気が付いたらできているあざ。青あざを消す方法とは?

いつできたのだろう?というように、心当たりのないあざがいきなりできていることはありませんか?ぶつけてできたあざはともかくとして、身に覚えのないアザができるのには理由があります。そんな青あざは、一刻も早く消してしまいたいですよね。

view73

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ気付かない・・?



    “青あざ”というのは、かんたんに言うと「皮下出血」です。


    そのほとんどは、気付かないうちに、ぶつけていることが原因なのですが、

    人によっては、ホントに「ぶつけていないのに青あざが出来ている」ということもあります。

    その原因は、冷えとホルモンバランスの崩れ、そして病気の可能性。
    出典 :「いつの間にかできてる」青あざの原因は?すぐに治す方法は? | 知っトク ナビたん
     

    どこかに青あざができた個所をぶつけた記憶があれば、まだ納得できます。でも、そうでないとしたら、なにかの病気の可能性があるということなんですね。

  • 青あざが出来やすいことと冷えとの関係は?まず青あざは身体の表面温度が高い方に多いサインです。熱が出っ放しになって内部は常に冷え込んでいます。ほんのちょっとした圧力、摩擦などでも毛細血管が切れてしまってあざが出来ます。冷え性といえば身体の表面も冷えているはず、しかしこの青あざタイプの冷え性の場合は従来型の冷え性ではないとも言えます。
    出典 :青あざが出来やすい方は冷えに要注意!弾みで色々なところに、、女性にはやっかいです。|体の悩み解決ブログ
  • ほとんど冷え症が蔓延しているのだ、と意識して適切なケアがまず大事です。夏場のクーラーの当たりすぎから随分経って何もケアしていなかったり、そのまま冬場もひどい冷えが続いている、このようなケースもしっかり食べ物をケアしたり、入浴や足浴、マッサージやアロマなど日常的に大切に実行することです。
    出典 :青あざが出来やすい方は冷えに要注意!弾みで色々なところに、、女性にはやっかいです。|体の悩み解決ブログ
     

    冷え性は万病のもとであるという話を耳にしたことがありますが、やはり身体が冷え過ぎてしまったら、きちんとしたケアが必要なんですね。半身浴やリンパマッサージは自宅のお風呂でも手軽に行うことができますし、普段から全身の血行の悪さを改善することにより、青あざができやすい体質の改善にもつながりますね。ウォーキングなどの軽い運動も、血行不良の改善につながりますよ!

  • 特に女性の方は気になる青あざ。放っておくより簡単に早く治す法をお教えします。
     まず一般の家庭にあるもので、つま楊枝を20~30本くらい束ねて行います。先の方で痛くない、気持よい程度に患部周辺の皮膚表面を軽く叩いてください。2・3分、皮膚がほんのり赤くなるように行ってください。
    出典 :打撲してしまった場合の処置法 | 小金井市の整骨院【法順堂鍼灸整骨院】
     

    なんだかちょっと痛そうですが、家庭でお手軽に行えるのであれば、やってみる価値はありそうですね!

  • 内部の毛細血管が切れ、出血することで、周辺組織が紫色ににじみます。いわゆる青アザです。これが、冷却や適切な治療をしていくと、黄色いアザに変わってきます。患部の修復が進み、内出血によって余分に貯留した血液が吸収・分解されると、ビリルビンという黄色い物質が産出され、これがアザを黄色く変えるんです。つまり、黄色いアザは治ってきたサインなんです。
    出典 :打撲してしまった場合の処置法 | 小金井市の整骨院【法順堂鍼灸整骨院】
     

    そうそう。青あざの治りかけは黄色くなります。この状態もまだ痛々しい感じがしますが、こまでくればあと一息。根気よく治療を続けましょう。

  • ところが、次のような身体の状態が起こっていることも考えられます。

  • 血小板が少なくなる病気の代表的なものは特発性血小板減少性紫斑病です。この病気では、免疫の異常によって血小板に対する自己抗体ができて、自分の血小板に自己抗体がくっつくために、血小板が主として脾臓で壊されてしまいます。特発性血小板減少性紫斑病は自己免疫疾患の一つで女性に多い特徴があります。
    出典 :青あざがよく出るのは病気でしょうか|株式会社クリニカルサポート
  • 特発性血小板減少性紫斑病の治療には、ステロイドホルモンの内服、腹腔鏡による脾臓の摘出などが有効です。ヘリコバクター・ピロリという胃に住みついている菌を抗生物質によって除去すると良くなることもあります。
    出典 :青あざがよく出るのは病気でしょうか|株式会社クリニカルサポート
     

    素人判断では危険なタイプのあざもあるということですね。いつまでも治らない青あざを消すためには、やはり専門家による診断が必要となるということなのでしょう。