適応障害の診断基準について

特定の出来事がとても辛く感じられて気分に障害が出た場合に、適応障害なのか?という診断基準が必要になってきます。

  • rinko 更新日:2014/04/11

view148

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 適応障害とは?

  •  

    仕事の効率もみるみると落ちていきます。

  • ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。
    出典 :適応障害|病名から知る|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
     

    行動面に症状が出始める前に正しく診断をしてもらう必要があります。

  •  

    病気であることを認識して医師や家族と共に克服できるように努めることが第一歩です。

  • 自分の環境適応能力や物事の処理能力が、新しい物事に及んでいないことも意味します。処理しきれない問題に立ち向かい続けると、心が疲れていき、問題は深刻になっていきます。適応障害は、そのストレス源になっている、いわばその人の根底にある問題そのものと向き合っていく必要がある障害、とも言うことができるでしょう。
    出典 :適応障害とは - 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~
     

    極力長期に同じ症状が続かないように早めに専門医の診断が不可欠になります。

  •  

    適応障害の診断基準に照らしてチェックしてみてください。

  • 適応障害は、新たな環境、長きに亘る困難な状況などに適応力や気力が及ばなく、それ故に身体症状や精神症状が出てくる障害です。普段の生活の中で、人間誰もが、人生における大きな「出来事」「経験」「事件」などに直面することがあります
    出典 :適応障害とは - 適応障害 ~とても身近なストレス性疾患~
     

    本人には辛く重い症状なのです。

  • 適応障害の診断基準とは?

  •  

    ストレスに勝とうと思っても適応障害の人には手立てがありません。だからこそ専門的な治療が必要になります。

  • はっきりと確認できるストレス因子に反応して、そのストレス因子の始まりから3カ月以内に情緒面または行動面の症状、それらの症状や行動は臨床的に著しく、以下のいずれかにあてはまる(1)そのストレス因子に暴露された時に、予想を超える苦痛が起きた(2)社会的または職業的機能の著しい障害を伴う
    出典 :適応障害の診断チェック(診断基準)
     

    適応障害の判断基準のその1

  • ストレス関連性障害は、他の特定の精神的な病ではなく、既に存在している精神的な病または人格障害の単なる悪化でもない。症状は、家族や親しい人との死別反応ではない。そのストレス因子が無くなると、症状が6カ月以降持続することはない。
    出典 :適応障害の診断チェック(診断基準)
     

    知らず知らずのストレスで適応障害になっている場合も多いのです。

  • 適応障害の顕著な症状

  •  

    無理をしないで少し休息をすることも治療の一環になります。

  • ストレスになった出来事や人間関係について、不安や心配で心がいっぱいになります。しかし、適応障害の人は、不安や心配をどうすることもできないと感じ、苦しみます。ストレスになった出来事がいつまでも頭から離れず、不安や心配が続けば、全般性不安障害と診断されることがあります。
    出典 :適応障害の症状:不安
     

    いずれにしてもは早めの対処が必要になります。