生きていくために絶対に必要な栄養素の一つなのです。

  • ただし、エネルギーとしてすぐ使われてしまう分、使わないで摂取ばかりしていると、すぐに脂肪として蓄えられてしまう。だからこそ、必要最低限の糖質に抑えようというのが正しい糖質制限ダイエットです。

  • どうやってするの?

  • 最初の14日間【インダクション:低糖質期】は、極端に糖質の摂取を制限します。ごはん、麺類、パンなどはすべてNGです。また、野菜の中でもじゃがいも、かぼちゃ、さつまいもなど糖質を多く含むものもNG。さらに果物、牛乳、お菓子、アルコールもNGです。基本的に葉野菜、肉、魚を食べます。
    出典 :みるみる痩せると評判!低糖質ダイエット | スキンケア大学
     

    まずは、慣れましょう。体は慣れないことをするとすぐにびっくりしてしまいます。ですが、慣れればその状態でも健康を保つように働いてくれるのです。

  • 次に、【オンゴーイング:低GI期】です。「まだ体重を落としたい」と思っている時期です。上記のうち柑橘類、ベリー類、食物繊維の多い野菜がOKになります。低GI(グリセミック・インデックス)値の食品を食べます。
    出典 :みるみる痩せると評判!低糖質ダイエット | スキンケア大学
     

    ここで重要なのは、GI値。同じ糖質、炭水化物でも、血糖値の上がりやすさは違います。

  • 人間は、食べると血糖値が上がります。そして、血糖値が下がると空腹を感じます。そう、ダイエットの天敵である空腹感を抑えるためには、できれば血糖値の上昇がゆるやかな低GI食品を食べる方が良いのです。難しいことではありません。うどんの代わりにおそばを食べるだけ、といった話です。

  • 最後に、【メンテナンス:維持期】です。目標体重になったあとも、糖質控えめの生活を心がけて、柑橘類、ベリー類、食物繊維の多い野菜を多く摂るようにして下さい。ジャンクフードなど、明らかに太りそうなものは避けて下さい。
    出典 :みるみる痩せると評判!低糖質ダイエット | スキンケア大学
     

    どんな食事でもそうですが、大切なのはバランスです。脂肪分ばかり食べれば太ります。糖質を全く摂取しないような生活をすると、脳や体に必要な分の栄養すらまかなうことができず、骨などがどんどんもろくなっていってしまうのです。

  • 低糖質ダイエットを成功させるために

  • 食事の前半に野菜を摂る
    野菜を最初に食べることで血糖値を上げにくくします。約60gほどでも効果があります。油を使って調理してもかまいません。なお、野菜は一日350gの野菜を食べることを目標にしましょう。
    出典 :低糖質ダイエットのウソホント [食事ダイエット] All About
     

    最初にやさいを食べることで、吸収をおだやかにすることができます。

  • 食物繊維をたっぷり摂る
    毎食の食事に、海藻やイモ類やキノコ類、野菜類などを組み合わせましょう。
    出典 :低糖質ダイエットのウソホント [食事ダイエット] All About
     

    食物繊維は、お腹の調子を整えると共に、余分な脂肪などの吸収を抑えてくれる優れもの。それに、食物繊維は消化されにくいので、満腹感も持続します。

  • 低糖質ダイエットは、一歩間違うと健康被害を起こしてしまうダイエットです。ただ、きちんと栄養素の計算が出来るようになれば、ムダなエネルギーを摂取せずに賢く痩せられるダイエットなのです。