治るうつと治らないうつの違い

うつ病と一言で言っても病気の原因や症状の深さで、治るうつと治るまでに時間のかかるうつ、治らないうつなど様々です。その辺から少し調べて見ましょう。

view376

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 治るうつと治らないうつとは?

  • うつ病の分類

     

    うつ病は2つに分類できます。

  • ①早期治療により、視床下部が少しのダメージの場合→早期(半年~1年)で完治は可能です。 ②うつ病になった後も、責任感が強い、頑張り屋、几帳面等でかなり無理をして、視床下部にかなりのダメージを受けただけでなく、脳全体の機能も損傷を受けてしまっている場合→長期で、重度のうつになります。
    出典 :うつ病はなぜ治らないか? | うつ病はなぜ治らないのか?
  • 現在、うつ病について、事前知識のある人は、いないといっても過言ではありません。自分がうつ病になってから、こういう病気だと把握できるようになります。だから、うつ病になり始めた時に、すぐに病院いくこと、休養することが大事だとわからず、無理してしまう人が、一番ひどく重度のうつ病に陥ってしまうことになります。そういう上記②の人たちは、もはや抗うつ剤では完治することはありません。
    出典 :うつ病はなぜ治らないか? | うつ病はなぜ治らないのか?
  • 抗うつ薬が効かないとき

     

    抗うつ薬が効かないときどう考えたらいいのだろう。
    反応しないタイプの人であるーnon responderー代謝の予測も含めて、判断は難しい。
    難治性ー治療抵抗性であるーこれも軽々に判断できないとある。

  • 薬の量が少ないー当然増やす方向を要請される。
    診断が違うー腕が悪いか、当然後の症状の展開が違うことはありうる。まずこのくらいは思いつく。治療者側のエラーとしては、診断の違いをあげられていることが多い。
    出典 :抗うつ薬が効かないとき : メンタルクリニックの窓
  • 薬が効かない7割の人に吉報! うつ病は「磁気刺激」で治す

  • うつ病は「磁気刺激」で治す

     

    うつ病が「きっちり治る」時代に、また一歩近づいた。薬が効かないうつ病を改善する「反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)」に注目が集まっているのだ。

  • 欧米では実用化されていて、日本でも先進医療、または医師主導治験による薬事承認のプロセスが検討されているところだ。rTMSの第一人者、杏林大学医学部付属病院精神神経科・鬼頭伸輔医師に話を聞いた。うつ病治療の第1ステップは、抗うつ薬を用いた薬物療法。SSRIやSNRIが主に使われる。
    出典 :日刊ゲンダイ|薬が効かない7割の人に吉報! うつ病は「磁気刺激」で治す
  • 「これらを数種類服用して寛解に至る人は3割。7割はなかなかよくなりません」SSRI、SNRIで十分な効果が得られなければ、典型的な治療に反応性を示さない“難治性うつ病”と定義される。第2ステップとして、“マイルドな抗うつ薬”といわれるSSRIやSNRIに対し、“強力な抗うつ薬”である「三環系」と分類される抗うつ薬や、気分安定薬であるリチウムを用いた治療が行われる。
    出典 :日刊ゲンダイ|薬が効かない7割の人に吉報! うつ病は「磁気刺激」で治す
  • 「うつ病は、感情をつかさどる脳の扁桃体や脳梁膝下部の働きが過剰になり、記憶や行動の切り替え、反応抑制など認知・実行機能をつかさどる前頭前野の働きが低下することで発症すると考えられています。rTMSは前頭前野の神経を刺激し活性化させて、扁桃体や脳梁膝下部の働きを正常レベルに抑制しようというものです。」
    出典 :日刊ゲンダイ|薬が効かない7割の人に吉報! うつ病は「磁気刺激」で治す
  • うつ病 中森明菜の復帰はあるのか

     

    無期限活動休止中の中森明菜(47)が「今年こそ復帰を!」というファンや 音楽関係者の期待に応えて、再起に向けてうつ病と闘っているという。 「年末に華原朋美がうつ病を克服して、5年ぶりに芸能界に復帰しました。 明菜は華原より重いうつ病のようですが、一日も早く復帰したいと頑張っています」(音楽関係者)

  • 1月初旬にNTTドコモが公表した“好きな80年代アイドル”アンケート調査結果で、 松田聖子を抑えて堂々の1位になった明菜だが、2010年10月に “体調不良”を理由に無期限活動休止を発表。いまだに復帰のめどは立っていない。 別の音楽関係者は「体調不良で帯状疱疹が出てしまったそうなんですが、 原因は過労やストレスといわれています。11年には完治したという情報も流れたんですが、 再発を繰り返していた。最近では帯状疱疹がエスカレートして、うつ病が再発したようです」と明かす。
    出典 :それでも綺麗になりたい うつ病 中森明菜の復帰はあるのか
  • 「ウツ」が治るとは、元に戻ることではない――新しく生まれ直す“第2の誕生”

  • 「ウツ」が治るとは、元に戻ることではない。

     

    「うつは本当には治らない」「うつは再発しやすいものだ」といった認識が、依然として、あちらこちらでささやかれ、信じられているように見受けられます。

  • これらは、「治る」ということを「元の状態に戻ること」と捉えて行なわれている治療のはらむ現実的な限界を多くの人が見て、流布されるに至った残念な風評です。repair(修理)ではなくreborn(生まれ直し)あるいはnewborn(新生)といった深い次元での変化こそが、真の「治癒」には欠かせません。
    出典 :「ウツ」が治るとは、元に戻ることではない――新しく生まれ直す“第2の誕生” ――「うつ」にまつわる誤解 その(24)|8人に1人が苦しんでいる!「うつ」にまつわる24の誤解 泉谷閑示|ダイヤモンド・オンライン
  • ”うつ”入院して治療すべき人とは?

  • こういう人は入院して”うつ”を治療すべき

     

    ”うつ”と入院というのは、普通はあまり結びつかないと思います。ですが、”うつ”の治療で入院したほうがベストな場合もあります。”うつ”の治療で入院したほうが、よりベストな人というのは、”うつ”の症状が重い人です。

  • 自殺念慮があったり、自宅の環境がストレスとなっている場合などは、環境を変えられないのであれば、自宅での”うつ”の治療はベストとはいえません。それにたとえ自宅でのストレスを感じなかったとしても、”うつ”が長引いていて、いつまで経っても回復しないようであれば、やはり入院したほうがベストだと思われます。入院することによって、今まで治らなかったのが嘘のように、あっという間に回復したというケースもあります。
    出典 :”うつ”  入院して治療すべき人とは?