子宮筋腫を内視鏡のもと取り除く手術とは?

子宮筋腫を内視鏡のもと取り去ることのできる手術法があります
子宮は温存したい、開腹はしたくない人に望まれる手術のようですが……

view281

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮筋腫を内視鏡のもと取り出す?

  • ”開腹”とは違い、大きな傷跡を残さなくてもいいらしい

  • 大きくてもできる場合も

  • 手術の術式は子宮筋腫の位置、大きさ、数により決定します。腹腔鏡では難しいと考えられる場合には、開腹手術を行います。
    出典 :婦人科内視鏡手術 | 東京大学医学部附属病院 女性診療科・女性外科 生殖医療グループ
     

    「腹腔鏡」で行っていても、「開腹」に切り替えられることも……
    (担当医から事前にそのような説明があります)

  • 腹腔鏡検査器具

  • 腹腔鏡は、臍から①お腹の中(腹腔)にド-ム状の空間を作るための炭酸ガスの注入(気腹法)と②内視鏡の挿入を行い、腹腔内を観察して検査・診断(腹腔内出血の診断-子宮外妊娠・卵巣出血、腹痛の精密検査、不妊症の原因究明-卵管通過性など)する内視鏡です。
    出典 :子宮鏡・腹腔鏡による手術について
  • 単孔式 でできる場合(病院)も

     

    ”単孔”で行うつもりでも、複数孔になる場合も当然ありますが……

  • 分散した小さな傷で行うため傷が目立たず痛みが少ないなど患者さんにとってとてもメリットの多い手術です。
    出典 :腹腔鏡下手術 - 婦人科 よくある質問 Q&A:レディスセンター(大阪市東淀川区)医療法人医誠会 医誠会病院
  • 技術認定医でないとダメ?

  • 以下の2例ように、「◯◯技術認定」ということが示されることがありますが……

  • 当科の腹腔鏡下手術スタッフは、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定、日本内視鏡外科学会技術認定を有しています。
    出典 :腹腔鏡手術
     

    2つの技術認定が示されていますね
    「”日本産科婦人科内視鏡学会”技術認定」
    「”日本内視鏡外科学会”技術認定」

  • 外来や手術はこれまで長年にわたり婦人科診療・婦人科手術に携わり「日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医」の資格を持った専門の医師が担当し、手術が必要な患者様へ手術から術後のフォローまで責任を持ってあたらせていただきます。
    出典 :診療のご案内 : 婦人科・腹腔鏡外来 | 京都市中京区にある産婦人科・不妊治療・小児 足立病院
     

    こちらも「”日本産科婦人科内視鏡学会”技術認定」とありますね

  • こういった「◯◯技術認定」がないとダメなのでしょうか?
    以下、「◯◯技術認定」を行っている学会に書かれている説明です

  • 規則に定められた要件を満たした上で認定申請を行い、必要な審査手続きを経た上で技術を認定された医師です。但し、自動車運転免許のように、手術をして良いとか、逆にしてはならない等の規制をするものでは一切ありません。 尚、学会非会員や認定申請をされていない医師にも同等の技術を持った方がおられることをご承知ください。
    出典 :技術認定医 | 一般の方へ | 日本産科婦人科内視鏡学会
     

    うちの”技術認定”というのは「自動車運転免許」とは違う!
    「手術をして良いとか、逆にしてはならない等の規制」などはない!
    ⇒「学会非会員や認定申請をされていない医師」にも「同等の技術を持った方」はいますよ!

    ……とのこと

  • 内視鏡下手術を安全かつ適切に施行する技術を有し、かつ指導するに足る技量を有していることを認定しております。ただし、手術をして良い、あるいはしてはならない等の規制をするものではありません。また、非会員や認定申請をされていない医師にも同等の技術を持った方がいることをご承知下さい。
    出典 :技術認定取得者一覧(産科婦人科)|日本内視鏡外科学会
     

    こちらも同じ

    この学会の”技術認定医”でないからといって「手術をして良い、あるいはしてはならない等の規制」はない!
    ⇒「非会員や認定申請をされていない医師」にも「同等の技術を持った方」がいますよ!

    ”うちの学会で認めている人だけが、技術のあるよいお医者さんというワケではない”、ということですね

  • 認定を受けるための実績や論文が必要だったりと、忙しい現状ではなかなか難しい点も多いそう
    ”技術認定”は一つの目安ではありますが、それがすべてではないようです

  • 内視鏡下で行う手術の現在

  • 技術的な成熟がされる以前は、一部のエキスパートによる特殊手術でありましたが、現在は、いまだに一部の特殊技術はあるにしても、トレーニングを積んだ医師が行う手技としてはより一般的なものとなって来ております。
    出典 :[婦人科]内視鏡手術|腹腔鏡手術|
     

    医療の進歩は目覚ましいものがありますね