子供の指しゃぶり やめられないとどうなる?原因と防止法

子供の指しゃぶり、赤ちゃんなら多かれ少なかれ指はしゃぶるものですが、ある程度成長しても、いつまでたってもやめられず、やめさせようにも本人も無意識にやってしまっていて言えば言うほど逆効果なんてことも。子供の指しゃぶりには原因も防止策もあります。原因に合った防止策で、子供の成長を後押ししてあげましょう。

view123

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供の指しゃぶり いつまで大丈夫?

  • 指しゃぶりは胎児期から始まり、これは、生まれてすぐおっぱいを吸うための練習をしていると考えられています。乳児期の指しゃぶりも発達過程における生理的な行為なので、問題ありません。ママが気にしすぎるとかえって習慣化してしまう可能性があります。
    出典 :指しゃぶりはいつまでだいじょうぶ? - gooベビー
  • 3歳ごろには、親元を離れて一人で行動できるようになります。さらに行動範囲や興味が広がる4歳以降では、不安解消が目的の吸啜も不要となっていきます。多くの子どもたちがこのような経過をたどっていくので、3、4歳までの指しゃぶりを心配する必要は無いのです。
    出典 :指しゃぶりやめさせた方がいいの?|そろそろ心配、気になるクセ
  • 子供の指しゃぶりは、3〜4歳くらいまでなら気にする事はないようです。

  • 子供の指しゃぶり 原因は?

  • 子供は眠くなると心を安らげるために、お母さんのおっぱいを呑んでいる状態と同じような状況を求めます。そこで、お母さんのおっぱいに代わるものとして自分の親指を使います。親指はお母さんの乳首と大きさが同じくらいで、しかも簡単に口に運べて吸いやすい形状をしています。
    出典 :【指しゃぶり防止】指しゃぶりの原因や対策
  • 吸っているのは母親の乳首や自分の指であったり、身近なタオルやおしゃぶりといった人工物であったりと多岐にわたるのです。こうした背景からヒトやチンパンジーなどの高等霊長類の吸啜行動は3~5歳まではあたり前の行動と考えられています。
    出典 :指しゃぶりやめさせた方がいいの?|そろそろ心配、気になるクセ
  • 3〜4歳頃までの指しゃぶりは、身近なものを口に入れて確認したり、母親の乳首と形状が似ていることから安心感を得るためであったりと、成長の過程で必要なものである場合が多い。

  • 指しゃぶりは発達過程の一過性のものなので、放置しておけば自然になくなっていくのが一般的です。しかし、なかには、3~4才を過ぎても指しゃぶりをしている子がいます。永久歯が生える直前まで指をしゃぶっていると、永久歯の歯並びに影響が出る可能性があるので、3才を過ぎても指しゃぶりが続いている場合は、大人が意識して、徐々に指しゃぶりをやめさせる方向にもっていきましょう。
    出典 :指しゃぶりやおしゃぶりは、歯並びに影響するの?【指しゃぶり】 - gooベビー
  • お子さまがどのようなときに指しゃぶりをしているのかを、観察することが大切です。また、お子様にストレスが大きいと思われるような事態がおこっていないかどうかを、みつめ直しましょう。心理的にも環境的にも問題がない場合は指しゃぶりについて知識のある小児歯科医、矯正歯科医、一般歯科医に相談し、「指しゃぶりをなくすトレーニング」を始めましょう。
    出典 :年齢による指しゃぶりの考え方と対応 | 宇都宮市 土沢デンタルクリニック
     

    大きくなってもやめられない「指しゃぶり」は、心理的なものが大きいようです。

  • なかなかやめられない指しゃぶりは、子どもの不安や寂しさに原因があることもあります。その不安や寂しさを解消することが、やめさせる一番の特効薬になる場合もあるのです。これを裏付ける典型的な例は、2人目の子が生まれたとたんに上の子の指しゃぶりが再発するケースです。いわゆる「赤ちゃん返り」の一種でしょう。
    出典 :指しゃぶりやおしゃぶりは、歯並びに影響するの?【指しゃぶり】 - gooベビー
  • 子供の指しゃぶり 影響は?

  • 4歳を過ぎても止められていない子供は顎の骨格形成に影響してしまうことがあり、永久歯に生え変わるときにも同じように歯並びが悪くなってしまうことがあります。
    出典 :【指しゃぶり防止】指しゃぶりの原因や対策
  • 常に指をしゃぶっている場合、歯並び以外にも影響が出るケースもあります。たとえば口の周りの筋肉がバランスを失い、うまく唇を閉じることができなくなってしまう症状もあります。また、開咬の場合、つばを飲むときに上下の前歯の間から舌を出す癖がついて、ますます開咬がひどくなるという悪循環も起こります。
    出典 :指しゃぶりやおしゃぶりは、歯並びに影響するの?【指しゃぶり】 - gooベビー
  • 歯が生え変わる時期まで指しゃぶりしていると、歯並びに大きく影響し、歯並びの悪さが虫歯や噛み合わせの悪さなどにも繋がってしまいます。

  • しゃぶっている親指に吸いだこが出来たり、爪が変形してしまったりと指に影響が出てきます。吸いだこは口の中で舌を使って擦りながら吸っている場所に出来ます。爪が変形したり剥がれたりする場合は、吸う力が強すぎる傾向にあります。
    出典 :【指しゃぶり防止】指しゃぶりの原因や対策
  • 子供の指しゃぶり やめさせるには

  • 親として子供の体を心配して止めさせるわけですが、頭ごなしに叱って止めさせようとしても子供は理解できません。逆に周りが焦ったり急かしたり押し付けたりと無理矢理止めさせるようとすればするほど、子供にとってはストレスとなりかえって悪影響を及ぼしてしまうでしょう。
    出典 :【指しゃぶり防止】指しゃぶりの原因や対策
     

    無理矢理は逆効果です。

  • 4~5才を過ぎても頑固に指しゃぶりを続けている場合、やめさせるには時間がかかるでしょう。指しゃぶりは親の意思でやめさせることはできません。また、無理やりやめさせようとすると逆効果になる場合もあります。たとえば、指しゃぶりのかわりにタオルを強くしゃぶるようになったり、ほかのものをしゃぶるようになったり……。これでは、歯並びに悪影響を及ぼすことでは変わりありません。
    出典 :指しゃぶりやおしゃぶりは、歯並びに影響するの?【指しゃぶり】 - gooベビー
  • 子ども自身の自覚が出てくると、指しゃぶりをやめるいいきっかけになります。また、家族に指摘されてもなかなかやめられない場合でも、歯科検診で歯科医に指摘されて、指しゃぶりをしなくなる子どももいます。
    出典 :年齢による指しゃぶりの考え方と対応 | 宇都宮市 土沢デンタルクリニック
     

    きっかけは子供によって様々。意外と簡単な事でやめる可能性もあります。

  • 小学校入学後も指しゃぶりが頻繁な子、やめようとしてもやめられない子については、小児科・小児歯科・臨床心理士が連携し、積極的な対応が必要です。学童期になると、特別な対応をしない限り、やめられません。
    出典 :指しゃぶりはいつまでだいじょうぶ? - gooベビー
     

    心理的な要因が見当たらなければ、信頼のおけるお医者さんに相談しましょう。