過剰摂取はダメ!?「ビタミン過剰症」

ビタミンは足らなくてもダメ!
摂り過ぎてもダメ!
適量摂取するようにしましょう!!!

view226

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ビタミン過剰症

  • ビタミン過剰症とは

     

    ビタミンの過剰摂取で注意するビタミンにはビタミンA
    ビタミンD、ビタミンKであるといわれています!
    一方でビタミンB群やビタミンCは
    尿中に排泄されるので、ほとんど心配ないと言われていますよ☆

  • 水溶性ビタミンは過剰に摂取したとしても尿として体外に排泄されますが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積されるので、過剰摂取による副作用が出てきます。
    出典 :ビタミンA過剰症 - goo ヘルスケア
  • 原因

  • 普通の食生活ではビタミン過剰症は起りませんが、偏った食事やビタミン剤の摂り過ぎなどが原因で起ります。ビタミンA過剰症では、「動物の肝臓を長期間大量に食べる、ビタミンA剤の摂りすぎ」が原因で、ビタミンDやビタミンKでは各製剤の大量服用が主な原因でビタミン欠乏症が引き起こされる可能性があります。
    出典 :ビタミン過剰症(症状/原因)
     

    偏りが原因なのですね

  • 症状

  • 1.ビタミンA過剰症…頭痛、嘔吐、筋肉痛、疲労、骨障害など。
    2.ビタミンD過剰症…倦怠感、多尿、嘔吐、便秘、脱水、腎障害など。
    3.ビタミンK過剰症…呼吸困難、皮膚水疱など
    出典 :ビタミン過剰症(症状/原因)
     

    摂り過ぎでこんなに症状が出るのですね

  • 急性中毒としては、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)や頭痛といった脳圧亢進(のうあつこうしん)症状のほかに、皮膚の剥離(はくり)や顔面の紅潮が生じます。慢性中毒としては、体重の減少、食欲不振、四肢の疼痛(とうつう)性腫脹(しゅちょう)、頭蓋骨の変形、微熱、脱毛、甲状腺機能低下
    出典 :ビタミンA過剰症 - goo ヘルスケア
  • 症状

     

    ビタミンAを取り過ぎると、頭痛や顔面紅潮
    皮膚が乾燥してむける、筋肉痛、食欲不振などの
    症状が現われてくるそうです!
    ビタミンDを取り過ぎると、骨からカルシウムが分離し
    骨がもろくなっ たり、食欲不振、吐き気、頭痛
    皮膚のかゆみなどが現われるから注意☆

  • ビタミンAの過剰症症状

  • 食欲不振,皮膚落屑,脱毛,皮膚乾燥,骨・関節痛,肝脾腫,皮膚色素沈着,胎児奇形,脳圧亢進. 急性中毒:仮性脳腫瘍:髄液圧の異常をきたし、嘔気,嘔吐,頭痛,泉門開大等慢性中毒:易刺激性,骨痛,手掌・踵の落屑等
    出典 :ビタミン過剰症 医学・健康情報サイト J-Medical
  • ビタミンD過剰症の症状

  • 筋緊張低下,嘔気,食欲不振,易刺激性,腹痛,脱水,便秘,下痢,多飲 ・多尿等。かゆみ,腎石灰化症,異所性石灰化,腎不全,尿路結石.高血圧症の悪化
    出典 :ビタミン過剰症 医学・健康情報サイト J-Medical
  • 対策

  • 通常の食生活のなかではビタミン過剰症を心配する必要はないが、ビタ ミン剤、サプリメントなどで多量に摂取するときは注意が必要である。
    出典 :ビタミン過剰症 医学・健康情報サイト J-Medical