蜂に刺されたらどんな薬を使えばいいの?!

蜂にさされたら、病院に行くのは大事ですが、心配ですし、早いうち少しでも症状を緩和させる為にも薬を塗っておきたいですよね。

そこで、蜂に刺されたときに効果的な薬などを紹介していきましょう!

view75

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 蜂の毒は怖い!

  •  

    多くの蜂が毒を持っているというのは知っていますよね?

    蜂の毒はその蜂の種類によってはとても怖いんです。

  • ハチ毒はアミノ酸をベースにした化合物で,人に対して強い生理活性を持っています.成分は大きく分けてアミン類,低分子ペプチド,酵素類の3つの区分されます.
    出典 :ハチ毒の成分とその作用
  • 刺された時の激しい痛みはセロトニンやヒスタミンなどのアミン類や,ハチ毒キニンなどにより引き起こされます.スズメバチの毒成分には,他の生物毒に比べてセロトニンの量が多いことが特徴です.セロトニン含量が最も多いのは大型で攻撃性も強いオオスズメバチですが,濃度は”刺されると最も痛い”と言われているチャイロスズメバチが一番高くなっています.
    出典 :ハチ毒の成分とその作用
  • ハチの毒は、単一の物質ではなく、いろいろな作用をもつ化学物質がブレンドされたもので、研究者は「毒のカクテル」と呼んでいます。最近、ハチの毒の成分の分析が進み、一部のものについては化学的な構造がわかってきました。しかし、全体像は不明です。当然ハチの種類によって成分はことなります。
    出典 :ハチの豆知識
     

    蜂の毒はまだ解明されてない部分も多いんです。

  • ハチ毒に関しては、単なる毒作用ではなく、アレルギー反応がでる体質の人がいます。特に激しい反応はアナファラキシーショックと呼ばれ、命にかかわる場合もありますので、注意が必要です。
    出典 :ハチの豆知識
  • 刺された後の症状は個人差が大きく,またハチの種類や毒の量,刺された場所やその時の体調等によっても反応が異なります.一般的には激しい痛みと刺された場所が赤くなったり腫れたりします.このような即時型の反応はハチ毒中のヒスタミンやセロトニンなどのアミン類の直接作用によるもので,普通数時間程度で消失します.
    出典 :ハチ刺されと症状
     

    蜂の毒による症状は個人差や蜂の種類などによっても大きく変わってくるようです。

  • 蜂に刺されたらしておきたい処置

  • 蜂にさされたら、薬を塗るのも重要ですが、その前にきちんと処置をしておくことも大事です。

  •  

    まず最初に刺された箇所を洗い流しましょう。

  •  

    そして次に刺された箇所から蜂の毒を出来るだけ搾り出します。

    この時に口で毒を吸い出すのは口の中の傷や虫歯などから毒が身体へ入ってしまう可能性もあるのでしないようにしましょう。

  •  

    そして刺された箇所をしっかりと冷やしましょう。

  • そして少しでも症状を緩和させる為に薬を塗ります。

    蜂に刺された時に効果的な薬を紹介していきましょう。

  • 蜂に刺された時に効果的な薬

  •  

    蜂に効果的な薬は抗ヒスタミンや、ステロイド剤などが入ったものが良いでしょう。

  •  

    また、タンニン酸水も蜂に刺された時は効果的です。

  • 蜂に刺された時は、抗ヒスタミンやステロイド、タンニン酸水などが効果的ですが、毒が身体に入ってしまった以上は病院に行くのがベストですね!