ダイエットに失敗する理由は何でしょうか?

ダイエットに失敗する理由はどのようなものがあるのでしょうか?
他人失敗談をもとに、どのようなことをしたから失敗したのかをしれば、きちんと理解をしておけば、自身のダイエットの成功につながると思います。
ダイエットに失敗する原因とはいったいどのようなことなおでしょうか。

view78

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 身体の不調とダイエットの失敗

  • 体が拒否反応を起こす。

    急に厳しいダイエットを始めると、体が抵抗し、イライラ、頭痛、疲労感、消化不良、集中力の減退などの拒否反応の症状を見せます。
    出典 :だからいつも続かない!ダイエットが7日以内に失敗する5つの理由
     

    このような拒否反応が起こるのは、身体に十分な栄養がいっていないからでしょう。
    身体が拒否反応を起こしていますと、普通の生活を送るのも難しくなりますので、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。
    また、栄養不足の状態が続きますと、痩せにくい体質変わる可能性がありますので、ダイエットに成功しても、失敗して途中で断念しても、リバウンドのせいでさらに太ってしまう可能性もあります。

  • 空腹感に負ける

    食事をした後すぐ、空腹感を感じませんか? 慢性的な空腹感は、栄養のバランスが取れいていない証拠。空腹だと体がエネルギーを蓄えて体を守ろうとするため、かえって体重が落ちずにダイエットには逆効果です。
    出典 :だからいつも続かない!ダイエットが7日以内に失敗する5つの理由
     

    食事をしても、空腹感によって間食をついつい摂ってしまうことがあります。
    バランスのとれた栄養をとらなければ、身体は満足をしません。
    この空腹感の状態が続きますと、身体は食物から摂取したエネルギーを、脂肪として蓄えるようになります。
    つまり、太りやすい体質となるわけです。
    このような空腹感に負けて、ダイエットをやめたという方々は、食事制限をおこなっている可能性が高く、食事制限によって痩せた方は、まず間違いなくリバウンドをしますので、気をつけましょう。

  • 空腹感に襲われるのは普通のことですが……

     

    食事を摂った後にも関わらず、空腹感に負けるというのは、栄養が不足している可能性が非常に高いといえます。
    栄養が不足しますと、なんとかして摂取しようとしますので、空腹感があまりにも続く場合は、ダイエットは断念をするべきです。
    空腹感がある状態を我慢して無視し続けても、今度は太りやすい体質になってしまうので、リバウンドとダイエットの繰り返しをし続けなければいけません。

  • プレッシャーに負ける

    いっしょに食卓を囲んだ家族や友人から「やせる必要なんてないんじゃない? もっと食べなよ!」と言われ、罪悪感を感じた経験はありませんか? 友人同士で一緒に食事をすると、普段よりたくさん量を食べてしまうそうです。
    出典 :だからいつも続かない!ダイエットが7日以内に失敗する5つの理由
     

    友人や家族達からの、悪意の全くない嫌がらせですね。
    このような場合、どんなに気が強い方でも、場の空気を読んで食べ物を食べなければいけない、と思い食べるというのがよくあります。
    場の空気を読み、和を尊ぶという日本人ならではのダイエットの失敗談ですね。
    食べなければ、周りのものが無用に心配しますし、食べるまで周りからの攻勢もやむことはありません。
    迷惑な話ではありますが、このような場合は、諦めて食べるのが最良ですね。

  • 感情が邪魔をする

    人間というものは、安心感を得るために食べることも多いもの。また誰かを喜ばせたり、悲しんでる人を慰めるために食べ物を作ったりと、食と感情は切り離すことが難しい関係なのです。
    出典 :だからいつも続かない!ダイエットが7日以内に失敗する5つの理由
     

    誰かのために食事を作ったり、安心をするために食事をしたり、様々な理由はあります。
    しかし、食べ物を食べて、気持ちを落ち着かせる方法があります。
    ダイエット中に感情が邪魔をして食べ物を食べてします方は、知らず知らずのうちにストレスをためている可能性があります。
    ストレスが溜まる理由は様々ありますが、無理な食事制限や厳しい運動を自分に課していますと、そのストレスに負けて、大食いをしてしまう可能性があります。

  • 1.ダイエット法に半信半疑
     2.仲間がいない
     3.飽きる
     4.難しい
     5.努力の成果がすぐに出てこない
     6.楽しくない
     7.目的と目標があいまい
     8.高額な費用がかかる or 費用が全くかからない
    出典 :ダイエットの科学 > ダイエットに失敗する理由
     

    ダイエット法に半信半疑の場合は、新しく出たダイエット法を試してしまいがちです。
    それに、半信半疑でモチベーションが上がりませんから、やむを得ないことです。
    また、同じダイエットを継続しておこなわないので、効果を実感することができないのでしょう。
    飽きるとか難しいとか、努力の成果がすぐにでないのは、楽しくないのは、モチベーションが上がらず、ダイエットに失敗する要因になってしまいますね。

    高額な費用のかかるダイエット法は、わざわざ機具を購入しておこなうものではありません。
    まったく費用がかからないのは、簡単に始められますが、簡単にやめることもできちゃうので、問題ですね。

  • ダイエット後のリバウンド

  • ダイエット後にリバウンドをしてしまうのは?

     

    ダイエットをしたのに、あっという間に太った、つまりリバウンドをしたという方々は、ダイエットの仕方に失敗しているのです。
    特にダイエットで、1食抜いたりだとか、栄養バランスが偏るが単品のものを食べ続けたりすると、ダイエットを止めて、元の食事のサイクルに戻しますと確実に太ります。
    これは細胞レベルで飢餓の状態にあることが原因であると考えられます。
    細胞が飢餓状態であると認識しますと、摂取されたエネルギーを蓄えることを前提に動き始めるのです。
    こうなってしまいますと、普通よりも簡単に太ってしまうのです。

  • 栄養不良になると必ずリバウンドします。人間の体は飢餓(栄養不良)状態になると、エネルギーを脂肪に置き換えて貯蓄を始めるからです。「食べない=やせる」は間違いです。「食べない=やつれる」が正しいのです。
    出典 :ダイエットの科学 > ダイエットに失敗する理由
     

    食べないとやつれるのは当たり前です。
    食べないでやせるということはありません。

  • リバウンドを起こしてしまう体の状態は決して健康とは言えません。当たり前ですよね。健康だったら急激に体重が増えるわけありませんから。結論を言います。リバウンドをしてしまう体は病的な状態です。
    出典 :ダイエットの科学 > ダイエットに失敗する理由
     

    リバウンドを起こしやすい体質とは、栄養不足の飢餓状態なわけです。
    このような状態は、とても健康な状態とはいえません。
    健康のためにダイエットをするのですから、不健康になっては本末転倒です。