不妊治療で排卵誘発剤、その効果は絶大!!

不妊治療で排卵誘発剤を使用することはよくあります。その理由は何よりも、不妊治療の成功率を高めるから!

view316

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵誘発剤を使った妊娠率は?

  • 不妊治療で排卵誘発剤を使うと言われても、初めて治療する方は不安かもしれません。しかし、排卵誘発剤は安心な薬ですし、使用することで妊娠の確率は上がります。

  • 排卵誘発剤を使った妊娠率は、20%とも30%とも言われていますが、
    医師や病院によってもまちまちです。
    出典 :排卵誘発剤と妊娠の可能性|排卵日Q&A
  • 排卵誘発剤の代表的である「クロミフェン製剤」と呼ばれる内服薬は、20%程度の妊娠率です。
    排卵率は80%になりますので、その効果は絶大と言えるでしょう。

  • 強力なhMG製剤、妊娠確率は40%
    出典 :排卵誘発剤 ガイド
  • 一方、卵巣に直接働きかける強力な排卵誘発剤は、排卵率は70%と若干低めなものの、妊娠率は40%に上がります。

  • 気になる副作用は?

  • 排卵誘発剤は安全とはいえども薬ですので、人によって副作用が出る場合もあります。
    一体どのような副作用があるのでしょうか。

  • 代表的な副作用として、多胎妊娠と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。
    出典 :排卵誘発剤の副作用に【注意】|妊娠したいコム
  • この2つだけが副作用という訳ではありませんが、特に多く見られる症状です。

  • 多胎妊娠とは2人以上の胎児が同時に子宮内に存在する状態をいいます。
    出典 :多胎妊娠 - goo ヘルスケア
  • 「不妊治療をすると双子が生まれる確率が高い」と言われているのは、このことが理由です。
    中には、数十体を妊娠してしまうというトラブルもありますが、双子になるケースが多くみられます。

  • 卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とは、不妊治療で排卵を促す際に使われる排卵誘発剤の副作用で卵巣が腫れ上がって様々な症状が出てくることをいいます。
    出典 :卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
  • 上記のような文を読むと、OHSSは怖いと感じる方が多いでしょう。もちろん、怖い症状ではありますが、OHSSの状態は妊娠しやすいと言われていますので、悪いことばかりではありません。むやみに心配せずに、医師と相談しながら治療を進めていきましょう!

  • しかし、不妊を専門にされている先生にとってはよくわかっている 副作用 なので、きちんと自分の体の状況を伝えておけばまず大丈夫です。
    出典 :不妊症治療薬(排卵誘発剤)と副作用 [薬] All About
  • 気になる症状はすべて先生に相談することが大事です!