子どもも注意!中耳炎が原因の内耳炎で難聴になってしまうかも?

中耳炎などの病気から発症する内耳炎で難聴が引き起こされます。スガシカオや浜崎あゆみがなった突発性難聴とは違いますが、その回復は難しいようです。

view75

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 内耳炎とは?

  • 内耳炎は、主に中耳腔の炎症が、中耳と内耳を隔てている2つの窓(正円窓(せいえんそう)と卵円窓(らんえんそう))を通して内耳に及んだものです。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 内耳炎は、鼓膜よりも奥にある内耳に炎症が発生する耳の病気です。内耳は身体のバランスを司る三半規管と聴覚を司る蝸牛、三半規管と連動する前庭の三つの器官から構成されています。内耳炎はこの蝸牛と三半規管に強い影響をもたらす病気なのです。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 内耳炎

  • 内耳炎は、中耳炎や外耳炎よりも重い耳の病気であるといえます
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
     

    外側より、内側のほうがやっかいということですね。

  • 内耳炎の原因はなんでしょうか?

  • 中耳の炎症を起こす病気が原因になります。たとえば、急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)や慢性化膿性中耳炎(まんせいかのうせいちゅうじえん)、あるいは真珠腫性中耳炎がある時に内耳炎になりやすくなります。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    中耳炎は身近な病気ですよ。気を付けないといけませんね。

  • 子どもの場合は中耳炎にも注意が必要です。痛みを伴わない「滲出性中耳炎」という病気は子どもがかかりやすく、主な症状として難聴が現れます。通常の中耳炎とは異なり、痛みがないため発見が遅れ低い音が聞き取りづらいなどの後遺症が残ってしまうこともあるのです。
    出典 :子供の難聴 (小児難聴) の原因 | 難聴(聴覚障害)の正しい知識と治療方法
  • 中耳の炎症が内耳に波及する時は、急激に波及することもあれば、徐々に波及していくこともあります。また、髄膜炎になった時に炎症が内耳に波及することもあります。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 内耳炎の症状は?

  • 難聴や耳鳴りだけでなくめまいまでも引き起こす上に、「まっすぐに歩く」という当たり前のように出来ていたことが出来なくなってしまう
    出典 :【難聴】 - 耳の病気辞典
     

    歩くのも大変なんてこまります。

  • 内耳への炎症の及び方が急で、しかもその程度が強い場合には、激しい回転性のめまい、吐き気、嘔吐に加えてひどい難聴や耳鳴りが起こります。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 内耳への炎症の及び方が徐々に起こる場合には(慢性中耳炎に多い)、耳鳴りが起こったり、難聴が少しずつ進んだり、あるいは軽いめまいやふらふら感が起こるようになります。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 内耳炎で難聴になると厄介なこともあります。

  • 難聴によって低下した聴力は内耳炎が完治しても回復しないため、日常生活への影響は大きなものとなってしまいます。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 内耳炎では、耳鳴りに難聴とめまいをともなうこともあり、また、それぞれが単独で現れることもあります。めまいは一過性のもので回復しますが、難聴は回復する場合もあれば、徐々に進行して回復が望めない場合もあり、さまざまです。
    出典 :外耳炎・中耳炎・内耳炎 とは - コトバンク
  • 内耳炎によって引き起こされる難聴は中耳炎と違って、聴覚の感覚細胞が集まっている蝸牛が壊されることで起こる感音性難聴のため、完治後の問題となる場合があります。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 感音性難聴は内耳や神経系に原因を持つ難聴のことです。感音性難聴は小さな音が聞こえにくくなるだけでなく、聴き取った言葉が別の言葉として脳に伝達されることがあるため複数人での会話がし難くなるなどの症状が現れます。
    出典 :【難聴】 - 耳の病気辞典
     

    グループでの行動が難しくなるのかな。

  • まれに髄膜炎から内耳道経由で感染することがあり、この場合非常に高度な難聴になります。
    出典 :内耳炎 | 細田耳鼻科
  • 内耳炎の治療法

  • まずは内耳炎の原因となった炎症を治療しましょう。

  • 中耳炎や髄膜炎は、内耳炎に発展しないうちに治療してしまうことが重要なのです。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
     

    一歩手前で食い止めたいものです。

  • 内耳炎の治療は、発症の原因となっている細菌やウィルスに対する抗菌療法で行なわれます。原因に応じた抗生物質の投与や、症状を緩和するためのステロイド剤の投与を行って治療を行なっていきます。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 原因になっている中耳の炎症や髄膜炎と、それによって起きた内耳の炎症を治さなくてはなりません。急性の中耳の炎症や髄膜炎には抗生剤が使われますが、同時に内耳の機能低下にはビタミン剤や副腎皮質ステロイド薬などが併用されます。
     慢性中耳炎がある場合には抗生剤も使われますが、慢性感染の原因である中耳炎を手術的に治す必要が出てきます(鼓室(こしつ)形成術)。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 起きてしまった難聴に対しては、

  • これらの治療によって中耳の炎症が治っても、しばしば内耳の機能障害(主に難聴)が残ることがあります。
    出典 :内耳炎の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    障害が残るのはいやですね。

  • 障害が残るのはいやですね。

  • 難聴やめまいの対策としてビタミン剤や抗めまい薬を投与する場合もあります。
    出典 :【内耳炎】 - 耳の病気辞典
  • 内耳炎による耳鳴りや難聴には、脳への血流を改善することがたいせつ。そのためには、血液の循環をよくする作用のあるIPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)などの成分とレシチン、ギンコライドが有効です。
    出典 :外耳炎・中耳炎・内耳炎 とは - コトバンク
     

    IPAはイワシなど、DHAはマグロ、ブリ、などの魚類に多く含まれています。お魚をお食べましょう!