前置胎盤と癒着胎盤の危険なこと知っていますか?

前置胎盤と癒着胎盤はとても大変なことなのでおぼえておきましょう。

view99

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 前置胎盤と癒着胎盤

  • 胎盤が正常より低い位置に付着し、胎盤が子宮の出口(内子宮口)にかかっていたり覆っていたりする状態を「前置胎盤」といい
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • その頻度は、全分娩の0.26~0.57%といわれています。また、前置胎盤のうち0.05~0.025%では、胎盤と子宮が癒着して胎盤がはがれない「前置癒着胎盤」となる可能性もあります。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 胎盤は大切な器官です。この胎盤がくっついてしまう現象があります。そうなるととても赤ちゃんにとって危険な状態で妊娠にとってハイリスクだということです。少しでも異常が起きたらすぐに病院に行くようにしましょう。あれ?おかしいなと思ったり腹痛がしたら病院に行きましょう。少し我慢すれば収まると思ってほっといては絶対にいけません。これらは病気ではなく症状なのでたまに気づかないこともあるそうです。

  • ほとんどの人が初期の頃は気づかずに腹痛を伴わない突然の出血があるそうです。大量の出血があった場合は緊急受診が必要になるということです。十分に注意して生活していきましょう。そして、いつ頃発生するかと言いますと、お腹が大きくなる28週目以降に患者さんが増えると言われています。お腹が大きくなってくる頃ですので、十分に注意しておきましょう。少しでも異変を感じたら無理をせずに受診してくださいね。検査には一体どんな方法が使用されるのでしょうか。

  • 方法として、超音波検査を行うそうです。超音波検査などであまり痛みはないようですよ。簡単に変わりますので、怖がらずに受診してみましょう。検査によっても違いますが、あまりに深いところに癒着が疑われる場合は、MRI などの精密検査が必要となるということです。そうなるとちょっと大掛かりになってしまいますが、必要な検査なので、ぜひ受けてくださいね。妊娠中の管理方法については、もうただただ安静にしているしかありません。無理な運動や大切な体に負担になりますのでなるべく避けましょう。

  • しかしたまには気分転換も必要ですので無理しない程度にゆっくりと散歩に出かけましょう。妊娠中に出血があった場合はすぐにお医者さんに掛かるようにしてください。例え少しの出血でも何が原因かわかりませんので自己判断することのないようにしましょう。お医者さんに行けば適切な処置をしてもらいます。例えば、お薬を服用したりして直せるかもしれません。全治胎盤がどうしていけないか説明さしていただきますと、正常な運転が困難になってしまうことです。

  • 胎盤は、お母さんと赤ちゃんをつなぐ血液・酸素・栄養のとても豊富な組織です。前置胎盤は、胎盤が赤ちゃんよりも子宮の出口付近に位置しているため、ほぼ100%帝王切開で分娩となり、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても危険性の高いハイリスク妊娠なのです。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
  • 3つに分けられます

  • 1.全前置胎盤(完全に内子宮口をふさいでいる、もっとも重症のタイプ)
    出典 :前置胎盤
  • 2.部分(一部)前置胎盤(ほんの少しだけふさいでいるタイプ)
    出典 :前置胎盤
  • 3.辺縁前置胎盤(内子宮口に胎盤の端っこがかかっているタイプ、軽症になります)
    出典 :前置胎盤
  • また妊娠中に大出血を起こすという怖いことがあります。これは輸血等を関わってくる問題ですので慎重に注意しましょう。また、癒着胎盤などの合併症があるということも挙げられます。大量に出血は、赤ちゃんとお母さん危険な状態にしてしまいます。ですので、何か異常があったらいったいなんの病気か、もしかして何か異常があるかもしれませんので十分に注意するようにしましょう。出血は怖いですものね。

  • 前置胎盤が危険なのは妊娠中や出産中、また産後と色々な人で十分な注意が必要となるからです。なりやすい人はどんな人なのでしょうか?喫煙者が禁煙車に比べて1.5倍の頻度となっています。赤ちゃんができたらなるべく喫煙を避けるように心がけましょう。禁煙にするのもむつかしいかもしれませんが、なるべくタバコの本数を減らしたり、すわない努力をして頑張って乗り切っていきましょう。赤ちゃんのためでもあるし自分自身のためにもなります。ぜひ努力してみてくださいね

  • もう一つ原因があるそうです。それは高齢出産に関係します。高齢で出産される方はこのリスクが高まるそうです。また、全治胎盤を一回でも経験していると確率は高くなるということです。うーん難しいですね。出産は自然のものなので、なかなか時期までは決められないですよね。しかし、高齢の方は十分に注意して出産してくださいね。前置胎盤は本当に危険なものなので、家に行き着いたらすぐにお医者さんに掛かるようにしてください。怠ってしまうと、お母さんも子供もとても大変なことになります。

  • 症状

  • ・前置胎盤だと、出血多量になること
    ・赤ちゃんより先に胎盤が出てしまうこと
    出典 :前置胎盤の帝王切開について3人目妊娠中です。現在、妊... - Yahoo!知恵袋
  • ・産気づいてからでは遅いので、早めに帝王切開で出産すること
    ・子宮が大きくなるにつれ、胎盤が上になる可能性があること
    出典 :前置胎盤の帝王切開について3人目妊娠中です。現在、妊... - Yahoo!知恵袋
  • ・数年に1人しか前置胎盤による帝王切開になる方はおらず、可能性としては低いこと
    出典 :前置胎盤の帝王切開について3人目妊娠中です。現在、妊... - Yahoo!知恵袋