【衝撃】乳がんと誤診断で乳房切除【そんなのアリ?】

女性にとって、乳がんはとても恐ろしい病気です。転移するからと泣く泣く乳房切除に至るケースもたくさんあります。でも、それが誤診断だったとしたら? ありえてはいけないミスが起きてしまいました。

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳がんの誤診断で乳房を切除・・・

  • 兵庫県高砂市の高砂市民病院は17日までに、兵庫県の女性の病理検査で採取した検体を、別の乳がん患者の検体と取り違えたと明らかにした。女性の乳房には良性腫瘍しかなかったが、がんと誤診され、別の病院で不要な手術を受け乳房の一部を切除していた。乳がん患者には「良性腫瘍」と連絡していたという。
    出典 :兵庫の病院、乳がん検体取り違え 不要手術で乳房切除  :日本経済新聞
     

    当然のことながら、決してあってはならない事件です。

  • 病院によると、3月に2人から乳がん検診の申し込みがあり、4月の同じ日にそれぞれ検体を採取。病理検査していた。

     手術した病院が切除した腫瘍からがん細胞が見つからなかったことに気付き、取り違えが発覚した。
    出典 :兵庫の病院、乳がん検体取り違え 不要手術で乳房切除  :日本経済新聞
     

    こんなことってあるとは思いませんよね。でも、現実に切除しなくて良い乳房を奪われた女性がいるのです。

  • 女性にとって、乳がんはつらい病気

  • 検査結果は想定外だったと切り出され「悪性ですね。しこりは2センチの早期(ステージⅠ)ですが全摘をお薦めします」と突然の乳がん宣告。全身が凍りついたようになり、先生の言葉も耳に入らなくなり、診察室を出てお会計を済ませた頃から突如、涙がわーっとこみ上げてきました。
    モデルの仕事は続けられるの? モデルをやめることになったら、この先どうしよう。私は死んでしまうの? 頭の中はどうしよう?どうしよう?のオンパレードです。今思えば一番辛かった瞬間だと思います。
    出典 :スペシャル インタビュー vol.5 MAIKOさん:エスティ ローダー株式会社 ピンクリボンキャンペーン
     

    がんは進行がはやいので、より確実に治療するためには乳房の切除が必要になります。モデルという仕事をしているMAIKOさんは、シングルマザーとして家計を支えている最中の発覚だったため、相当ショックだったことでしょう。

  • 彼女の場合、かろうじて乳房を残したまま治療に進むことができました。でも、それは誰でもできることではありません。

  • またま受けた自治体の検診で右胸に乳がんが見つかり最新の全摘出同時再建手術を受けた、元アナウンサーでお笑い芸人の小林アナ
    出典 :治療法、費用…山田邦子、小林アナが語る乳がん治療(健康) - 女性自身[光文社女性週刊誌]
     

    芸能人でも、若くても乳がんになる人はいます。今や、4人に一人はがんを患う時代なのです。

  • 自分には関係ない!と思わないで

  • 無症状のうちに乳がん検診を受診した人では、
    乳がんが早期に発見される可能性が高く、
    その段階で適切な治療をすれば、良好な経過が期待できます。
    出典 :検診の意義と目的 | 日本対がん協会
     

    乳がんの健診、毎年欠かさず行っていますか?

  • 乳がんは、あらゆるがんの中でも比較的自分で初期症状に気づきやすいがんです。ステージが進んでから気がつくと、全摘以外の方法を選べない場合もあります。がんの治療はつらいもの。今回の事件は病院側の手違いというありえない事態でしたが、それでも検査は大事です。

  • 乳房を切除しても、再建する方法がある

  • 乳房再建には基本的に3つの方法があります。
    1.人工乳房を使用する。
    2.身体の他の部分から胸部へ皮膚と脂肪、筋肉の一部を移植する。
    3.1と2の併用。
    出典 :乳房再建術
     

    乳房の再建手術、というものがあります。担当する医師の腕によるところも大きいですが、万が一の時に乳房を再建できる、というだけでも大きな心の支えになります。

  • 取り違えが起きる可能性はゼロではないのだから、と病院に行きたくなくなっている方もいると思います。自分には関係ないことだと思っている方も。それでも病院に行って検査を受けないと、乳がんの早期発見はできないのです。手術するという場合も、細かく説明を聞いておかしなところがないか気をつけるなど、慎重に慎重に対処していきましょう。