妊婦が予防接種はありなのか?赤ちゃんの安全性に配慮したい

妊娠が予防接種する方法は可能なのでしょうか?また、赤ちゃんへの安全対策とは?どんな時に予防接種が必要かもまとめました。

view126

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠前に予防接種しておいたほうが良いこと

  • できれば妊娠中は予防接種は避けたいため、妊娠を考えている方は事前に予防接種を受けると良いでしょう。特に風疹にかかったことが無い方は考える必要があります。

  • 風疹にかかったことが無い方は注意

     

    妊婦が風疹にかかってしまうと、胎児への影響が予想されます。

  • とくに妊娠20週頃までの女性が風疹に感染すると、赤ちゃんの目や耳、心臓などに障害が出る可能性があるのです。
    出典 :妊娠を考えるならなるべく早くしておきたい3つのこと【予防接種】|ゼクシィnet
     

    赤ちゃんの障害に繋がるため見逃せません。

  • 風疹にかかっても免疫がないことも

  • 風疹に一度かかっていても、免疫が弱いことがあります。

  • 子供のときの予防接種の受け方が大きく影響しているんです。女性でも、ある年齢層においては抗体を持っている人が少ないんです。
    出典 :妊娠を考えるならなるべく早くしておきたい3つのこと【予防接種】|ゼクシィnet
     

    女性でも抗体が十分では無い人もいる。

  • 妊婦のインフルエンザ対策

  • インフルエンザは感染症の一つですから、妊婦も防ぎたいと思うでしょう。でも妊娠中に予防接種をしても良いのでしょうか?

  • 効果的な抗インフルエンザウィルス薬も開発され発症初期(症状発現後48時間以内)に服用を開始することにより症状を軽減させる効果も期待できるようになりましたが、妊婦や授乳婦人に対してはその使用を制限せざるを得ません。したがって、ワクチンによる予防が大切と考えられます。
    出典 :妊婦のインフルエンザ
     

    薬を飲まないために予防策としてワクチンを打つ考え方もあります。

  • 妊婦は予防接種を受けられないのか?

  • 妊婦は基本的には予防接種はすすめられていません。

  • 妊娠中の女性は予防接種が受けられない
    出典 :風しんについて|厚生労働省
     

    厚生労働省ではすすめていません。

  • 妊婦の感染症予防対策について

  • 人ごみを避けることで予防できます

     

    感染症を引き起こすとみられる人ごみは避けましょう。

  • まとめ

  • 赤ちゃんの先天性の問題が発生しやすい感染症の場合は、妊娠前に予防接種するのがおすすめです。不可能なら人ごみを避けるなど感染を予防しましょう。