離乳食にりんごいつからあげる?離乳食初期/中期/後期のかたさの違い

離乳食にりんごっていつからあげても大丈夫なの?離乳食時期の硬さの違いについてもご紹介します♪

  • green 更新日:2014/04/19

view3649

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 離乳食にりんご

     

    離乳食にりんごをあげてもいいのだろうか?そんな疑問がわく方もいらっしゃるのでは?昔は水分補給として果汁をあげていましたが、今では果汁は離乳食開始前には特に必要ないとされています。りんごって甘いし、あまり甘さに慣れさせてはいけないとも考えてしまいますよね。実際のところ、どうなのでしょうか?

  • アレルギーが心配される食材なので、気になるときは加熱してから与える。
    出典 :いつからはじめる?食材別(野菜・果物)&時期別にわかる離乳食 | ベビカム
     

    離乳食にりんごをあげるときは、アレルギーに注意をしなければならないって知っていましたか?りんごもアレルギーが出る食材だという認識をしておかなければなりません。

  • また、離乳食にりんごをあげるのであれば、離乳食初期・中期・後期で固さに注意をしてみてください。最初は完全にすりおろしたりんごにしましょう。

  • 離乳食にりんご【硬さに注意しよう】

     

    離乳食にりんごをあげるときには、初期・中期・後期によって硬さを変えてあげましょう。硬さを変えることによって、赤ちゃんの噛む力をつけることができます。では、時期別のりんごの上げ方についてご紹介します。

  • 離乳食にりんご【初期】

  • 離乳食にりんご【初期】

     

    初期段階では完全にすりおろしたりんごをあげましょう。アレルギーの恐れがあるため、すりおろした後にレンジであたためると赤ちゃんもおいしく食べてくれます。

  • 【冷凍方法】裏ごしし、製氷皿で小分け冷凍。 (すりおろしたものをレンジ加熱してもOK。)
    【解凍・調理法】レンジで解凍・加熱した後、白湯やミルクなどでのばす。
    出典 :りんご−フリージング実践編−【離乳食を作ろう。】
  • 離乳食にりんご【中期】

  • 離乳食にりんご【中期】

     

    中期の場合は初期よりももう少し歯ごたえがある感じにします。初期はどろどろにすりおろしますが、中期では包丁で刻んでレンジにかけるとよいでしょう。

  • 【冷凍方法】 食べやすい大きさにつぶし、製氷皿で小分け冷凍。
    【解凍・調理法】レンジで解凍・加熱した後、和え物やヨーグルトなどに使う。
    出典 :りんご−フリージング実践編−【離乳食を作ろう。】
  • 離乳食にりんご【後期】

  • 離乳食にりんご【後期】

     

    工期では、1センチ角に切ったりんごをあたためるとよいでしょう。離乳食後期になると、歯が生え始めている赤ちゃんも多くなるので、歯ごたえを感じることができる硬さにするのがよいです。

  • 【冷凍方法】1cm大に切り、水気をよく切ってジッパー付き袋に入れて冷凍。
    【解凍・調理法】レンジで解凍・加熱した後、和え物やヨーグルトなどに使う。
    出典 :りんご−フリージング実践編−【離乳食を作ろう。】
  • 離乳食にりんご【完了期】

  • 離乳食にりんご【完了期】

     

    後期よりも大きめの形にしましょう。手づかみ食べをさせたい方は、スティック状にしてもたせてあげるのも良いですね。

  • 果物はたのしみに食べる程度、大量に食べると、腸内環境を悪くする原因にもなりかねません。
    出典 :子供に果物をあげる際の注意点|子どものアトピー・アレルギー体質改善法 ~免疫力を上げる方法~
     

    離乳食にりんごをあげるときには、おかゆなどの主食が終わってから、デザート程度に食べてもらうのが良さそうですね。