不眠気味…眠れない……入眠障害の原因

最近、不眠気味でベッドにはいったけど寝つくことができず何時までも目が覚めてる……

view125

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 布団に入ってもなかなか寝つけない。
    不眠症・睡眠障害の中ではもっとも訴えの多い症状が入眠障害です。

  •  

    いわゆる「寝つきが悪い」という症状です。

  • 寝つくまで30分から1時間かかるのであれば、入眠障害の疑いと言われてます。
    厳密な定義はともかく、夜なかなか寝付けない状態が1ヶ月以上続く場合は、入眠障害と判断してもよいらしいです。

  • 入眠障害の原因は?

  • 一番多いのは、心配ごとや精神的ストレスではないでしょうか?
    ただし、それ以外にも知らず知らずのうちに、寝つきが悪くなる生活になっている可能性もあります。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
  •  

    眠れない原因は……?

  • 精神的ストレス

  • 精神的ストレスや心配事で一度考え始めると、
    交感神経(興奮神経)が活発になり、眠りにくくなってしまいます。

  • パソコンやテレビの光

  • 室内の明かりにパソコンやテレビの光が加わると
    睡眠を促すホルモン、メラトニン分泌が減少してしまいます。

  • 体内時計の乱れ

  • 決まった時間に起床する人に比べて、起床時間がばらばらだと
    体内時計のリズムが崩れメラトニンの分泌タイミングも崩れることになります。

  • カフェイン・アルコールによる不眠

  • コーヒーやお茶などに含まれているカフェインは睡眠の障害になります。
    アルコールは寝つきを良くする効果も少しはありますが、睡眠を害します。
    出典 :入眠障害で眠れないあなたのための【睡眠障害】解消法
  • 何ヶ月も長期にわたって入眠障害が続くようであれば、
    一度睡眠外来のある病院へ行くことをお勧めします。