色んなパターンの排卵日の下腹部痛

排卵日の下腹部痛はチクチクしますか。張った感じですか?人によって痛み方、痛む場所や時期はさまざまです。自分の痛みの傾向を考えてみませんか。

view4533

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵日の下腹部痛、痛む箇所は個人差があります。

  •  

    排卵痛にわずかな出血を伴うこともあります。

  • 排卵日に排卵をしているほうの卵巣側のおなかが痛む
    出典 :排卵日 症状 腹痛
  • 痛みというほどでもないけれど、なんとなくお腹にちくちくしたような違和感を感じている
    出典 :排卵日 症状 腹痛
  • 人によってはどちらも腹痛で痛む
    出典 :排卵日 症状 腹痛
  • 排卵日の下腹部痛の種類は、チクチクした痛み、筋肉痛のようひ張った感じやそれをひどくした激痛など人によってさまざまです。

  • 下腹部痛部だけじゃない!?腰痛など他の箇所が痛むこともあります。

  •  

    排卵日の下腹部痛ではなく、排卵日の腰痛もあります。

  • 下腹部でなく、腰の痛みを訴える方もいます。
    そのため、排卵痛なのか、単なる腰痛なのか、区別がつかない場合もあります。
    出典 :排卵痛の症状|排卵日Q&A
     

    腰痛は、主に骨盤のずれからくる痛みなので、排卵日あたりでない時も痛みます。

  • 排卵時に肛門が痛いという人もいます。 肛門痛と呼ばれます。 肛門痛は、卵胞が破れた時の血液がダグラス窩に貯留するために起こるとも言われます。
    出典 :排卵後、下腹部や肛門が痛むのはなぜ?黄体形成と下腹部痛・肛門痛。 | 赤ちゃんが欲しい方への妊娠応援サイト
     

    ダグラス窩は、子宮・膣と直腸の間のことで女性特有の隙間です。

  • 排卵痛は、主に「卵胞と呼ばれる卵子を包んでいる袋が破れることにより生じる痛み」と、
    「卵巣の表面が破れて痛みを生じる」2つのタイプがあります。
    出典 :排卵痛の症状|排卵日Q&A
     

    また、排卵期に減少するエストロゲンによっても痛むことがあります。

  • 排卵痛はいつなの?

  • 排卵日の頃です。
    痛みは数十分でおさまる人もいれば数日続く人もいます。

  • 排卵前から下腹部が張っていて痛みがある場合は、卵子を包む卵胞が発達して大きくなり、圧迫されることで痛みが生じます。丁度よい大きさで割れてくれれば痛みを生じないのでしょうが、そうもいかないようです。
    出典 :排卵後、何日も排卵痛の痛みが続く方はこちら
  • 排卵した瞬間に痛みが出るのは、まさしく卵胞が破れた時の痛みであると考えられます。
    出典 :排卵後、何日も排卵痛の痛みが続く方はこちら
  • 排卵後に痛みが出る場合は卵胞が割れた時の出血など原因であると考えられています。
    出典 :排卵後、何日も排卵痛の痛みが続く方はこちら
     

    排卵前、排卵時、排卵後によって痛む理由が違いますね。

  • 毎月かならず痛むわけでもなさそうです。

  • 毎月痛くなる人もいれば数ヶ月に一度だけ痛む人、数年に一度だけ痛む人
    出典 :排卵痛の痛みの場所は?
     

    個人差が大きいですね。

  • あれ?なんだかいつもと違うような…
    そんな時は、排卵痛ではないのかも。

  • 排卵痛が長く続いたり、不定期に痛みが生じる場合には、
    子宮や卵巣の異常、クラミジア感染症による卵管障害などを生じている可能性があります。
    出典 :排卵痛の症状|排卵日Q&A
     

    あまりの痛みで眠れないといった睡眠障害を招くこともあります。
    そんな場合は鎮痛剤に頼ることも必要かもしれません。

    気になることがあれば、産婦人科でみてもらうことをおすすめします。