早産はなぜ起こるの?

早産はなぜ起こってしまうのでしょうか?その原因についてまとめてみました。

  • MUMMY 更新日:2014/05/05

view187

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも早産とは?

  • 妊娠22週から36週までの分娩(ぶんべん)を早産といいます。早産で生まれた赤ちゃんは、週数が短いほど体重が少なく臓器は未熟です。とくに肺が未熟な場合は、育てるための管理が容易ではありません。
    出典 :早産 とは - コトバンク
     

    とにかく早産しないように!

  • まだおなかの中で過ごしているほうが望ましい、妊娠22週から37週未満の時期に、赤ちゃんが生まれてしまうことを「早産」と言い、早産しかかっている状態のことを「切迫早産」と言います。現在では早産で未熟児として生まれても、医療体制が整っていれば、育てることが可能になっています。
    出典 :早産にならない安心アドバイス - gooベビー
     

    しかし現在の医療では未熟児でも体制次第では育てることができるんですね!

  •  

    管理体制が整っていれば育つとはいえ、心配!

  • 早産は全妊娠の5%に発生し、その原因は感染や体質によることが多いといわれています。
    出典 :早産・切迫早産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会
     

    5%にならないように!

  • どんなことが引き金になる?

  • 重いものを持ち上げたりするとおなかに力が入ります。これは張りを助長させるので、できるだけ避けましょう。高いところにあるものをとろうとして背伸びをするのも、おなかに力が入るので×。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    背伸びも意外に危険!

  •  

    お腹に力が入ります!

  • 体が冷えることで、直接的に早産や切迫早産を起こすことはありませんが、冬の寒い夜に台所に立ったり、クーラーが効いた部屋にずっといると、おなかが張りやすいという人も。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    冷えは女性にとって大敵ですし、赤ちゃんにも大敵なのかもしれませんね。

  • 長時間立ち仕事をすると、おなかに力が入って子宮が収縮しやすくなり、これも早産や切迫早産の原因につながります。家事をするのも、まとめて一気にやろうとせず、休憩を入れながら少しずつ。「おなかが張ってきたな」「疲れたな」と感じたら、仕事が途中でも無理をせず、すぐに体を休めてください。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
  •  

    疲れたなと思わなくても座るぐらいがちょうどよいのかも?

  • 安静にと言われた人は、産後までセックスはストップ。順調な人でも、はげしいセックスは避け、感染予防のためにコンドームをつけることが早産予防につながります。体調がよくないときやおなかが張っているときは控えてください。夫婦のコミュニケーションはセックスだけではないはずですから、体に負担をかけないスキンシップを心がけて。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    パートナーにもきちんと理解してもらいたいですね。

  • 人の活動は通常2本足で立っていて、子宮口は下を向いています。そのため赤ちゃんが大きくなり羊水が増えれば、それでけで子宮口に重量の負担がかかります。

    さらに子宮頸管の炎症が起こると、子宮収縮やサイトカインによる頸管の熟化で、早産が起きやすくなります。
    出典 :早産/妊娠中の質問
     

    少しずつ横になって休んだほうがよさそうですね。

  • 日常生活の早産や切迫早産を招く要因として、最近ふえてきたのがストレスによるもの。
    出典 :早産にならないための要注意ポイント - gooベビー
     

    ストレスはなるべく減らしていたいものです。

  • 過労やストレスに特に注意して、食生活にも気を使います。医師からもらったアドバイスを慎んで守り、自分と赤ちゃんの身体を労わってあげることが何より大切です。
    出典 :早産/妊娠中の質問
     

    妊娠中毒症などにならないように気を付けましょう。

  • 妊娠中毒症を予防・・・妊娠中毒症になると早産の可能性が高くなりますので、日ごろから塩分を控えた食事や体調管理をしましょう。
    出典 :早産
  • 早産の兆候は?

  • ★下腹部痛や腰痛
     突然、おなかや腰にいままでにない強い痛みが走ったとき、また周期的に痛みがあるようなときは危険サインと思って。出血を伴うこともよくあり、そんなときは特に早めに診察を受けたほうがよいでしょう。

    ★おなかの張りや痛み
     おなかの張りは妊娠後期からはよくあるものですが、異常につながる張りは「10〜15分間隔の規則的なもの」で、「安静にしていてもおさまらない」もの。また「月経痛のような下腹部痛がある」ときも注意して。 

    ★妊娠中期の出血
     妊娠中期には、初期とは違って生理的な出血はほとんどありません。流産の出血と同じように、痛みがなくても「月経2日目くらいの量」があったときは危険な兆候だと思って、診察を受けましょう。

    ★おりものが多い
     妊娠初期と臨月のころは、おりものがふえるものですが、妊娠中期〜後期におりものが多い、かゆみがあるという場合は感染症を起こし、早産の引き金になることも。そのうえ、おりものに血がまじっている場合は要注意。
    出典 :早産にならない安心アドバイス - gooベビー
  • いくら医療体制が整いつつあるとはいえ、赤ちゃんはなるべく多くお母さんのお腹の中にいさせてあげたいものですね。