かかとの痛みがある病気とは?原因と改善方法

かかとの痛みがある病気には、いったいどのようなものがあるのでしょうか?かかとの痛みにはさまざまな種類のものがありますが、もともとの足の形に起因していたり、スポーツや靴が影響を及ぼしていることもあります。辛いかかとの痛み。その原因と対処方法について考えてみることにしましょう。

view76

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 踵骨棘(そうこつきょく)

  • 難しい感じで、そう簡単には読めませんよね。これは足の裏を走っている足底腱膜(そくていけいまく)と大きな関連を持ち、その部分が激しいスポーツや無理な歩行などにより、かかと側へ引っ張られることが原因となって起こる、かかとに痛みがある病気のひとつです。この症状が現れてレントゲンを撮ってみると、かかと部分の骨がとげのような形になって出っ張っているため、歩行の度に強い痛みを感じるようになります。ただし、このような状態になっていても痛みには個人差があり、強い痛みを感じない方もいるのだそうです。

  • 踵骨棘(そうこつきょく)の治療方法

  • まず、激しいスポーツを中止しましょう。また、歩行の際にもかかとから強く着地するのではなく、できる限りかかとに負担がかからないよう、静かに着地することを心がけましょう。この病気は重症度が高くなると手術が必要となることもありますが、たいていは歩行の改善、あるいは靴のインソールを調節することにより、改善することができます。靴のインソールについては、接骨院や整形外科などに相談してみて下さい。また、あまりにも痛みがひどい場合には、応急処置として注射による治療が行われることもあります。

  • 足底腱膜炎(そくていけいまくえん)

  • 上記でご説明したとおり、踵骨棘と大きな関わりを持つかかとに痛みがある病気です。この病気の原因は、激しいスポーツ、長時間に及ぶ歩行、かかとの歪み、合わない靴の使用、腰の疾病などがあります。この病気の特徴は、就寝時には痛みを感じなくても、起床時に第1歩を踏み出したときに、激しい痛みに襲われるということです。また、もともと偏平足気味な方にも多く見られる症状です。

  • 足底腱膜炎(そくていけいまくえん)の治療方法

  • まず、足裏を冷やさない工夫が大切です。この病気の症状が現れると、足裏全体の筋肉が硬くなっているため、筋肉を冷やしてしまうと、そこからまた別の病気を引き起こしてしまう可能性もあります。とにかく、足の裏を温めることです。また、足裏だけではなく、全身の血行不良も症状を重くしてしまうことがありますので、就寝の1時間前までに温かいお風呂でゆったりとくつろぎ、全身の血行をよくしておきましょう。この病気の症状が現れると、慌ててご自身でマッサージやストレッチを行う方がいますが、これは逆効果。足裏を温めると同時に、接骨院や整骨院などで診察を受け、適切な処置を行ってもらうことが大切です。治療方法としては、テーピング療法や矯正器具の使用、適切なインソールの使用などがあります。

  • アキレス腱炎

  • 私たちの足を支えてくれているアキレス腱は、年齢とともに柔軟性を失い、徐々に変形して行きます。これは、長年かけてアキレス腱を酷使したことが原因となっています。また、激しいスポーツを継続して行う方にも多く見られる症状であり、この病気の症状が現れた場合には、ひとまず激しいスポーツを中止し、アキレス腱を休ませましょう。ここで無理をしてしまうと、やがてはアキレス腱の断裂が起こらないとも限りません。

  • アキレス腱炎の治療方法

  • 一時的な治療には、湿布薬の塗布(ひとまず冷却で炎症を抑え、次に温熱治療に移る)、消炎鎮痛剤を服用するなどがあります。また、慢性的なアキレス腱炎の場合では、特殊なインソールを使用し、アキレス腱周囲の筋肉の緊張を緩和する方法で治療を行うこともあります。