女子必見!デリケートゾーン夏の臭いの撃退方法

女子は「ニオイ」でイメージを壊してたらダメージがでかい!!
夏の季節はとても汗をかきやすいですよね。
そんな夏の恐怖はデリケートゾーンの臭い!!
デリケートゾーンは夏はムレやすく、臭いと戦う季節です!!

view39

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜデリケートゾーンは臭う?

  • 陰部も基本的には他の皮膚と同じような構造をしていますが、脇の下と同様にエクリン腺、アポクリン腺という2つの汗腺があるのが特徴で、実はとても汗をかきやすい部分。特にアポクリン腺から出る汗は粘り気があり、ここに恥垢や雑菌がつくと、強いニオイを発生する原因にもなります。エクリン腺はニオイのないさらりとした汗をだすのですが、皮脂や細菌が混ざることで、やはりニオイを生じさせます。
    出典 :不快な陰部の蒸れの予防と対策 | スキンケア大学
     

    また、雑菌は栄養を吸収し繁殖する時に出す老廃物が更に悪臭を生み出してしまうので
    菌の繁殖は致命的です。
    見た目は汚れていないと思っても雑菌は湿った場所を好み増殖を繰り返します。
    デリケートゾーンは高温で多湿となるのでいかに、雑菌の繁殖を防ぐのと栄養を与えないかが
    重要になってきます。

  • 雑菌繁殖からのかゆみも

  • 1年のなかでも、特に湿気が強くなる入梅から夏にかけては女性性器のかゆみを覚えて婦人科外来を訪れる患者の数も増加します。
    ある大学病院の調査では、外陰部のかゆみを訴える人は8番目に多くなっています。
    かゆみを引き起こす疾患の原因のなかには、真菌のように、高温多湿になると繁殖しやすいものがたくさんあります。性器を清潔に保ち、通気性をよくすることが予防のポイントになります。
    出典 :性器のかゆみと予防
     

    夏場はデリケートゾーンの蒸れから、かゆみまで発生することが多いです。
    デリケートゾーンは肌の中でも最も皮膚が薄い場所で、外的刺激やストレスにも非常に弱く、
    免疫力の低下などを引き起こす可能性も。

  • すそわきがの可能性も

  • ワキから独特のニオイがする「わきが」。医学的には、「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれます。人の体にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺がありますが、わきがは、アポクリン汗腺から出る汗が原因とされています。アポクリン汗に含まれる脂肪や尿素、アンモニアなどの成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり合い、皮膚にある常在菌により分解されることでニオイが発生するのです。
    陰部からのニオイは「外陰部臭症」といって、通称「すそわきが」と呼ばれています。基本的には「わきが」と同じで、外陰部にあるアポクリン汗腺から出る汗がニオイの原因です。
    出典 :「すそわきが」とは? | スキンケア大学
  • アポクリン汗腺は、主にワキや陰部、乳首の周り、耳の中、へその周辺などにあります。よって、「わきが」臭もさまざまなところから発生します。ワキならワキ、陰部なら陰部と、どれか一か所で「わきが」のニオイが強くなることもありますが、合併して起こることも多いです。そのため、ワキの腋臭症で悩んでいる人は、「すそわきが」も併発していることが多いです。
    出典 :「すそわきが」とは? | スキンケア大学
  • 実は洗いすぎも良くなかった…!

  • 臭いが気になるあまり、陰部を洗浄力が強すぎる石けんやボディソープで洗ってしまうと、炎症を起こして陰部にトラブルが発生したり、皮膚を守っている常在菌を洗い流してしまい、臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすくなります。
    そうすると、さらに臭いを悪化させてしまうことになります。
    出典 :男性がドン引き!?要チェック! デリケートゾーンのにおい対策
     

    元々肌にある、臭いや菌を退治してくれる常在菌まで洗い流してしまうことがあり
    更に菌の増殖率が高くなります。
    また、洗浄力の強い石鹸には「界面活性剤」などが使われていることが多く
    デリケートゾーンなどの弱い肌には刺激が強すぎて肌荒れを起こすこともあります。

  • アトピー性皮膚炎など、もともと肌がデリケートな人は、石鹸などの刺激にも敏感に反応してしまいがちです。
    自分でも気づかないうちに、陰部にボディソープやシャンプーの成分がついてしまい、十分に洗い流せていないといったケースも少なからずあるようです。
    また、バブルバスに長時間入って、デリケートゾーンのすすぎが足りないといったケースも刺激の原因になるので要注意です。
    出典 :デリケートゾーン用石鹸の正しい選び方 | スキンケア大学
  • どうケアするべき?

  • 陰部の蒸れを防ぐためには、通気性の悪いショーツや締めつけのきついジーンズは避けたほうがベター。ナイロンなどの素材のショーツは避けて、コットンやシルクなどの素材を身につけましょう。
    出典 :不快な陰部の蒸れの予防と対策 | スキンケア大学
  • デリケートゾーンは皮膚が薄く粘膜も多いので、石けんやボディソープを直接塗るのではなく、手や泡立てネットで泡立てたもので、優しく洗います。
    出典 :デリケートゾーンのにおいを防ぐ方法!正しい洗い方は? | スキンケア大学
  • 近年は、デリケートゾーン用のふき取りシートや、スプレーなどのケア用品も売られています。外出中や、どうしてもニオイが気になる時の一時的なケアによいでしょう。
    出典 :ムズムズな日もやさしく洗ってさわやかに!デリケートゾーンのニオイ対策
  • デリケートゾーン専用ケアをしよう!

  • デリケートウェットシート

     

    便利にトイレで流せるシート
    洗ったようなスッキリ感覚になれます。

  • アクアデオ

     

    お出かけ先で使用できるタイプ!
    殺菌率99.9%で雑菌を除去。
    敏感なデリケートゾーンへ8種の
    天然成分で美肌作用も可能。

  • デリケートゾーンの対策をして
    夏をおもいっきり楽しみましょう♪