赤ちゃんも鉄分不足に注意!

鉄分不足や貧血といえば、女性特有の悩みのように思っていませんか?実は赤ちゃんにも重大な問題なんです。

  • MUMMY 更新日:2014/05/14

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんになぜ鉄分が必要?

  • 貧血だと、風邪をひきやすかったり、疲れやすかったりするから食事でしっかり補うことも勧められました。
    出典 :母乳育児と鉄欠乏性貧血(鉄分不足)-赤ちゃんの部屋
     

    幼児の貧血にはそのような影響がある。

  • 貧血の状態が3ヶ月以上続くと、発育に支障をきたしたり、精神や運動能力の発達が遅れるといった報告がされています。
    また、最近では、幼児期に鉄が不足していると、学童期や思春期にも認知力の低下などの影響があるという研究も行われています。
    出典 :子育てマム ☆子育てに関するニュースや雑記☆ 鉄分不足は知能に影響が?(汗)
     

    発達に遅れが出るのはかなり問題です!

  • 鉄欠乏性貧血になると、脳を含め体全体に酸素を運ぶヘモグロビンが不足するので、運動すると息切れするとか、すぐに疲れやすくなったり、無気力になったり、きゃしゃな感じがしたり、いら立ちや集中力がなくなるなどの症状が起こります。
    出典 :エバラこどもクリニック│トピックス・活動紹介│鉄欠乏性貧血Q&A
  • 乳児期後期の鉄欠乏性貧血の症状には、わずかな刺激でも泣いてしまうような「易刺激性」と「注意力散漫」がよく見られます。貧血のない鉄欠乏状態でも、注意力持続時間の低下、周囲への無関心、認知能力の低下、言語学習能力や記銘力の低下、落ち着きがない、などが見られると言われています。
    出典 :乳幼児における鉄摂取の重要性について
  •  

    子供の様子に気を配りましょう!

  • 子供を貧血にさせないためには?

  • 妊娠8ヶ月以降、ママから赤ちゃんにたくさんの鉄が送られます。「貯蔵鉄」と言いますが、母乳ばかりでほとんど離乳食を食べなくても生後9ヶ月頃まではこの貯蔵鉄で赤ちゃんは十分まかなっていける仕組みになっています。

    なので、この時期の赤ちゃんに貧血の指摘があった場合は、ほとんどが妊娠中の鉄の移行に問題があったと考えられます。

    ちょっと早めに生まれた赤ちゃんや胎盤の機能がいまひとつだった場合にも十分な鉄の移行が行われずに貧血になることがあるのですね。

    貯蔵鉄がしっかりある子でも9ヶ月以降は母乳からもらう栄養分だけでは足りなくなってきておっぱい以外からも鉄分を補給しないとだんだん貧血になってしまうことがあるんです。
    出典 :母乳育児と鉄欠乏性貧血(鉄分不足)-赤ちゃんの部屋
     

    母体が妊娠8か月以降にも鉄をしっかり摂る必要がありますね。
    早産にならないようにも気を配りましょう。

  • 鉄欠乏性貧血と診断された場合は、鉄剤や食事療法で治療します。無理に食事療法のみで治そうとしても、もともと偏食気味な子にはなかなか効果 が出にくいので、そのときは小児科医で鉄剤をもらってください。鉄剤を飲み始めるとすぐに貧血は良くなっていきます。乳幼児の場合、ヘモグロビンが9~10g/dlぐらいの鉄欠乏性貧血なら、だいたい1か月で正常範囲の11g/dlぐらいになります。しかし、体に十分な鉄分を補うためには、さらに2か月間鉄剤を飲む必要があります。
    出典 :エバラこどもクリニック│トピックス・活動紹介│鉄欠乏性貧血Q&A
     

    医者と要相談ですね。
    3か月ぐらい継続する必要があるようですね。

  • 6か月より後の離乳食には、鉄やビタミンの豊富な食材を積極的に加えて下さい。
    出典 :子育てマム ☆子育てに関するニュースや雑記☆ 鉄分不足は知能に影響が?(汗)
     

    離乳食で積極的に補給させなくては。

  • こんな食材を摂ろう!

  • 鉄を多く含み、さらに腸からの吸収も良いレバー、牛肉、鶏肉、赤身の魚といった食品を積極的に食べること、また鉄の吸収を良くするビタミンCを多く含む果物をたくさん食べることが大切です。
    鉄を多く含むベビーフードや幼児向けのお菓子を利用するのも良いでしょう。
    出典 :子育てマム ☆子育てに関するニュースや雑記☆ 鉄分不足は知能に影響が?(汗)
  •  

    ベビーフードなど、いろいろ研究してみましょう。

  • 鉄剤を飲むだけでなく、鉄分やビタミンの豊富な食品を摂り続けるようにしましょう。
    出典 :エバラこどもクリニック│トピックス・活動紹介│鉄欠乏性貧血Q&A
     

    母子ともに鉄分は必要ですね。

  • 鉄を多く含む食材は 食材100gに対して
    ヒジキ       55mg
    きくらげ     35.2mg
    焼のり     11.4mg
    ごま        9.6mg
    大豆        9.4mg
    ホウレンソウ  2.0mg
    レバー(豚)  13.0mg
    〃(ニワトリ) 9.0mg
    〃(牛) 4.0mg
    アサリ       3.8mg
    ブリ        1.3mg
    牛肉(肩ロース) 1.2mg

    など、海藻、豆類、魚、肉類に含まれていますので、子どもの食事に注意しましょう。
    出典 :2/2 子どもの鉄欠乏性貧血の原因・治療法 [子供の病気] All About
  •  

    子供と自分のために、鉄分が多い料理を妊娠中から研究しておくのもよいかもしれません。

  • 鉄分は子供の成長に欠かせません。
    妊娠中からしっかり鉄分を補給しましょう。