妊娠中期を過ぎたら要注意!!妊娠線予防のためにするべき3つのこと

妊娠線はお腹が大きくなる妊娠中期以降になりやすいと言われています。妊娠線を予防するためにするべき3つのことについてまとめました。

  • green 更新日:2014/05/11

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠線ができるメカニズムとは

  • 妊娠線のメカニズム

  • 妊娠による体型の変化、急激な体重増加、思春期の体の成長などで皮ふが急激に伸びるのに対し、弾力性のない皮下組織がそれについていけず、断裂してしまう現象を妊娠線(ストレッチマーク、または肉割れ線とも)と呼びます。
    出典 :妊娠線について-ママヨガ!マタニティヨガと妊娠生活
  • 妊娠線は、皮膚が急激に伸びたときに、表皮に比べて弾力性のない皮下組織が伸びきれずに裂けてしまう現象。したがって、太りすぎないことがいちばんですが、肌にうるおいを与え、マッサージをして血行を促進すると、弾力性が生まれて予防効果が期待できます。
    出典 :妊娠線について-ママヨガ!マタニティヨガと妊娠生活
  • 妊娠線予防のための【体重管理】

  • 急に体重が増えないように体重管理をすることで、妊娠線の予防をしましょう。妊娠線は体型が変わる時にできやすいので、胎児が大きくなってお腹が膨らむ時だけではなく、体重が増えた時も要注意です。
    出典 :妊娠線の予防
     

    急に体重を増やさないようにするためには、適度な運動が効果的です。毎日のウォーキングは、足腰を強くしたり、リラックス効果もあります。運動が苦手という方は、まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

  • 毎日決まった時間に体重を計り、必ず記録をする。
    出典 :妊娠中の体重管理で気をつけるべき3つの方法:掲示板:解決!ママのお悩み
     

    毎日体重を測ることによって、増減が目にみえてわかります。妊婦健診は1週間単位なので、毎日こまめにはかって管理をすることが大切ですね。

  • 妊娠線予防のための【肌管理】

  • 妊娠線予防には肌の状態を管理することが大切です。妊娠線ができる時は肌が伸びる時です。この時に肌が乾燥していると皮膚の表面は上手に伸びることができないので、結果的には妊娠線ができやすい状態になってしまいます。
    出典 :妊娠線の予防
  • 肌が保湿されて潤いがあれば、お腹が大きくなる時に皮膚が引っ張られても順応しやすいのです。妊娠したら早めに肌の保湿を心がけて、お腹がおおきくなる妊娠中期以降に備えましょう。
    出典 :妊娠線の予防
     

    肌の乾燥を防ぐためにも、クリームを塗ってマッサージをしましょう。

  • 肌にうるおいを与え、マッサージをして血行を促進すると、弾力性が生まれて予防効果が期待できます。
    出典 :妊娠線について-ママヨガ!マタニティヨガと妊娠生活
  • 妊娠線予防のための【食事管理】

  • 肌荒れの原因の1つは食生活の乱れと、栄養バランスの偏りです。食物繊維たっぷりの新鮮な野菜やバランスのとれた食生活は、肌のサイクルを手助けします。
    出典 :妊娠線について-ママヨガ!マタニティヨガと妊娠生活
  • 高タンパクで、食物繊維が豊富な食事はもちろん、肉、魚、緑黄色野菜に、根野菜、穀類や豆類、海藻類をバランスよく摂取・・・が理想です。
    出典 :妊娠線対策に必要な食事
  • 妊娠線を作らないために

     

    1体重管理
    2肌管理
    3食事管理

    この3つが大切です