危ない?「脊髄損傷で排尿障害」が起きるのです!

脊髄障害で排尿障害が起きてしまうそうなのです。神経伝達が原因!?

view166

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 神経疾患による排尿障害とは

  • 大脳、脊髄、末梢神経のいずれの部位に病変があっても膀胱のはたらきは障害されます。これを「神経因性膀胱」と呼び、蓄尿が障害されると、頻尿(尿が近い)、尿失禁(尿が漏れる)、排尿が障害されると、排尿困難、尿閉(膀胱に溜まった尿が出せない)などの症状が出現します。
    出典 :脊髄損傷と排尿障害
  • 脊髄損傷と排尿障害の関連性は

  • 膀胱のはたらきを調節する神経は、仙髄から大脳までの長い経路をたどるので、脊髄損傷では損傷部位の高さにかかわらず排尿障害を伴います。受傷後急性期には膀胱は弛緩し、完全損傷の場合を除き尿道括約筋の緊張があるため、尿閉となります
    出典 :脊髄損傷と排尿障害
  • 正常に機能している神経が・・・

  • 脊髄のレベルで損傷されますと(波線の部分)、膀胱尿道からの知覚信号が脳に伝わりません。また脳からの指令も膀胱排尿筋や尿道括約筋に伝わりません。したがって膀胱は正常な蓄尿や排尿ができなくなってしまいます。
    出典 :ドクターコラム » 脊髄損傷と排尿障害
  • 蓄尿機能が障害されますと尿失禁(尿が漏れる)が見られます。また排尿機能が障害されますと膀胱内に尿が過度に溜り、その上に位置する腎臓から尿が下降しにくくなり、腎臓が腫れて機能が低下します。
    出典 :ドクターコラム » 脊髄損傷と排尿障害
  • さらに、尿の流れがスムーズでなければ、菌が繁殖し熱を出すようになります。いわゆる尿路感染症(腎盂腎炎)が反復することになります。このようになりますと結果的に腎不全(尿毒症)に繋がる可能性があります。
    出典 :ドクターコラム » 脊髄損傷と排尿障害
     

    このようなものになるのです。

  • 排尿障害だけではなく

     

    排便障害にもつながるのが脊髄損傷なのです。そのあたりの部分に影響が及ぶと排便のシステムもうまくいかなくなってしまうのです。尿意や便意を感じなくなってしまってはコントロールすらできなくなるのです。

  • 重症でなくても

  • 重度の障害でなくても、排尿排便障害は生じます。受傷直後は膀胱が弛緩し、括約筋が緊張して尿が出なくなります。1~3か月経つと、損傷した部位より下の神経機能が回復を始め、排尿反射が出てきます。
    出典 :排尿排便障害 脊髄損傷の豆知識
  • 排便については、受傷直後は括約筋の働きが弱くなり、便は硬くなり、便秘になります。損傷部位が下位の場合、直腸や括約筋が緩むため、便失禁となりやすいようです。
    出典 :排尿排便障害 脊髄損傷の豆知識
  • 2種類ある

  • 頚髄、胸髄損傷:膀胱排尿筋の緊張が強くなり、無意識に膀胱が収縮して尿が出る(無抑制性収縮)。膀胱は小さく萎縮する。排尿時、括約筋はゆるみにくい。何かの刺激で反射的な排尿がおこる- 自動膀胱
    出典 :脊髄損傷と排尿障害
  • 腰髄以下の損傷:膀胱排尿筋の緊張が低下し、尿を押し出すのに十分な力がない。膀胱は大きくなり、括約筋はゆるむ。腹部に圧力がかかると尿がもれやすい- 自律膀胱
    出典 :脊髄損傷と排尿障害
     

    このように二種類に大別される事になるのです。

  • 尿は

     

    蓄尿量が少ないうちは、膀胱排尿筋の収縮を抑制しつつ、膀胱の出口を閉じるように命令が伝わりますので、特に意識しなくても尿は漏れることなく溜められるわけです。しかしこれが上手くいかなくなるのはこまりますよね。気をつけましょう。