これから出産する人は知っておこう!出産費用が節約できる5つの方法+α

出産費用は50万円から100万円かかると言われています。そんなお金、個人で用意するのは大変ですよね。でも、出産費用を節約できる公的制度や方法がありますので、知っておくと良いですよ。

view187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 1.出産育児一時金を受け取ろう(※要チェックポイント有り)

  • 健康保険に加入、または被扶養者になっていて、妊娠4カ月以上で出産した人は、子供1人につき42万円(このうち3万円は産科医療補償制度の保険料)が受け取れます。
    出典 :助かる!出産育児一時金 [出産・育児費用] All About
     

    双子なら倍額の84万円です。

    早産の場合も、妊娠4か月以上なら受け取れます。残念ながら流産や死産だった場合でも、妊娠85日以上であれば対象となりますので、申請しましょう。

    ただし、※ここからが要チェックポイントです!!
    出産育児一時金の42万円とは、産む病院が産科医療補償制度に加入していることが条件です。
    産科医療補償制度とは、妊娠33週以上、2000グラム以上で生まれた赤ちゃんが、身体障碍者1級や脳性麻痺2級の場合、補償される制度です。産科医療補償制度に未加入の病院で産んだ場合には、出産育児一時金が39万円になりますので、確認しましょう。

  • 2.出産手当金を受け取ろう

  • 仕事をしているママは、出産に備え当分の間(産前42日・産後56日)仕事を休まなければなりません。ですが、産休中や育児休暇中は給料がでない会社がほとんどです。その間の生活を支える為の制度が「出産手当金」です。出産手当金は加入している健康保険から支給されます。
    出典 :出産手当金の金額と対象者について-赤ちゃんの部屋
     

    出産手当金の支給額は、日給の3分の2にあたる額に産休を取った日数を掛けた額です。

    ここからがポイント!!
    出産手当金は、パートやアルバイトでも受け取れます。
    産休中も健康保険を支払っていて、産後復帰するのであれば、対象になるのです。
    (扶養になっている人は対象外)

    申請がら1、2か月後に支給されますので、正社員以外の人も受け取りましょう。

  • 出産手当金の期間

     

    表になっていて分かりやすいです。

  • 3.高額医療費制度

  • 保険が適用される医療費の自己負担が高額になった場合、自己負担限度額を超えた部分が払い戻される制度です。帝王切開など妊娠・分娩中に医療処置があった場合は保険が適用されるので、申請をすれば戻ってくる場合があります。
    出典 :高額療養費制度 | 出産費用ガイド
     

    自己負担限度額が所得によって変わりますが、一般的な所得の場合には、80100円が上限です。
    これは、月額なため、月をまたいでしまった場合には、合算できないので注意しましょう。

  •  

    年齢や所得によって基準が変わりますので、図を参考に自分がどこに当てはまるか確認してみてください。

  • 4.傷病手当金を受け取ろう

  • 病気や怪我の治療や療養のため会社を連続して3日以上休み、仕事につくことができない場合で、その間給料などをもらえないときは、4日目以降、加入している勤め先の健康保険から傷病手当金が支給されます。
    妊娠悪阻(つわり)、切迫流産などで医師の診断書が出た場合、傷病手当金の対象となります。
    出典 :傷病手当金-妊娠出産のお金大辞典-
     

    支給期間は1年半で、日給の60パーセント程度が支給されます。
    国民保険では対象外ですので、注意しましょう。

  • 5.医療費控除の確定申告

  • 1年間の1世帯の医療費の合計が10万円を超えた場合、確定申告すると超過分に対して所得税の一部が戻ってきます。
    出典 :医療費控除と確定申告 | 出産費用ガイド
     

    保険適用の出産費用も対象になりますし、病院に行くまでの交通費も対象ですので、領収証などは保管しておくと良いでしょう。

  • 医療保険は妊娠する前に加入すると得する

  • 妊娠後でも27週目までは医療保険に加入できる場合が多い
    28週を超えると加入できなくなる生命保険がほとんど
    妊娠・出産では医療保険が適用となる場合がある
    帝王切開を経験すると医療保険に加入できなくなる場合が多い
    出典 :妊娠や帝王切開をすると医療保険に加入できなくなる?
     

    妊娠27週までは、医療保険に加入できますが、部位によって保険適応外になります。例えば、子宮です。そのため、妊娠してから医療保険に加入して、帝王切開になって場合、保険はおりません。
    ですから、医療保険は、妊娠発覚前に加入しておくことがベストです。

    ただ、妊娠後に加入しても無駄ではありません。
    第1子が帝王切開の場合、第2子も帝王切開になるケースがほとんどです。そうすると第2子の場合には、医療保険が適応されます。(加入後1年経過しているため)