疲労と睡眠の関係~一体どのような関係があるの?

疲れている時は眠りに落ちやすいと言いますけど、本当のところはどうなんでしょうか?

view89

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夜の22~2時は睡眠のゴールデンタイム。

    この時間帯に熟睡していると、痩せやすいし、美肌になるし、疲労もとれる
     

    睡眠とると疲労がとれるのはわかりますけど、反対の関係は成り立つのでしょうか?

  • どうして人は眠るのか、そのいちばんの理由は脳や体の疲れをとるため。その言葉通り、通常は、一晩ぐっすり眠れば疲れは軽減します。
    出典 :睡眠と疲労について|カラダStyle for WOMEN|朝時間.jp
     

    人は疲れを取るために寝ると言っても過言ではありません。

  •  

    疲れたら眠たくなるのは人間だけではありません。

  • 肉体的に疲れたら力が出なくなるのと同じで、脳も疲れるというものです。脳は疲れると眠くなる、そういうわけです。
    出典 :睡眠をする理由とは?
     

    日々の生活で脳にも負担がかかっているのです。

  •  

    脳だって休息を欲するのです。

  • 疲れを感じることは、活動を制限させて体を休めるように知らせる、いわばアラームのようなもの。そこでしっかりと栄養や睡眠をとることにより、体のダメージは修復され、元の元気な状態に戻ります。
    出典 :睡眠と疲労について|カラダStyle for WOMEN|朝時間.jp
     

    疲れを感じるということが警告であり、それに従うために眠たくなるというメカニズムになるのですかねえ。

  • 疲労感というのは、体の不調を知らせるたいせつな信号です。「体の働きが限界に近づいていますよ」あるいは「病気ですよ」と、シグナルを送っているのです。「休みなさい」「睡眠をとりなさい」という、体からの欲求でもあるのです。
    出典 :11月のコラム:疲労は「休養」と「睡眠」を求める体の信号
     

    シグナルを聞かないと身体の調子が本格的に悪くなっていきます。

  •  

    疲れたということは身体に無理がきているということです。

  • 動く→疲れる→自然に眠くなる→ぐっすり眠れる→翌日は疲れが解消→再び活動ができるといった具合に、体には本来、マイナスをチャラにしてバランスを保つ力が備わっているのです。
    出典 :睡眠と疲労について|カラダStyle for WOMEN|朝時間.jp
     

    このサイクルのおかげで疲れの蓄積を激減することができるのですね。

  •  

    サイクルを崩さないようにすると、身体の調子が良い状態をキープできます。

  • 自律神経のバランスが悪い状態が長く続くと、「寝つきが悪い」「すぐに目が覚めてしまう」といった睡眠障害や朝起きても疲れが取れていない。何ヶ月もずっと疲れが取れないという慢性疲労症候群を引き起こします。
    出典 :リカバリーウェアのベネクス | 自律神経と疲労・睡眠の関係
     

    眠れないから疲れが取れないという悪循環に陥ります。

  •  

    自律神経のバランスが崩れないようにしなければいけません。

  • ある程度症状が強くなると、頭痛や吐き気、そしてめまいといった症状が出てくるようになります。この段階になると、眼精疲労による急激な眠気というものにおそわれることがあるといわれています。
    出典 :眼精疲労は眠くなるの?
     

    眼精疲労でも眠気に襲われるようになるのですね。

  • この急激な眠気は一般的な睡眠時間が不足しているというわけではなく、眼精疲労ですから普通の状態でも眼の疲れがとれていない状態が続いていることもありカラダの防衛本能として急激な眠気が発生するといわれています。
    出典 :眼精疲労は眠くなるの?
     

    疲労の蓄積で休まないとヤバいと教えてくれている訳です。

  •  

    眼精疲労も疲労の一種ですから、眠気が出てきてしまうのですね。

  • つまり食べると眠くなるのは、もうエネルギーは十分なのに、お腹も空いていないのに時間が来たら食べる、そんなことをくりかえしているために、肝臓に必要以上に負担をかけているのです。
    出典 :食べると眠くなるのは、肝臓がもうすでに疲れているから
     

    満腹になると眠たくなるとも言いますけど、これを性格に言うと、肝臓が疲れたから眠たくなると言えるみたいです。

  •  

    満腹ということは肝臓にも負担がかかって疲労している状態と言えるのですね。