食物アレルギー検査は病院に行こう

食物アレルギーの症状。アレルギー専門外来。病院の、アレルギー科の特色。

  • S 更新日:2014/05/19

view175

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食物アレルギーの症状。

  • 特定の食物(小麦粉、卵、大豆、そばなど)を異物として認識してしまうアレルギー反応。幼児に多い。腹痛、吐き気、嘔吐、発熱、蕁麻疹、かゆみなど
    出典 :東京都の食物アレルギーを診察する病院・クリニック 7921件 【病院口コミ検索Caloo・カルー】
     

    食物アレルギーの症状について。

  • ベストなのは、「アレルギー専門外来」で診てもらうこと!

  • やはり頼れるのは専門家による検査です。
    勿論、食物アレルギーだけでなく、かぶれ・薬剤アレルギー・金属アレルギーなどについても調べてもらえます。
    それぞれの原因を調べるためには、まずは検査を行います。

  • 食物アレルギー

  • 食物アレルギー:
    食後数分から数時間経って、蕁麻疹や腹痛、下痢、クシャミ、鼻水、セキが止まらないなどの症状が出た場合は、食物アレルギーを疑う必要があります。
    出典 :アレルギー専門外来 | 日本医科大学付属病院
     

    食物アレルギーの検査について。以下に続きます。

  • 「いつもと同じ食事で、特に変わったものは食べていない。」とか「刺身や青魚を食べたから、きっとこれが原因に違いない。」などと言う患者さまが多いのですが、中には「食べ物を飲み込む前から口の中がかゆくなった。」、「食後直ぐに運動したら気分が悪くなった。」などと訴える患者さまもいらっしゃいます。
    出典 :アレルギー専門外来 | 日本医科大学付属病院
     

    以下に続きます。

  • 卵、ソバ、魚など昔から知られていた食物アレルギーのほか、近年ではフルーツ、ナッツ、高級食材、輸入食材などによるアレルギーも増えてきています。
    出典 :アレルギー専門外来 | 日本医科大学付属病院
     

    上記の続きです。

  • 果物類

     

    果物類は、健康面・美容面共に重要視されているのに、食物アレルギーになる可能性も秘めているのは悲しいですね。。。

  • 「プリックテスト」で検査。

  • 薬剤アレルギーや食物アレルギーなどの原因を調べるための検査です。専用の短い針で皮膚を刺して、疑わしい物質をつけて15分後、30分後、1時間後に皮膚の状態を判定します。症状が強い場合は、安全のために入院して検査を行う場合もあります。
    出典 :アレルギー専門外来 | 日本医科大学付属病院
  • 病院の、アレルギー科の特色。

  • 正確できめの細かい検査(原因検査)や治療が可能です。アレルギー領域のセンターとして、気管支喘息のみならず、食物アレルギー、薬剤アレルギー、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎などについての全身的アレルギー診療を、耳鼻いんこう科、皮膚科の経験豊富なスタッフと協力して行っています。
    出典 :アレルギー科 | 独立行政法人国立病院機構 相模原病院
     

    病院の、アレルギー科の特色について。

  • 食物アレルギーは、特殊外来扱い!?

  • 病院によって異なる場合もありますが、
    アレルギーはアレルギーでも、食品によるアレルギーは「特殊外来」として扱われている病院が存在します。
    以下、該当病院によるコメントです。

  • 当日は担当医が診察いたします。また、食物アレルギーなどの特殊外来がありますが、これは紹介状を持っている方から予約を受け付けております。必ず紹介状をもらってからご連絡下さい。
    なお特殊外来を除いて一度担当医が決まるとその後は同じ医師が担当する主治医制になっています。
    出典 :アレルギー科 | 独立行政法人国立病院機構 相模原病院
     

    特殊外来として扱われているだけに、食物アレルギーの場合は紹介状も必要とのことです。