気軽に運動できる近年注目のグラウンドゴルフとは?

最近お年寄りを中心にグラウンドゴルフというスポーツが流行しています。ゲートボールとゴルフを足したようなスポーツでルールも簡単ですぐ覚えられて、お年寄りに限らず誰がやっても楽しいと思います!

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昭和57年に鳥取県東伯郡泊村生涯スポーツ活動推進事業の一環として、泊村教育委員会が中心になり考案されました。
    高度な技術を必要とせず、しかも全力を出す場面と、集中力や調整力を発揮する場面がうまく組み合わされており、ルールもごく簡単なことから、初心者でもすぐに取り組めます。
    出典 :グラウンド・ゴルフとは?
  • プレー方法とルール

  • 専用のクラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットを使用して、ゴルフのようにボールをクラブで打ち、ホールポストにホールインするまでの打数を数えます。
    場所によって距離やホールポストの数を自由に設定でき、ルールも簡単なため、どこでも、だれでも手軽に楽しむことができます。又、ホールインワンもあり、その場合、自分の各ホールの合計打数から3打をマイナスするという特典が設けられており、プレーヤーの励みと意欲を高める工夫がなされています。
    出典 :グラウンド・ゴルフとは?
  • こんな専用道具があります。

  • プレー時間の目安は?

  • 必要とするプレイ時間は、標準的なコースで8ホール30分強、グラウンドゴルフ交流大会では、35チーム200人で8ホール回るのに、2時間30分と記録されている。
    出典 :グラウンド・ゴルフ - Wikipedia
     

    8ホール30分強。さくっと出来るのも人気の秘密でしょう。

  • グラウンドゴルフの魅力とは!

  • どこでもプレー出来る
    規格化されたコースを必要としません。
    プレーヤーの目的、環境、技能、などに応じて、運動場、河川敷、公園、庭などどこでも、自由にコースを設定することができます。

    準備が簡単
    ゴルフのように穴を掘る必要がなく、ホールポストを立てるだけで準備は完了です。

    ルールが簡単
    他のスポーツに比べて、ルールがきわめて簡単で、一度プレーすれば覚えられます。

    時間の制限がない
    ゲームの時間が決まっていないので、時間に制約されることがなく、技能や仲間の数、あるいはコースの特性に応じて、プレーを楽しむことができます。
    出典 :グラウンド・ゴルフとは?
  • 何人でもプレー出来る
    グラウンド・ゴルフは1人でも、あるいは場所さえあれば一度に何百人もの人がプレーを楽しめます。
    ボールが空中を飛ぶことはないので、ホールポストの置き場所を工夫すれば、すべてのホールポストから同時にスタートしても、安全にプレーすることができます。

    審判はあなた自身
    ゲーム中の審判はプレーヤー自身が行います。判定が困難な場合には、同伴プレーヤーに同意を求めます。

    高度な技術がなくてもできる
    グラウンド・ゴルフの技術は他の競技スポーツを同じように、トレーニングによって向上し、競技性も高くなります。しかし、ゲームを楽しむためには必ずしも高度な技術を必要としません。
    出典 :グラウンド・ゴルフとは?
  • グラウンドゴルフの具体的なルールとエチケット!これを守ってみんなで気持ちよくプレーしましょう

  • 第1条 プレーヤーは、自分のプレーが終わったら、すみやかに次のプレーヤーの妨げにならない場所に行く。

    第2条 プレーヤーは、同伴のプレーヤーが打つときには、話したり、ボールやホールポストの近くやうしろに立たない。また、自分たちの前を行く組が終了するまで、ボールを打たない。

    第3条 プレーヤーは、自分の作った穴や足跡を直して行く。

    第4条 ゲーム
    ゲームは、所定のボールをきめられた打順にしたがってスタートマットから打ち始め、ホールポスト内に静止した状態「トマリ」までの打数を数えるものである。
    出典 :グラウンド・ゴルフのルール
  • 第5条 用 具
    クラブ、ボール、ホールポスト、スタートマットは定められたものを使用しなければならない。

    第6条 ゲーム中の打球練習
    プレーヤーは、ゲーム中いかなる打球練習も行ってはならない。本条の反則は1打付加する。

    第7条 援 助
    プレーヤーは、打つとき足場を板などで作ったり、人に支えてもらったりするなど、物的・人的な援助やアドバイス、あるいは風雨からの防護を求めたり、受けたりしてプレーしてはならない。本条の反則は1打付加する。
    出典 :グラウンド・ゴルフのルール
  • 第8条 ボールはあるがままの状態でプレー
    プレーヤーは、打ったボールが長い草や木のしげみなどの中に入ったとき、ボールの所在と自己のボールであることを確かめる限度においてのみ、これらのものにふれることができる。草を刈ったり、木の枝を折ったりしてプレーしてはならない。本条の反則は1打付加する。

    第9条 ボールの打ち方
    プレーヤーは、ボールを打つときはクラブのヘッドで正しく打ち、押し出したりかき寄せたりしない。本条の反則は1打付加する。ただし、から振りの場合は打数に数えない。
    出典 :グラウンド・ゴルフのルール
  • 第10条 紛失ボールとアウトボール
    プレーヤーは、打ったボールが紛失したり、コース外に出たときは1打付加し、ホールポストに近寄らないで、プレー可能な箇所にボールを置き、次の打を行わなければならない。

    第11条 プレーの妨げになるボール
    プレーヤーは、プレーの妨げになるボールを、一時的に取り除くことを要求することができる。取り除くのは、ボールの持ち主であり、その際ホールポストに対して、ボールの後方にマークをして取り除かなければならない。
    出典 :グラウンド・ゴルフのルール
  • 第12条 他のプレーヤーのボールに当たったとき
    プレーヤーは、打ったボールが他のプレーヤーのボールに当たったときは、そのままボールの止まった位置からプレーを続ける。当てられたプレーヤーはもとの位置にボールをもどさなければならない。

    第13条 止まったボールが風によって動いたとき
    プレーヤーは、打ったボールが動いている間は、ボールを打ってはならない。風によってボールが動いたときは、静止した場所からプレーをし、動いてホールポストに入った場合はトマリとする。
    出典 :グラウンド・ゴルフのルール
  • 第14条 第1打がホールポストに入ったとき
    プレーヤーは、打ったボールが1打目でトマリになったとき(ホールインワン)は、合計打数から1回につき3打差し引いて計算する。

    第15条 ゲーム中の判定
    ゲーム中の判定はプレーヤー自身が行う。ただし、判定が困難な場合は同伴プレーヤーの同意を求める。

    第16条 標準コース
    標準コースは、50m、30m、25m、15m 各2ホールの合計8ホールで構成する。
    出典 :グラウンド・ゴルフのルール
  • お年寄りだけじゃなくても子供や若い人がやっても十分楽しいスポーツです。気持ちよく爽やかにみんなでプレーしましょう!