「最新歯周病治療」はどういったものがある?

「最新歯周病治療」はどういったものがあるのでしょう??出来るだけ詳しくまとめてみたので参考にしてくださいね!!!

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 最新歯周病治療は色々ある

  • GTR法

  • この20年間で歯周病治療に新しく導入された方法に、GTR法があります。平成20年度の保険改定でやっと保険導入されました。これはGuided Tissue Regeneration法の略で、日本語では歯周組織再生誘導法または歯周組織再生療法と呼ばれるもの。
    出典 :最新歯周病治療
     

    この方法は本当に最新治療になっているのです

  • 歯周病で失われてしまった歯の周りの骨(歯槽骨)や歯肉などの組織を元に戻すために、手術をおこなう際に遮断膜を応用します。歯と歯肉の間に膜(メンブレン)をはさんで隙間をつくり、そこに新しい組織=歯槽骨や歯根膜、セメント質の再生を誘導する方法です。
    出典 :最新歯周病治療
     

    こんな方法があるのですね

  • 残っている細胞が活躍する

     

    残っている歯根膜の細胞が隙間にやってきて大活躍する為、1~2年位かけて新しい組織を作り出すというものです!これは新しい便利な治療方法ですね

  • エムドゲインもある

  • 数年前から、日本でも新しい歯周組織の再生誘導薬としてエムドゲインと呼ばれる材料が使用されるようになりました。これは、GTR法のような膜ではなく、どろどろとした液体状で、歯周病の手術の際に歯の表面に塗ることで歯周組織を再生させる仕組みになっています。
    出典 :最新歯周病治療
     

    歯周組織を再生させてくれるのですね!

  • 新しい組織をつくり上げる期間は、膜を使う場合と同じく数ヶ月から一、二年程度。材料は、ブタの歯の基になる部分から抽出したエナメルマトリックスタンパク質(歯が生えてくる際に歯の形をつくるために使われる)が主成分
    出典 :最新歯周病治療
     

    テクニックはそこまで必要ないそうなので、簡単になったという事ですね

  • 現在の歯周病治療の問題点をしっかり知っておこう

  • •健康な状態の口腔内の微生物叢の研究がない。口の中はどんなに健康な人でも無菌状態ということはありません。しかし、これくらいの細菌の数、種類なら安全という目安は必要だと考えられます。
    出典 :最新の歯周病治療:立川市の地域密着型・立川歯周病研究所は院内感染対策、予防歯科にとりくむ患者さんの立場に立った医院です
  • •歯周病菌を減らさずに、いきなり歯石を取ったり、歯茎の掃除をしている。 歯周病菌は心臓病や糖尿病など、内科的な病気と密接な関係があり、細菌を減らさずに、出血させて、歯や歯茎の掃除をする事は危険である。これは消毒しないで、外科処置をするようなものです。
    出典 :最新の歯周病治療:立川市の地域密着型・立川歯周病研究所は院内感染対策、予防歯科にとりくむ患者さんの立場に立った医院です
  • •感染症であるのに、どこから感染するのか研究がない。 歯周病は感染症です。他の人から感染するのです。•歯周病菌とカンジダ(真菌)との相互作用についての研究が不足している。
    出典 :最新の歯周病治療:立川市の地域密着型・立川歯周病研究所は院内感染対策、予防歯科にとりくむ患者さんの立場に立った医院です
     

    このような事が問題点として挙げられますね

  • 基本的な治療方法

  • このように

     

    歯周組織が壊れて、歯周病が発生します!画像は参考なので、クリックして拡大してみてくださいね!!!

  • 歯周病の進行の程度にかかわらず、初めに行われるべき治療が歯周基本治療です。 原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病の治療方法
     

    これに加えて最新治療を施すという事になります!参考にして是非チャレンジしてみてくださいね