ご存知ですか?女性独特の歯周病があることを!

女性独特の歯周病があることをご存知ですか?また、女性独特の合併症があることを。ママになる予定の方は必ず読んでください。

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性独特の歯周病

  • 思春期、少女が女性への階段を上り始めます

  • ・女性ホルモンの影響
    思春期や妊娠期、および月経時にしばしば見られる歯肉の著しい炎症症状や、歯肉の増殖性変化は、血液循環中の女性ホルモンの濃度が上昇し、歯肉溝に到達することで誘発されます。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)と全身との関係:北野歯科医院
     

    女性には男性とは異なった遺伝的背景やホルモンの相違があり、そのような歯周病は女性に多く現れます。

  • 妊娠性歯肉炎

  • 妊娠で女性ホルモンの分泌が増えます

  • 一般に妊娠すると歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。これには女性ホルモンが大きく関わってくるといわれており、特にエストロゲンという女性ホルモンがある特定の歯周病原細菌の増殖を促すこと、また、歯肉を形作る細胞がエストロゲンの標的となることが知られています。
    出典 :日本臨床歯周病学会
  • これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30倍になるといわれており、このため妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるのです。
    出典 :日本臨床歯周病学会
  • 基本的には歯垢が残存しない清潔な口の中では起こらないか、起こっても軽度ですみますので、妊娠中は特に気をつけてプラークコントロールを行いましょう。 油断すると出産後に本格的な歯周病に移行する場合もありますので、注意が必要です。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)と全身との関係:北野歯科医院
  • 歯周病と低体重児早産

  • 妊婦における早期低体重児出産の危険率

  • なかでも妊娠している女性が歯周病に罹患している場合、低体重児および早産の危険度が高くなることが指摘されています。
    出典 :日本臨床歯周病学会
  • 歯肉の血管から侵入した歯周病原性細菌やサイトカインが血流に乗って子宮に達すると、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる可能性があります。最近の報告によると、歯周病にかかった妊婦さんに低体重児出産が起きるリスクは健常者の4.3倍程度と言われているのです。
    出典 :歯周病が及ぼす全身への影響 | 日本歯科衛生士会
  • 歯周病は治療可能なだけでなく、予防も十分可能な疾患です。
    生まれてくる元気な赤ちゃんのために、確実な歯周病予防を行いましょう。
    出典 :日本臨床歯周病学会
  • 健やかな赤ちゃん誕生のために

     

    歯周病は治療できます。健やかな赤ちゃんを出産する為にも、妊娠を知ったら歯周病の検査を受けましょう。

  • 歯周病と骨粗鬆病

  • 多くの研究で、骨粗鬆症と歯の喪失とは関連性があると報告されています。
    したがって、閉経後の女性は、たとえ歯周炎がなくても、エストロゲンの減少により、歯周病にかかりやすく、広がりやすい状態にあると言えます。
    出典 :日本臨床歯周病学会
  • まだ充分に解明はされていませんが、歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには、骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。
    出典 :歯周病が及ぼす全身への影響 | 日本歯科衛生士会
  • 骨粗鬆症の人は歯周病になりやすく、歯周病の人は骨粗鬆症を加速させやすい。歯周病と骨粗鬆症の負のスパイラルが起きます。閉経後の女性は歯周病に注意をしましょう。予防は歯磨きです。