ノンストレス検査って知っていますか?

ノンストレス検査と言うものが有るそうです
しっかり知っておきましょう☆

view315

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ノンストレス検査

  • 分娩監査装置を用いて、陣痛のないときにお腹の赤ちゃんの心拍数をみる検査のことを「ノンストレス検査」といいます。お産のストレスに耐えてきちんと生まれてこられるかどうかを調べるものです。「ノンストレステスト」、または頭文字をとって「NST」ともいいます
    出典 :ノンストレス検査 [チビタスキーワード] All About
  • 。検査方法は、赤ちゃんの心拍の変動パターンを見ながら状態をチェックし、お産に耐えうる力があるかどうかを予測診断していきます。胎児の発育が気になる場合、予定日を超過した赤ちゃんをみる場合などに検査しますが、妊娠後期に必ず行う病院も増えています
    出典 :ノンストレス検査 [チビタスキーワード] All About
     

    NSTと呼ぶのですね!

  • 検査方法

  • セミファーラー位(そむけにねて30~45度おこした状態)または横向きになりお腹に2種類の電極(お腹が張ったかをみるものと、赤ちゃんの心音をとるもの・・双子ちゃんは併せて3個)をつけて40分様子をみます。
    出典 :NST�i�m���X�g���X�e�X�g�j���ĉ��H
  • 検査自体は痛みは伴いません。 以前は、お産のときに装着した場合は、コードがあるため行動範囲が狭かったのですが、最近はコードレスが出てきたので装着しながら動き回ることができるようになりました。 ただし、10ヶ月前の検査では、落ち着いた状況で行う必要があるためセミファーラー位や横向きで行います。
    出典 :NST�i�m���X�g���X�e�X�g�j���ĉ��H
  • 結果は5つに変わる

  • (1) 反応性NST(リアクティブNST) 胎児は酸素を胎盤を通してお母さんからもらっています。空気中と違って、血中の薄い酸素をいただくために、胎児の血液は赤血球などを増やして酸素の搬送能力を上げます。それでも間に合わないため、心臓の拍動数を増やして対応しており、胎児の心臓の拍動数は110から150と多いのです。
    出典 :NST
     

    これが胎児からの第一のサインと言われています

  • (2) 否反応性NST(ノンリアクティブNST)基準心拍数は110~150と条件を満たしているのですが、基線変動が5回/分以下で胎児心拍の増幅アクセレレーションが15回/分以下、しかもその長さが15秒以下、さらに胎動が10分間に2回以下のものを否反応性NSTと言います。
    出典 :NST
  • 正弦波様NSTというものもある

     

    否反応性NSTよりももっと胎児に元気がないか
    未熟性が強いかを示しています
    成熟児でこれが出た場合は常位早期胎盤剥離などで
    赤ちゃんにとって大変危険な状態です!!
    一刻も早くおなかの中から出してあげなければ
    ならない危険信号なのですよ☆

  • (4) 遷延性除脈
    それまで反応性NSTであったものが突然心拍数100回/分以下に下がり、しかもこれが90秒以上続くことがあります。これを遷延性除脈と言います。
    出典 :NST
  • 体験した人の声

  • 赤ちゃんの心拍数が高いんですね。NSTは限られた時期で限られた時間で取るので1回だけではなんとも判断できません。ですが、その1回でも危険が判断できることもあります。
    出典 :NST(ノンストレステスト)をしましたが・・・ - 妊娠 - 教えて!goo
  • 体験談を見ても

     

    ・・・といっても心配だと思います
    赤ちゃんが良く動いているかについては
    出産まで注意してみてください
    今日はほとんど動いていないかなぁ
    ということがあればすぐに病院にいってくださいね!

  • ノンストレステストを受けても、心配性にだけはならないようにしてくださいね