更年期障害で不眠になった!その解決法

更年期で不眠になったり、「うつ」になったり、女性特有の病気に悩まされる人も多いのではないでしょうか?仕事を持っていると、翌日辛いですし、眠れないせいで、ますますイライラがつのったりします。良い解決法はないのでしょうか?更年期障害と不眠の関係を調べました。

view128

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 更年期とは40代から50代の閉経前後のことをいいます。更年期障害とは、閉経前後に、女性ホルモンが減少することによって起こる障害のことです。この更年期障害は人によって、とても重い症状が出ることがあります。

  • 更年期障害の症状

  • ・めまい、耳鳴り
    ・動悸息切れ
    ・多汗、のぼせ
    ・イライラ
    ・食欲減退
    ・体重増加
    ・便秘、下痢
    そして
    ・不眠、睡眠障害
    などがあります。
    1つや2つ当てはまったからと言ってすぐに「更年期」だとは限りません。
    正確な検査は、産婦人科などで血液採取し、女性ホルモンの量を調べればわかります。

  • 更年期から起るめまいや耳鳴りと思っていたら、メニエール病だったりすることもありますし、他にも間違われやすい病気は高血圧、糖尿病、甲状腺機能障害、子宮がん、子宮筋腫などがあげられます。
    出典 :更年期障害と更年期の症状・治療・更年期チェック
  • なぜ、更年期で不眠になるのか?

  • 眠りの満足度は思春期以降、男女ともに緩やかに減少していきます。
    50代を過ぎると、不眠に悩まされる女性が増えてきます。

  • 更年期障害は一般的に40代以上から現れてきますが、ホルモンバランスの減少が原因となり自律神経が乱れることによって不眠症に繋がったりします。
    出典 :更年期障害-女性と不眠症の深い繋がり
  • 若い頃は思う存分寝られたのに、眠れないと思っているのは、実は、体が必要としていないからかもしれません。更年期障害になりやすいのは、真面目なタイプの人だとの報告もあります。「人間は8時間眠らなければいけない!」と思い込んでいると、眠れない自分にイライラしてストレスが溜まり、ますます眠れなくなってしまうのです。

  • 月経周期に合わせて分泌されていた女性ホルモンは、ちょっとした不眠ならさほど苦にならないように、心身の抵抗性を高めています。それが、閉経によってホルモンが激減したため、リバウンドを起こして、一気に不眠に対する不満が爆発する、という仮説です。
    出典 :2/3 更年期ストレスで不眠…効果的な対処法は? [不眠・睡眠障害] All About
     

    睡眠ポリグラフなどで客観的に調べると更年期の女性は良く眠れているそうです。なのに、なぜ睡眠への不満が出るのか?への仮説です。

  • 更年期障害の女性は、多くが不眠症の症状を訴えます。イライラや不安などの精神的なものが睡眠を邪魔する場合もあれば、体のほてりや頭痛、むくみなどの身体的なものが睡眠を妨げることもあります。
    出典 :更年期障害を改善して、安眠する方法 | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 更年期障害による不眠の対処法

  • 日本の女性の中で更年期障害の症状に対して医学的な対処が必要になるほど重いものはだいたい全体の25%程度と言われています。したがって症状が出ているとしても、多くの場合にはそれほど重症なものでは無いということをまず理解しておきましょう。
    出典 :不眠で疲れも極限!更年期障害と睡眠障害の関係 | 更年期障害の悩みを解決!症状チェックと対策方法【健康プランナー】
  • 不眠で大事な事は睡眠時間の長さではありません。睡眠には個人差があり、10時間でも寝たり無い方や、3時間でも充分という方もいます。日中に支障がないのなら、短時間しか眠れなくても悩む必要はありません。
    出典 :辛い更年期、5人に1人が悩んでいる不眠を治す効果的な方法 | iGotit
  • 対処法としては、
    ・起床就寝時間を決め、規則正しい生活を心がける
    ・日中、太陽の光を浴びる(ウォーキングやお散歩で気分転換にもなります。)
    ・適度な運動(1日中TVを見てゴロゴロしていては体が疲れません)

  • 不眠の一番の原因は心の不調、ストレスにあると言われています。心配事があると夜も眠れない経験は、大人なら1度や2度は誰でもあるでしょう。不眠を助長してしまう習慣に、「寝酒」があります。
    出典 :辛い更年期、5人に1人が悩んでいる不眠を治す効果的な方法 | iGotit
     

    一見、寝つきが良くなるように思われますが、実は浅い眠りで、質が良くありません。ますます体に負担がかかってしまいます。

  • 市販薬やホルモン充填治療

  • もう少し症状の重い人は、市販のサプリメントや漢方薬を用いてみてはいかがでしょう?不眠以外の不快な症状にも効くので、精神的にも安定します。また、「薬を飲む」の行動自体が自分を安心させる要因にもなります。
    ほかにも、減少したエストロゲン(女性ホルモン)を充填するホルモン充填療法もあります。副作用の心配もありますが、医師と相談し経過を観察しながら治療すれば安心です。
    不眠の度合いによって自分に合う方法を探してください。